健康保険組合連合会大阪連合会・保健師連合協議会主催セミナー活動レポート

健康保険組合連合会大阪連合会・保健師連合協議会主催セミナー活動レポート

2017年11月10日

来たる、2017年11月9日(木)、健康保険組合連合会大阪連合会・保健師連合協議会主催

『実践に役立つ運動指導のノウハウ』というテーマで、90分間のセミナーを担当させて頂きました。

3カ月くらい前から、事前打ち合わせを積み重ねてきたセミナーです。

女性の保健師43名の方々が参加。
まずは、シナプソロジー®からスタート。
笑いあり!で、最初から大盛り上がり!

 

運動習慣がない方に、身体を動かす(運動する)きっかけづくりの秘訣
『どのように』身体を動かせば心地よい運動になるのか?

をレクチャーと実技のコラボで行いました。

・シナプソロジー
・機能改善体操
・機能改善ヨガ

最初に比べて、肩周りが動かしやすくなった!
こんな短い時間の体操で、身体が軽く感じるなんて!
すごーく楽に歩ける!

という声が会場内から聴こえてきました。

 

そして、〝相手との関わり方をどのようにするか?=〝コミュニケーションのとり方〝
これについても実技を交えて体感して頂きました。

お互いに自己紹介を行い、一緒に声を掛け合い、リズムを合わせて身体を動かす。
達成した時の喜びを共有する。
とても大事なことであると思います。

橘が担当した機能改善ヨガも、ヨガを体験するのが初めての方が半数くらいおられ非常に興味深く受けられていました。

 

講座の最終は、一番印象に残っているエクササイズを伝え合う練習を実施。
相手に伝えようと、資料を見ながら言葉を選んで説明されている姿が印象的でした。

セミナー終了後の質問も数多く頂きました。

〝変形性膝関節症になられた方で、医者から運動許可が出たのですが、どんな運動をしてもらったらいいですか?〝

〝15分間くらいで、簡単な腰痛予防体操を提供する場合、どのような体操がありますか?〝

など、保健師の方々も現場でいろんな質問を受けているのだと。
今日のセミナーが皆さんにとって役立ちますように。

最近、企業様から、腰痛、膝痛、肩こり予防を目的としたセミナーのご依頼を
たくさん頂いております。

頂いたご要望にできる限り、対応をさせて頂きます。
『我が社も是非、お願いしたい。』と検討をされている企業様、まずはご連絡を頂けますと、状況を聞かせて頂きます。
まずは、お気軽にご連絡を。おまちしています。

レポート:梅本 道代

【大阪】機能改善ヨガスキルアップセミナー~ティーチング・プログラミングスキル~ 2017年10月29日(日)

2017年11月1日

2017年10月29日(日)は、機能改善ヨガ養成コースを卒業された方を対象としたスキルアップ研修を開催しました。
今回の担当は、橘・川瀬・井藤→いきのび協会・ヨガチームの講師です。
参加された皆さんは、機能改善ヨガ養成コースを修了されておられ、すでにヨガや機能改善ヨガを指導されている方や来年から指導しようと準備している方。

 
それぞれに、フィールドや参加されるお客様のターゲットも違うので、それによってプログラミングの内容が異なります。
腰痛予防や内臓にアプローチするとか、スタイルアップや転倒予防・姿勢改善・風邪予防のためのヨガなど「目的別」に考えてプログラミング作成の考え方を習得し実際に作成をしていきます。

 

参加された皆さんは、それぞれご自身の指導時の持ち味や良さを確認されます。
そして出来ている部分を実感したうえで、課題や、次のステップへのチャレンジ内容を受け取るのです。
そうすることで、それぞれ皆さんが現場に戻っての指導がよりいきいきと楽しみながら、多くのエッセンスで指導方法が様々に多様化すると思います。
よって、お客様に沢山還元することが出来ます。


みなさんがそれぞれに、習得されたこと、気づかなかったことなど口々に溢れてきて自分の中でのプロミスをされていたようでした。
なので帰る時の皆さんは、笑顔でとっても素敵な表情だったのです。

機能改善ヨガの養成は、以前の6日間コースから、細分化されて、現在2日間のベーシックコース。
そして、のちにそれぞれ1日ずつのスキルアップコースの習得になっています。

機能改善ヨガのティーチング方法や、プログラム作成方法の考え方を習得することができるので、改めてよりしっかり機能改善ヨガの認識が深まり良さやベネフィットを理解することができます。

