ヨガキネシス®インストラクター養成コース:ペルビック

ヨガキネシス®インストラクター養成コース:ペルビック

ペルビック ボール編・ひめトレ&タオル編 
各1日:各4時間(対面講座・ZOOMオンラインの開催日程があります。
※対面講座のオンライン受講不可)

アラフィフ世代、いわゆる“更年期”を迎えると、体や心に様々な変化を感じます。
なかなか眠れない、気持ちが落ち着かない、疲れやすく感じる、また、肩こりや体型の変化など・・・
そんな変化を受け入れながら、毎日を穏やかに過ごすために、呼吸を深め、リラックス効果を引き出す「ヨガ」がとても有効的です。
そんなヨガの良さを活かしながら、女性だからこそ気になる骨盤周辺の筋バランスを調えることを目的としたプログラムです。
「骨盤バランスヨガ」では、硬くなりやすい骨盤周辺(股関節)にアプローチします。
股関節周辺が硬くなると姿勢の崩れやコリにもつながるだけでなく、むくみなどの原因にもなりかねません。
また姿勢の崩れからポッコリお腹など体型の変化に繋がる可能性も・・・
具体的にはスモールボール、ひめトレやタオルを使った体操で、骨盤周辺の筋肉をほぐしたり可動性を広げた後、股関節の柔軟性を引き出すヨガのポーズを行います。
スモールボールを使用する「ボール編」とひめトレやタオルを使用する「ひめトレ&タオル編」の2つカテゴリーを学ぶことができます。
コースでは、更年期についての知識の習得と共に、コース修了後すぐに30分のレッスンができることを目指し「プレコリオ型プログラム」の内容を習得します。プログラムを指導する上で最低限必要な動作・指導スキルを学ぶことができます。

【カリキュラム】
・更年期世代のカラダとココロ
・骨盤バランスヨガの習得①機能改善体操の習得と指導練習
・骨盤バランスヨガの習得②ポーズの習得と指導練習