【長野】自分でカラダを磨く方法 学んでみませんか?  ~一般の方から指導者の方まで参加できる体験型セミナー~2019年12月8日(日)

【長野】自分でカラダを磨く方法 学んでみませんか? ~一般の方から指導者の方まで参加できる体験型セミナー~2019年12月8日(日)

2019年12月26日

長野県長野市にあるシニア運動施設リハビリデイサービス フィットネスライフ南長野にて機能改善体操入門セミナー肩軽編/機能改善ヨガセミナー介護予防編/リズムキネシス®体験会を開催致しました。

10:30~12:00【機能改善体操入門セミナー肩編】

午前中は、機能改善体操入門セミナー3軽エクササイズ®︎の中の肩軽編を実施致しました。
フィットネス指導者の方から地域の健康づくりのための介護予防運動に携わる方、今回は4名の方がご参加いただきました。

このセミナーは、機能改善の考え方に基づきながら、「機能改善体操とは何のために?」「どのようにやればいいのか?」身体の機能に触れる簡単な豆知識を差し込みながら、機能改善体操の意味を自身のカラダを通して体感し、理解を深めていきます。

たった5つの体操で、肩や腕が動きやすくなることや、首が楽になること、自身の身体で起こる実体験を味わい、確認していきます。
指導現場に携わる皆さんは前向きに積極的に取り組んでおられ、自然と声をかけあっていくとても和やかな雰囲気でした。

受講生のお声

匿名
身体の使い方により楽になっていくことがわかりました。

匿名
アプローチの仕方が役に立ちました。現場で活用したいです。

13:00~15:00【機能改善ヨガセミナー介護予防編】

午後からは、ヨガを始める方が安心して体験できる機能改善ヨガセミナー介護予防編を実施致しました。
以前から“機能改善ヨガをやってほしいです。”とお声をいただいていたので、今年も開催することができました。
町や村の高齢者の方々の地域の健康づくりに携わる方々も足を運んでくださり、8名の方がご参加下さりました。

機能改善ヨガとは?ヨガのポーズができるための機能改善体操を差し込むことで、身体が機能改善され、心地よく楽しむことができるヨガ本来の良さを体感できる内容です。
今回の介護予防編では、高齢者の身体の特徴を学び、実施していく上でのポイントをおさえながら、椅子に座って行えるヨガのポーズを体験します。

これからの社会背景を考えると、超高齢化社会だけでなく、今後の団塊世代の方々が取り組みやすい“自立と自律のための自信へつなげる健康づくり”の働きかけとしても、機能改善ヨガの考え方は不可欠だと身に感じる2時間でした。
参加者の皆さんは前向きでとても明るくて、楽しく学ぶヨガを自らつくりあげてくださっていたことに感激しています。あっという間の2時間でした。

受講生のお声

M.K様
高齢者を対象にしたヨガだったので、分かりやすく楽しくできました。ヨガはむずかしくないということを伝えていきたいです。

K.M様
機能改善ヨガは身体の変化が感じてもらいやすいように思いました。

 

15:15~16:00【リズムキネシス®体験会】

こちらも「長野でリズムキネシス®を体験したいです!」と数々のお声を頂いており、「この日を楽しみにしていました!」とまで言っていただき、感謝です。
大いに大いに盛り上がりました!
リズムを楽しむ時間。気が付くと心がワクワクしていて、身体が温まっていくひと時。
リズムを使って動きはじめた瞬間・・・。皆さんクスクスと笑い声が。

あ~脳や身体が喜ぶってこうしたことのことを言うんだなぁとお話をしてくださる方や、
あ~気持ちよく動けるってこうゆうことなんだなって実感をされている方も。

リズムに合わせて動くというより、リズムを使って動くことで身体の機能が整っていく。
人に合わせて動くというより、人と人が触れ合っていくことで動きの協調性が高まっていく。
楽しいリズムキネシス®を体験していただきました。
 

当協会/長野支部:林部より皆様へ

今年も大変お世話になりました。
各関係者の皆様、ご協力くださる皆様、温かいご支援を本当にありがとうございました。

一年ごとに人と人との繋がりがうまれ、機能改善の考え方が広がり、仲間が増えていくことを実感しています。
私は、周りの方々から支えられ、見守られ、教えていただく恵まれた環境です。だからこそ、ひとつひとつのことを丁寧に恩返しできるよう成長していきたいです。
2020年もよろしくお願い申し上げます。

2020年度 長野支部:活動計画

2020年4月12日(日)(予定)シナプソロジーインストラクター対象更新研修会他
2020年7月5日(日)     いきのびフェスタin長野
2020年9月19日(土)20日(日)機能改善ヨガベーシックインストラクター養成コース

 

【滋賀】3軽エクササイズ®セミナー 2019年12月8日(日)