来月に開催のスキルアップセミナーは、『 フローヨガ 』。
立位で沢山動く事が出来ます。
若い方が対象になる場合や、普通のヨガクラスでも立位のヨガの習得が出来ます。
機能改善体操を差し込むだけでどれだけヨガが動きやすくなるのかを実感することが出来るチャンスです。
このセミナーでは、スキルアップセミナーですが、どなたでもご参加して頂く事が出来るのです。

レポート:井藤 久美子

次回のスキルアップセミナーのご案内

◆2017年11月26日(日)
機能改善ヨガ スキルアップセミナー10:00~17:00 (お昼休憩1時間含む)

立位のポーズを連続して行うヨガを習得しましょう!呼吸に合わせ、リズミカルにポーズを行うことで、集中力向上・リフレッシュ効果を得ることができます。機能改善体操を取り入れての「機能改善ヨガのフローヨガ」は、アクティブシニアの方にもオススメです!

会場

[大阪] からだの学舎Re-fit   
アクセス方法⇒http://karadanomanabiya.com/access/
〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町5丁764-2 中百舌鳥ビル2階      
TEL:072-260-4085

受講料(税込)

非登録員:27,270円
登録員(初回):24,552円
登録員(再受講) : 13,608円

持参物

動きやすい服装、スポーツタオル、筆記用具、スモールボール、機能改善ヨガテキスト

詳細

機能改善ヨガスキルアップセミナー『フローヨガ』

お申込み

セミナー・イベントの参加お申込みは、以下のメール送信フォームからお願い致します。
スタッフが確認のうえ、平日2日以内に折り返しご連絡させて頂きます。
返信がない場合は送信エラーの可能性もございます、誠にお手数ですがその旨をご連絡頂ければ幸いです。

お申し込みされる講習会名 *

開催日時 *

該当する区分にチェックを入れてください *
一般いきいき・のびのび健康づくり協会登録員

お名前 *

ふりがな *

郵便番号 *

都道府県 *

住所 *

ご連絡先電話番号 * ※携帯電話等、日中連絡が取れる番号でお願い致します。

FAX番号

Eメールアドレス *

性別 *
男性女性

ご年齢 *

特記事項

今回の講習会を何でお知りになりましたか *

個人情報保護方針

【東京】3軽エクササイズセミナー® レポート 2017年10月22日(日)

2017年10月30日

■開催日:2017年10月22日(日)
■会場:SIN STUDIO(東京都新宿)
■担当講師:高橋友見子・茂木伸江・菅野博美・サポート林部美代子(長野支部)

 

台風が近づいて大荒れの天気の東京都

10月22日(日)に機能改善体操入門セミナーを開催いたしました。
皆さん大雨の中、朝早くからのセミナーにお越し下さいました。
そして今回は長野支部の林部美代子もサポートに入ってくれました。
外の天気とは全く違い、スタジオ内は熱く、楽しく、和やかな空間になりました。

まずは朝一番シナプソロジーで笑顔も出て、コミュニケーションも取れました。
1講座目の腰痛予防改善編スタートです。
講義を聞いている受講者の皆さんの熱い視線を感じました。
モデルレッスンではエクササイズをしていくうちにポジショニングの確認が皆さん自然にできていてスムーズな動きに変化していました。素晴らしい!
 

2講座目は肩こり予防改善編 肩甲骨の動きを見て感じてのワークをした後にモデルレッスンを体験して、自分自身の身体の変化に「おー!」「あ〜!」と思わず声が出ていました。

変化に気づくとやっぱり笑顔になりますね(o^^o) 「セルフチェックの大切さを知りました」との声もありました。

 シナプソロジーもドリルワークも楽しそう♪
3講座は膝痛予防改善編 シナプソロジーでスイッチON ٩(‘ω’)و 
3講座目も皆さん真剣に講座に耳を傾けて、メモをする熱心さ。 モデルレッスンでは声を出して、数を数えながら楽しく♪ ドリルワークは5エクササイズをお互いに伝えあいました。
伝えることで動きを確認して、流れがしっかりとつかめていた様子です。
3講座目のドリルワークは声も出るようになっていて、伝え方もだんだんとスムーズになっていました。

