いきのび協会ブログ

機能改善の為の解剖学セミナー開催

2020年3月17日

皆さん。こんにちは😃
いきのび協会のうめもと です😃

3月15日(日)
機能改善の為の解剖学コース📃を開催しました。

コロナの影響の中、6名の受講者の方々がからだの学舎Re-fit 
https://karadanomanabiya.com  に集合😃

このコースは、単に覚えるだけの解剖学ではなく、ボディキネシス®︎
(機能改善体操)を指導するための現場で使える解剖学を学びます。

今日も、骨格模型を使ってやりました😁

骨格模型を使うことでヒトの体を3Dで見ることができます。
『見える化』することで、動きのイメージも行いやすくなります。

体幹編、上肢編、下肢編の3部構成。

例えば・・・

〝股関節ってどこにある❓〝
〝股関節の6つの動きはどのような動き❓〝
それを自分の身体で触って確認して、名称を言葉にしながら実際に動きます。

そして、

ボディキネシス®︎(機能改善体操)エクササイズの視点から見た解剖学の
専門知識も学んで頂きました。

解剖学のことを理解した上で、ボディキネシス®︎(機能改善体操)エクササイズ
を行うと、身体への効果は何倍もよくなります😃

同時に、解剖学が苦手という意識の人も、〝解剖学が楽しくなってきました😃〝
という声も頂いています。

今回、受講して下さった皆さんです😃
学んで頂いたことを、どんどんアウトプットして下さいね😃
ありがとうございました😃

※2020年4月からのいきのび協会開催スケジュールは👇
 クリックして頂くとご覧頂けます😃
   https://www.ikinobi.org/annual-schedule/