いきのび協会ブログ

機能改善を学ぶ!ボディキネシス®インストラクター養成コース

2017年10月2日

皆さん、こんにちは!(^^)!
今日のブログは長野支部の林部が担当します。

秋分の日が過ぎ、本格的に秋を感じる季節となりましたね。
皆さん、いかがお過ごしですか?
こちらはキノコやぶどう、シャインマスカットが美味しい時期となりました。
まさに“実りの秋♪”山々の大地に恵まれていること、ありがたや♪ありがたや♪

大空にコスモスの花びらが舞う長野県。
2017年9月23日(土)~24日(日)かけて『第5期ボディキネシス®(機能改善体操)インストラクター養成コース』を開催致しました。

【2日間で学べるボディキネシス®(機能改善体操)インストラクター養成コース】
からだの本質を学ぶ機能改善の考え方(人体の機能・加齢に伴う基礎理論)、機能改善体操の基本の考え方を学び、腰痛改善/膝・股関節痛改善/肩凝り改善のための体操の意味、理解を習得します。そして、様々な運動現場で提供する、実践的な機能改善体操の指導方法を学ぶ内容に特化しています。

【腰痛改善/膝痛・股関節痛改善/肩凝り改善のための体操を理解し、からだの本質から意図とする体操の意味と段階的指導方法を学ぶ】
生活習慣の中で起こる不調や不快症状とは?からだの本質/加齢に伴う基礎理論より、機能改善体操の理解を深め、活用するための段階的指導方法を手に入れます。

機能改善体操は、スポーツ愛好者から高齢者の方まで、また女性・男性と対象者に応じた内容で提供することができ、グループレッスン、パーソナルセッションと様々な環境の中で実施できます。また、お客様との会話の中で、すぐにその場で対応できるのが機能改善体操の良さです。

たった30分で腰痛改善体操/膝・股関節痛改善体操/肩凝り改善体操ができるモデルレッスンを体験することや、機能改善体操入門セミナー3軽エクササイズ®よりボリュームが多くある機能改善体操の意味や理解を深めます。養成コースは、単に機能改善体操を提供することだけにとどまらず、指導者と相手(クライアント)が共有し合い、寄り添い、お互いの繋がりや信頼関係を築き上げていくこと、【相手と私=一対一の関係であること】を触れながら、『何のためにするのか?』『どのようにするのか?』を導く人で在る指導【健康教育】に触れてじっくりと習得します。

2日間を通して、受講者の方々が抱えている腰痛や膝の痛み、局所的な股関節の痛みが緩和されていくことを自ら体験=体感され、「筋肉痛・・・(笑)」という笑い声も♪
質問も多く飛び交う、とても和やかな雰囲気でした♪

機能改善体操は【自分で動くこと】、【動くことによって身体の機能が調うこと】
機能改善の本質と機能改善体操の深さを共に共有した2日間の学びでした。
が、ここで終わらない取り組みをしていきます。
お勉強会を実施していきますね♪

私達は、受講者の方の懸命な取り組みや質問にお応えすること、そして身体に触れ合い、自分で動く大切さや大事さを理解し合い、運動指導者のためにある学び【健康教育】を深め今後も取り組んで参ります。
2日間、皆さんとの出逢いがあるからこそ学びがあります。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

長野支部 林部 美代子