このドリルワークを行うことがセミナーの特徴でもあります。
講義を聞いているだけ、レッスンを受けるだけではなく、実際に声に出して人に伝えることで確認できて覚えられることを実感していただけます。
最後に今日のセミナーで持ち帰れるものをシェアし合いました。
「エクササイズの構成」「セルフチェック」「声のかけ方」等々いろいろ出ていたようです。
受講後のアンケートでも 「まずは自分のために」はもちろん、さらに「クラブのお客様に伝えたい」 「健康体操で行う」「ストレッチに取り入れる」「高齢者の運動指導」「サークル活動の中で」など皆さんがそれぞれの現場ですぐに活用してくれそうな感じです。

機能改善体操の使い道は様々で、可能性は大きいと再確認しました。
セミナーを受講する姿勢は真剣そのものでしたが、時間を追うごとにどんどん笑顔も増えていった1日となりました。
セルフケアを学び、自分のためにそして身近な大切な人にも伝えたい、そんな風に思えるそしてみんなが笑顔になれる「機能改善体操」を今後もたくさんの人に伝えていく活動をしていきたいと思います。

台風のことなんてすっかり忘れていましたが、外に出たら大雨でした。
悪天候にもかかわらずお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

台風を吹き飛ばす飛びっきりの笑顔の皆さんと撮った集合写真です(╹◡╹)

レポート:菅野 博美

T.S様
短い期間の中でしたが分かりやすく学ばせていただくことができました。ありがとうございました。

 

嶋田 裕子様
軽い力でほぐしができることを知れました。ピラティスの前や、周りの人の悩んでいる方に教えていきたいです。
K.T様
自分自身、痛みの場所が多いので改善されました。レッスンで多くの方に伝えたいです。

【北陸・石川】機能改善体操入門セミナー~3軽エクササイズ®~ レポート 2017年10月15日(日)

2017年10月19日

2017年10月15日(日)石川県金沢市にて「機能改善体操入門セミナー~3軽エクササイズ®~」を開催いたしました。

今回の受講者は1名でしたが、4人のお子さんがいらっしゃるママさん。「運動を指導する仕事に携わりたい!」と受講して下さいました。

メモをとったり、考えたり、エクササイズでは自分の身体の変化にも敏感に感じ取って下さったり、終始キラキラとした表情で受けて下さる姿に、私たち講師も真剣!かつ楽しくセミナーを進めるとこができました。
腰軽編→膝軽編→肩軽編の順番で行いましたが、体操の実践練習では回を重ねるごとに伝え方が的確に、スムーズに、なっていました。「何を言えばいいのか、体験レッスンや体操の解説でポイントを書いていました!」と。素晴らしい~
 
さらに、これから3軽エクササイズを身近な方にどのように伝えていくか、しっかりプランもとも立てられていたようです!
これからのご活躍、楽しみにしています。

福野 智英様
誰でも気軽に始められ、無理なくできる!と体験・実感できました。先生たちもイキイキされていて私もこんなふうな40代になりたと目標になりました!

 

そして、今年度から富山で活動している手塚幸恵さんが新たに講師スタッフとなり、この日「3軽エクササイズ®」講師デビューしました!!


デビュー日ですがこの笑顔(^^) 

現在、北陸支部では福井1人、石川3人、富山1人、計5人のスタッフで活動しております。皆様の地域にもお伺いいたしますので、3軽エクササイズ®セミナーを体験したい!受講したい!というご要望がございましたら、いきのび協会へご連絡下さい!!

レポート:綿谷 千鶴

【千葉】3軽エクササイズ®セミナー レポート 2017年10月15日(日)

2017年10月19日

千葉県開催第2回目は「肩凝り予防・改善編」でした。
今回もアットホームな雰囲気で和やかに楽しい90分のセミナーになりました。
前回の腰痛予防・改善編からの方が8名、今回からの受講の方が1名の9名でした。
トレーナー、スイミング指導者、ヨガインストラクター、高齢者の運動指導者、もちろん運動指導者ではない方もいらっしゃいました。

二人組のシナプソロジーからスタートしました。
顔見知りの方も初めましての方も一緒に程良い頭の混乱で皆さん笑顔に♪( ´▽`)
まずは「機能改善体操とは」そして「肩凝りのメカニズム」ワークを入れて肩甲骨の動きを実際に感じて「お〜動く、動く♪」「肩甲骨って結構大きい!」等々
自分の身体を知るって楽しいと少しずつ感じていただけている様子でした(^_^)v

