Information

会長 尾陰 由美子より新年度のご挨拶

2018年4月2日

例年より早い桜の開花とともに

おかげさまをもちまして、2018年度NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会は、設立13年を無事に迎え、いよいよ14年目に突入致します。
2020年の東京オリンピックの時には15周年を迎え、2025年には加速する超高齢社会の問題に向けても自立した健康づくりが求められます。ますます当協会が掲げる運動を通しての『自立と自律』のミッションは、多くの方々から求められ、支持されることになるかと思います。

すでに、ここ数年当協会へのお問い合わせやお仕事のご依頼も増え、協会登録員の皆様へのご紹介も積極的に行なっています。特に、企業、介護、医療、教育などの現場において機能改善を目的とした運動指導や体づくりの体操指導のご要望が増えております。現状は、それに応えるべく指導者が不足していることから、多くのご依頼者様から当協会への期待が大きくなっていると感じております。

すでに登録員も1000名を超え、皆様方の日々の活動も含め、地道に「機能改善」をテーマにコツコツと活動をしてきたことが評価をいただいているようですが、今後は、より指導者の育成を加速させる必要が生じています。私たちは、社会に貢献できるたくましい人材育成と協会運営を目指したいと思います。

そのためにも、私たちのミッションは揺るぐことなく、協会スタッフ、講師一同ひたむきに活動を推進していく所存です。

 

さて、協会活動が広がる中で協会のシステムの見直しや講習会の内容をよりブラッシュアップし、多くの方々に学びやすい環境を整えようと昨年から取り組んで参りました。詳細は、協会システムのページ、および各講習会のページをご覧いただきたいと思いますが、協会登録費用が10,000円(消費税無し)に改定、各講習会の認定料も5,400円(税込)に統一されました。

また、ボディキネシス®︎インストラクター養成コースの内容や時間数などもより現場指導につながるように充実度をあげております。さらに、今年度は、ボディキネシス®︎、アクアキネシス®︎に続く、新しいコンテンツの展開も加速しそうです。皆様には、もうまもなくご案内できるかと思います。

 

さらに、2018年度の協会活動は関西圏にとどまらず、東京を中心に関東圏、北陸中部地区、九州・中国・四国地区へと広がりをみせています。情報が繋がりやすいからこそ、私たちはネットワークを活用し、コミュニティを築きながら日本のあらゆる地域で「機能改善」の考え方が当たり前になることを目指したいと思います。

 

今後も、皆様の活動を積極的にサポートしていきます。また当協会のご支援ご鞭撻を引き続きご協力いただけましたら幸いです。

 

会長 尾陰 由美子