2019年12月24日

2019年12月8日(日)
滋賀県近江八幡イトマンスイミングスクール スタジオレイクスをお借りして、
滋賀県では初開催となる、3軽エクササイズ®セミナー(機能改善体操入門セミナー)を開催しました。
「腰軽編」「膝・股関節編」「肩軽編」各90分の3講座を1日で行いました。

3軽エクササイズ®セミナーは体験型セミナーでもあるので、どんどん動いて身体の変化を感じていきます。
  
自分の身体で感じたことは周りの人にも伝えたくなります。

「とても簡単な体操なのに身体の変化を感じる」
「早速、家族や周りの方にも伝えたい」とのお声もよくいただきます。

今回の開催は、人の繋がりとご縁によっての念願の滋賀県での開催でした。
滋賀県の方だけでなく、福井県からのご参加もあり、また運動指導者だけではなく訪問看護の現場でお仕事をされている看護師さんの参加もありました。
年齢層も幅広く、ダンス指導をされている方やスイミングコーチなど、さまざまなフィールドでお仕事をされている方たちがご参加くださいましたが、皆さん以前からお知り合いだったかのように和気あいあいと、とても和やかな雰囲気の楽しい講習会となりました。
休憩時間にも皆さん積極的に情報交換されていました。

私も看護、介護の現場の情報をたくさんいただきました。
訪問看護のお仕事をされている方との会話から・・・

「本来リハビリが必要な方は、理学療法士さんや作業療法士さんが身体をほぐしてくれたり、その人に合ったリハビリメニューを考えてくれますが、訪問リハビリを利用できない方も多いんです。そこで看護師が知識をつけないといけません。」との思いから、3軽エクササイズセミナー®にご参加下さいました。
翌日、早速利用者さんと一緒に3軽エクササイズ®の中の簡単な体操をしてくださったようです。 
NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会の機能改善体操の目指すところとして「ポストリハビリ」「プレフィットネス」としての体操の活用というところがあります。
今後も様々なフィールドで活躍されている方々と情報共有しながら、生涯「自立・自律」した生活が送れる方々が一人でも多く増えていけばいいな・・・と思います。

滋賀県近江八幡市・・・
今回初めてお伺いした地でしたが、人も街もとっても良いところでした。
ご参加いただきました皆さま、そして場所を提供して下さいました「イトマンスイミングスクール」の皆さま、ありがとうございました。
 

レポート:井上 明美

【広島】ひめトレBIR & ひめトレヨガ養成コース 2019年12月15日(日)

2019年12月20日

2019年12月15日(日)
広島のコンディショニングスタジオコア×コアをお借りして、
「ひめトレBIR」「ひめトレヨガ」それぞれ3時間のセミナーを開催しました。

今回、ひめトレヨガは広島では初めての開催のため、
ひめトレヨガを受講するための必須条件としての「ひめトレBIR」を開催したのでした。

ひめトレヨガは、ひめトレのコンテンツを普及している一般財団法人日本コアコンディショニング協会(JCCA)とのタイアップコンテンツです。
そのため、NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会が展開する「ひめトレヨガ」はまだまだこれからのコンテンツ。
まずは、ボディキネシス®︎認定インストラクターの皆さんを始め、広島にはたくさんの仲間がいることから初の開催となりました。

ひめトレヨガは、更年期世代の女性や産後ママたちに特に人気のプログラムです。
体の硬い人や運動不足の方がヨガを始めようと思った時、ヨガのポーズ自体が取りにくく、辛い運動となってしまいます。
機能改善ヨガの優しく、気持ちよく、無理なく体を整えていくコンセプトに合わせたひめトレヨガは、
「気がつけばポーズができていた!」「私にもできた!」とお声をよくいただきます。
 

さらに、何か時になる女性特有の骨盤のトラブル、
ひめトレが優しく骨盤底筋に感覚入力してくれることで、
姿勢も調う、排尿コントロールがしやすくなるといったメリットが、
さらにウエストサイズダウンというおまけもついてくると・・・
 

今回の受講生もたっぷり3時間でそんな体験をしてくれたようです。
早速、「ひめトレADV」と「機能改善ヨガ」のリクエストをいただきました。

今回の受講生は、ヨガの指導歴のない方もいらっしゃいましたが、
自然にひめトレヨガのおかげでヨガポーズが取れるようになっていました。
早速、アウトプットしてくださったようです。

レポート:尾陰 由美子

受講生のお声 Y.Kさん

早速、教室でやってみました。
普段、あまり行かない教室だったので、勇気がいりました。
最初は、えー何これ?みたいな雰囲気でしたが、股関節ほぐしをして脚の長さを比べてもらうと、皆さん、えーなんで?と笑顔が見られ、フネのポーズでは、プルプルする!
とか、キツいわー!とか、キャーキャー、ワイワイと良い感じに進む事ができました。
激しく動いてないのに、効いたわー。と。
そして最後は、何か動きやすくなったよ?!とのお言葉をいただきました。
セミナーからの帰り、Tさんと話をしたのですが、どうしてもいつもやっているものに逃げてしまうよね…。と。
私も同じでしたが、ちょっと勇気出してみようかねー?頑張ろうね!!とお互い話をしたんです。
同じ思いの仲間がいてくれて、本当に心強いです。
そして、いつもセミナーでたくさんの事を教えてもらい、とても勉強になります。
無駄にしないよう、少しずつですが、進んで行きたいと思います。