モデルレッスンの後はドリルワークを3人組で行いました。
動きの確認と自分の言葉で声に出して伝えることで再確認ができました。
そして、やはり皆さん楽しそうです♪
 
このドリルワークをやることが良いとアンケートに書いてくださった方もいらっしゃいました。(嬉しいお言葉)
ドリルワークの中で「あれ?これってどうすれば?」という疑問も全員で共有することができました。
私にも気づきがある貴重な時間になりました。

セミナー後に参加して下さったたけちゃんさんからは、家に帰ってから肩凝りの娘さんと一緒に早速復習しましたと嬉しいご報告をいただきました。
たけちゃんさんは前回の腰痛予防・改善編の時は旦那様と復習しましたとご報告を下さっていました。本当にありがとうございます♡
自分のために身近な家族のためにすぐに実践できる3軽エクササイズ®本当に素晴らしいです!
今回ご参加の皆様ありがとうございました。

 
千葉県開催次回は11月19日(日)膝痛予防・改善編です。
お申込みはこちらから
↓ ↓ ↓
http://www.ikinobi.org/info/general/10514/

 

レポート:菅野 博美

【長野】第5期ボディキネシス®(機能改善体操)指導者養成コース レポート

2017年10月2日

2017年9月23日(土)~24日(日)の2日間、長野県長野市生涯学習センターにて、「第5期ボディキネシス®(機能改善体操)指導者養成コース」を開催致しました。

長野県外以外から群馬県や新潟県からと、5名の方が受講されました。
皆様の形態は、町や市の地域の健康づくりのために活動をされている方、転倒予防やデイサービスなどで高齢者の運動指導をされている方、ヨガやダンスなど様々な教室を運営されている方です。それぞれ目的は違っても、受講される皆さんの真剣な姿勢、機能改善の知識を深め現場指導に活かしたい方がご参加くださりました。

2日間で学べるボディキネシス®(機能改善体操)指導者養成コースは、身体の本質を学び(人体の機能・加齢に伴う基礎理論)、機能改善の考え方を習得します。そして、機能改善体操がどのような考えを持って構成(プログラミング)されているのか?その意図とするのは何か?を自分のカラダを通して学びます。
たった30分でプログラム提供できる腰痛改善/肩凝り改善/膝・股関節痛改善体操(モデルレッスン)、さらには120分の中で講義:機能改善体操の意味をひとつひとつ習得し、実技:指導練習を行います。


単に機能改善体操を提供することだけにとどまらず、指導者と相手(クライアント)が共有し合い、寄り添い、相手の可能性を引き出していくこと、お互いの信頼関係を築き上げていくこと、【相手と私=一対一の関係】【お客様同士、参加者同士の関係性】にも触れながら、「何のためにするのか?」「どのようにするのか?」を導く人で在る指導【健康教育】をじっくりと習得します。

受講者の方々は懸命に取り組んでおられました。自分のカラダを通して気づき・身体の機能解剖学に触れる大切さを知り、機能改善体操の愉しさに触れられた2日間でした。学びとは、受け身ではなく自分のモノにすること、目頭が熱くなる場面もありました。

【受講者の皆さんから頂いたお声】

Q:このセミナーで、何が一番お役に立ちましたか?
須藤 えり子様
機能改善体操のプログラミングがとても理解できました。教室でさらに幅を広げます。

M・M様
身体の使い方、一つ一つの指導。目的を相手にわかりやすく伝えることを学びました。

K・M様
人に伝えることの難しさを痛感しましたが、機能改善体操:ほぐし体操をやったあとや、ストレッチ可動性の広がりや身体の動きやすさにビックリしました。

H・K様
各部位の身体の使い方、意識の置き方

Q:役にたったことを今後の活動にどのように活かしたいですか?
N・K様
しっかり自分にたたき込み、伝え方を勉強したいと思います。

K・M様
今の講座の中に織り交ぜながら、身体を動かす愉しみを伝えていけるようにしたいです。

M・M様
地域の健康・体力づくりの中で

H・K様
相手に見せること、そして自分なりにかみ砕いて、自分の言葉でお伝えしていこうと思います。

須藤 えり子様
教室の数を増やすこと。内容の充実と集客。

人間にはいつまでも自律心があること
〇〇がしたい
〇〇になりたい
人がいつまでも自分の足(脚)で人生を歩んでいけるように

【自ら動くことによって、人間の身体機能は調うこと】
“無理をしない”“無理をする”ことではなくて、
難しいことでもなくて、大層なことでもない。
自立と自律のためにある機能改善体操を一人でも多くの人の健康のために、
届ける指導者仲間と共に各地でいろんなカタチで広げていきます。
受講者の皆さんと共に過ごした学んだ2日間、心から御礼を申し上げます。

