椅子ヨガとは

椅子ヨガとは

椅子を使用してのヨガは、マットの上で行うヨガに比べて、ポジション変化が少なく膝や股関節に優しいので、高齢者にとっては安心して取り組むことができます。介護予防の観点から認知症予防、誤嚥予防、失禁予防、転倒予防に必要なヨガの考え方も学びます。

椅子ヨガのポーズや呼吸法を通して、生理的な効果を引き出し、しなやかに生きる力を高めます。また、地域社会での仲間づくりのきっかけにすることもできます。高齢者の方々の生きがいづくりとなり、健康寿命が延びることが期待できます。

現在、椅子ヨガは機能改善ヨガ指導者養成コースの一部としてカリキュラムに組まれておりま、介護予防の現場で安全で効果的な椅子ヨガを伝えたい方向けに椅子ヨガを習得頂きます。

5  機能改善ヨガ養成大阪10

 椅子ヨガのカリキュラム

椅子ヨガ養成15
・椅子ヨガの目的
・高齢者の身体と心
・介護予防のためのヨガ(認知予防、誤嚥予防、失禁予防、転倒予防)
・椅子ヨガの習得
・椅子ヨガのプログラミング
・安全に提供するための知識

受講するメリット

ヨガの指導の幅が広がり、様々な年齢の方への指導が行えるようになります。

受講料について 

こちらの養成コースは、機能改善ヨガのプログラムの一部として研修可能となっております。

詳しくはこちらをご確認下さい。

→機能改善ヨガ指導者養成コースの受講システム