講師:梅本 道代
サポート:梅村 和代/林部 美代子
レポート作成:林部 美代子

【千葉】3軽エクササイズ®セミナー レポート 2017年9月18日(月)

2017年9月25日

千葉県我孫子市で3軽エクササイズ®セミナー(腰痛予防・改善)を開催いたしました。

千葉県での初開催だった今回のセミナーには協会のホームページを見てお申し込みくださった方、
私の活動拠点の近くでの開催だったこともあり、知り合いの方がたくさん申し込んで下さいました。

まさに3軽エクササイズ®(機能改善体操)の『身近な人に伝えていく』が実現したセミナーとなりました。

インストラクター(アクア、ヨガ、エアロビクス)、パーソナルトレーナー、高齢者の運動指導者、
スイミングの指導者、プールでのライフガードの方といろいろな方がご参加下さいました。
自分自身のセルフケアの為にそして家族や自分の周りの身近な人に伝えたいと参加目的はそれぞれです。

自己紹介を兼ねてシナプソロジーで盛り上がりスタートしました♪( ´θ`)
機能改善体操の目的や考え方を知っていただき、
ワークを通して「ほ〜」「あ〜違う」と身体の変化に気づき(ボディアウェアネス)がありました。

実際に腰軽の5つのエクササイズを体験していただいた後は、ドリルワークを行いました。
人に伝えることでエクササイズの確認になりました。
コミュニケーションが取れていてとても良い雰囲気でのドリルワークになりました。

今回のセミナーを終えて、私が3軽エクササイズ®(機能改善体操)に出会った時に「人に伝えたい!これなら伝えられる!」と感じたことを思い出しました。
私はセミナーを通してさらに3軽エクササイズ®を伝えていく、そしてそのセミナーに参加して下さった方が身近な人に伝えていく。
そんな風に広がっていったら嬉しいと思います。

本日ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。
セミナー終了後に集合写真1枚目は普通に、2枚目は変顔で(皆さんノリノリ♪)

 

レポート:菅野 博美

受講生のお声

K.W様
Q:今回の講習会で何が一番お役に立ちましたか?
運動不足でも簡単にできて、飽きっぽい私にも続けれられそうです。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
自分自身の身体に。また、家族にも伝えていきたい。

A.S様
Q:今回の講習会で何が一番お役に立ちましたか?
深い呼吸をしながら体をほぐすと、よりリラックス効果があらわれる。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
家族に伝えて教えてあげたい。

S.S様
Q:今回の講習会で何が一番お役に立ちましたか?
ほぐして・整え・協調の考え方、伝え方。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
高齢者の健康体操サークルに取り入れていきます。

【大阪】ひめトレヨガセミナー 2017年9月18日(月)レポート

2017年9月20日

【大阪】ひめトレヨガセミナー(2017年9月18日)レポート

2017年9月18日(月・祝)
大阪府堺市にある からだの学舎Re-fitにて
「ひめトレヨガセミナー」を開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

広島や香川からと、遠方からの参加もあり
とても和気あいあいとした雰囲気のセミナーとなりました。

「ひめトレヨガ」は、ひめトレの骨盤底筋群にアプローチするというメリットを、ヨガに活かすもの。

ヨガのポーズを、その人にあった心地よさで楽しんでもらうことが難しい、
バンダを意識する(意識してもらう)のが難しいという、ヨガならではの「難しい」を
ひめトレを使うことで、簡単に解決することができるのです。

ひめトレで身体を使いやすくするような目的に沿ったエクササイズを行い
骨盤底筋群への感覚入力が出来れば、バンダの意識も高まる
結果、コブラのポーズもフネのポーズもこの通り。

 

ひめトレを使う前は、ポーズを取っても「あまり気持ちよくな~い」「このポーズ苦手で・・・」と言っていた皆さんも、
ひめトレを使えば、あらっ?と驚くくらい無駄な力みも緊張もなく、ポーズが取れる!

「わ、すごい」の言葉と笑顔の連続でした

ヨガは自分のペースで行うから気持ちいい
そして、自分のペースで楽しむには、周りを気にせず自分と向き合うことが大切

そんな思いをこめて、目の前のお客様に、あれやこれやと言葉で伝えても、「なかなかうまく届いてないな・・・」
「周りを気にせず、もっと自分のペースで、頑張り過ぎずにヨガを楽しんで欲しいな」と、思う時があります。

でもこうしてツールを使うことで、「言わなくても分かる」
分かるから、心地よさを自分で探しに行ける
そして、自分の身体に素直に意識を向けることが出来る。
それが自然と内観に繋がる・・・・

そんな「本来のヨガの心地よさ」をナビゲートし、内観を導き出せるのが、
ひめトレであったり、機能改善ヨガではないかな、と私は思います。
最後はみなさんと、ひめトレヨガで記念撮影

 

ひめトレヨガの輪、そして自分のペースで楽しめるヨガの輪が

もっともっと広がりますように…

レポート:川瀬 ひとみ

 

受講生のお声

K.I様
Q:今回の講習会で何が一番お役に立ちましたか?
ひめトレの使い方のバリエーションが増えたこと。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
今行っているクラスの中に取り入れていきます。

S.U様
Q:今回の講習会で何が一番お役に立ちましたか?
よりひめトレ効果がよくわかりました。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
ひめトレに使います。

匿名希望 様
Q:今回の講習会で何が一番お役に立ちましたか?
ひめトレの活躍する場が広がった。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
フィットネスクラブのひめトレレッスンやヨガクラスの中に取り入れていきます。

【大阪】いきのびフェスタ 2017年8月27日(日)レポート 

2017年8月29日

~いきのびフェスタ2017~

 2017年8月27日(日)大阪府堺市のからだの学舎Re-fitにて「いきのびフェスタ2017」が開催されました。

 

今年のテーマは。「Play(遊ぶ)」
体を動かすだけではなく、遊びの要素の中に機能を改善する要素がいっぱいということで、
ストレッチポールを使ったり、椅子やボールを使ったり。
そして最後は、音楽に乗ってリズムに合わせて踊ってしまうという、「寝る・座る・立つ」の要素を取り入れた内容でした。

 

 そしてランチタイムは、お弁当を食べながらのランチセミナー。
手についての学び。発育発達の中から手の進化を紐解きながらの機能の獲得をディスカッションしながら、おはじきで遊びながら学びました。「手」の機能解剖学ってなかなか学べませんよね。
少ない人数でしたが、だからこそ質問もしやすく、ご飯も食べてお口が滑らかでした。

 午後からは、椅子に座ってのヨガ、遊びの要素ということで、手指の遊びや表情作りなど、高齢者にとっても必要な要素をふんだんに盛り込んだ内容で、受講者の皆さんは必死でメモを取っていました。

 

 そして、最後は歩くことと踊ることをテーマにリズムを使って誰もが簡単に楽しめるような、
歩いて踊って機能改善体操でした。鏡を見たり、輪になったり、声を出したり、手拍子をしたり・・・全身を使って行う機能改善体操は、本当に楽しそうでした。

 

 もっともっとPlay(遊び)の要素を取り入れたらよかったかな?という反省点がありますが、受講生の皆さんとともに童心に戻った楽しいひと時を過ごせたことに心より御礼を申し上げます。

来年もお楽しみに♪

 

活動レポート報告者:尾陰 由美子

【長野】運動指導現場に役立つセミナー 2017年7月23日(日)レポート

2017年8月25日

~運動指導現場に役立つセミナー~
【長野県開催!椅子ヨガ / 機能改善のためのストレッチ指導】

2017年7月23日(日)

 例年より2日ほど早い梅雨明けをした長野県。「蝉の声がにぎわう季節ですね。」とお伝えしたいところですが、こちらはというと、蛙たちの大合唱が鳴り響く日々です。
ほのぼの感満載です。見渡す限り山々の深い緑。そして朝晩の冷たい風に癒される7月、長野県は夏本番を迎えました。

今年の長野県開催セミナーは、運動指導者の方に向けて、指導現場に役立つ内容に特化しました。シニア世代のカラダとココロに寄り添う指導【椅子ヨガ】そして機能解剖学を現場に活かす【機能改善のためのストレッチ指導】この2つをテーマとしました。
受講いただきました皆さんの形態は、介護予防事業に携わる方をはじめ、フィットネスに関わる健康運動指導者の皆さん、地域健康づくり支援に関わる方々。
県内だけでなく、富山県・群馬県からも足を運んでくださり、本当に多くの方にご参加頂きました。

【椅子ヨガ】~シニア世代のカラダとココロに寄り添う指導とは?~
講師:橘 千鶴
介護予防のためのヨガ(認知予防・誤嚥予防・失禁予防・転倒予防)と当協会の機能改善の考え方=双方の目的を抑えたレクチャーと実技、そして高齢者にとって安心して取り組むことができる機能改善体操を融合した椅子ヨガを体験していただきました。


高齢者の身体の特徴と運動を行う上でのポイントを学び、椅子に座ってできるヨガの実技指導練習を行いました。
安全に提供するための知識も踏まえながら、様々な高齢者に対応する効果的な伝え方に触れ、橘先生がこれまで取り組んできた体験話だけでなく、シニア世代の方々にとって健康であることは勿論、ご本人の好きなことやりたいことに(行動)繋げていく自律のためや、自分の身体のためにする自立のために、椅子ヨガを通して健康行動に繋げられる可能性は無限大に広がることもお話されていました。


受講者の皆さんの表情は優しいほほ笑みがたくさん。
人と人の関わりに触れ合う有意義な時間でした。
当協会ならではの心地よい気が流れ、とても和やかで、のびのびした120分でした。

【機能改善のためのストレッチ指導】~機能解剖学を現場に活かす!~
講師:尾陰 由美子
当協会の機能改善の考え方を抑えた身体の機能解剖学セミナー:ストレッチ指導です。
今年は下肢の機能解剖学を深めながら実技に繋げること。


効果的なストレッチを導く方法(ポジションの取り方・段階的な指導)と個々の目的にあった方法を身につけることがテーマです。
自己流になりがちな下肢のストレッチに焦点を置いてレクチャーがスタート。
機能改善のためのストレッチとは、怪我の予防だけでなく、パフォーマンス向上:日常生活活動やスポーツにおいては不可欠なことです。そうわかっていても、果たして効果的なストレッチなのか?お客様が自分の身体のためにストレッチをする=行動に繋がっているのか?がとても大切な要因です。
漠然としてしまう身体のしくみ、解剖学の本や書籍に難しく捉われなくてよいこと、本来備わっている身体の動きとは何か?を尾陰先生は優しくお話されていました。


股関節の痛みや膝を酷使された方にとってどのような配慮と寄り添うことが大切か?
現場のこと、そして指導者の皆さんの先にある目の前のお客さまのために、正しい知識をひとつひとつ尾陰先生が解説されていました。
そこが知りたい!身につけたい!運動指導現場では欠かせないことばかりでした。
自分の身体で気づいて確かめること、目で見て(骨格模型を使った機能)確かめ、身体に触れて、人(人間)は動くこと(脳を使う)で、わかることがほとんど。


機能解剖学という教科書とは、私たちが動くことで身体が教えてくれること。
とても実感しました。
「うんうん」と言いながら、皆さんの表情も笑顔がいっぱいに広がって、120分があっという間でした。

今年も沢山の方々にご参加頂きました。
皆様に出逢えたことを心から感謝いたします。

これからも皆様との出逢いを大切に築き上げ、自立と自律のための健康行動に繋げられる役立つセミナーを実施していきます。
皆様、ありがとうございました。

活動レポート報告者:林部 美代子

受講生のお声

M.W様  
Q:今回の講習会内容で何が一番お役に立ちましたか?
椅子ヨガ ボール使用により、より一層自分の身体の柔らかさを確認することができた。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
施設デイサービスに活用したい。

市川 千鶴様   
Q:今回の講習会内容で何が一番お役に立ちましたか?
ボールを使った体操がすごく良かった。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
年齢が上の方が多いクラスを持っているので、体操をはさみながら「できた!」を引き出したい。

M.Z様  
Q:今回の講習会内容で何が一番お役に立ちましたか?
機能改善体操の効果を実感でき、ヨガのポーズの深まりを実感できました。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
車いすを利用している家族にまず伝えたいです。

志水 理絵様
Q:今回の講習会で何が一番お役に立ちましたか?
機能改善体操の効果を実感でき、ヨガのポーズの深まりを実感できました。

Q:お役に立った事を、今後の活動にどのように活かしたいですか?
車高齢者の方や、まずは自分の両親、祖母に伝えたいです。