 

 

今後のスケジュール

ひめトレBIR
【愛知県開催】
2020年1月12日(日)10:00~13:00
会場:FRANKLIN METHOD STUDIO KARIYA
お申込み⇒https://www.ikinobi.org/info/trainer/14381/

【大阪府開催】
2020年2月23日(日)9:30~12:30
会場:からだの学舎Re-fit
お申込み⇒https://karadanomanabiya.com/info/7217/

ひめトレADV
【愛知県開催】
2020年1月12日(日)14:00~20:00、13日(月・祝)13:30~19:30
会場:FLANKLIN METHOD STUDIO KARIYA
お申込み⇒https://www.ikinobi.org/info/trainer/14381/

【大阪府開催】
2020年2月23日(日)13:30~20:00、24日(月・祝)9:30~16:30
会場:からだの学舎Re-fit
お申込み⇒https://karadanomanabiya.com/info/7190/

【東京】ボディキネシス®インストラクター養成コース 膝・股関節編 2019年12月8日(日)

2019年12月13日

令和元年のボディキネシス®︎インストラクター養成コース最終回。
代々木公園の銀杏の木が黄色く色づく中、11名の参加者の皆さんと一緒に学んでいきました。

前回、前々回から参加している方にとってはボディキネシスの考え方を復習しながらまとめる時間、
今回のみ参加という方は実技を通してボディキネシスの考え方を体感し指導練習に取り組む時間になりました。
筆記試験は全員合格、あとはそれぞれの活動現場で使っていくことになります。

午前中はレクチャーとモデルレッスンです。
復習を兼ねて質問に答えながら一つずつ確認しました。

 

そして午後からは指導練習です。
ドリル練習では、相手を変えながら練習することで、指導方法を習得するだけではなく、人の身体の違いに合わせて指導することを理解していきました。
エクササイズそのものはとてもシンプルですが、効果的に動くためには、、となると奥が深くなってきます。
筋骨格系や機能解剖学のことなどにも触れていきます。(このあたりが3軽エクササイズ®︎より先の学びとなります)

 

働く世代の運動不足、シニア世代のロコモティフシンドロームに対して、身体が機能不全を起こす前に予防とセルフケアが出来ていたならば、人生100年時代と言われるこれからをもっと楽しめるように思います。

ボディキネシス®を使って、いつまでもやりたいことができる身体と心でありたい!
と思う方はぜひ今後の協会本部・支部主催の講習会にいらしてください。
2020年のボディキネシス®ベーシックインストラクター養成コースのスケジュールはこちらから

レポーター:東京支部・高橋友見子

 

【大阪】機能改善ヨガスキルアップセミナー「フローヨガ」 2019年12月8日(日)

2019年12月12日

12月ももう半分過ぎようとしてます。
本当に1年経つのは早いですね~。

そんな2019年の締めくくりに (!?)
なかもずにある「からだの学舎」にて
「機能改善ヨガスキルアップセミナー~フローヨガ~」を開催しました 

フローヨガとは、呼吸に合わせて動くヨガのこと。
機能改善ヨガオリジナルのフローヨガと、機能改善体操を学ぶセミナーです。
今回は「機能改善ヨガ」が初めてという方も参加してくださいました

まずは、「機能改善ヨガや機能改善体操の考え方」をお伝えし、1時間のデモレッスンを体感。
筋力・バランス力・連動性をしっかり体感できるフローヨガは、やりごたえがありますが
機能改善体操を行ってから動くと確実に「動きやすさ」と「やりごたえ感」が増す。
そんな感想をたくさんいただきました。

ただ形を追うだけのフローヨガではなく、感じて動く…動けることが、このプログラムの良さなのです
そして、皆さんがデモレッスンで体感したことを、テキストを使って1つ1つ紐解いていきました
このセミナーの「いいところ」は
フローヨガを習得できるだけではなく、1つ1つのポーズとしての理解や、多くの体操を学べること
とにかくたくさんの情報と体感を得ることが出来るのです

それだけでも結構お腹いっぱいになりますが、まだメインの「フローヨガ」の習得が残ってる…
セミナー後半の時間をたっぷり使い、フローヨガを覚えることと、伝える練習に集中しました

フローヨガを指導する際、
参加者が「呼吸に合わせてタイミングよく動く」ためには、
「伝えるコツ」が必要です

どのタイミングで何を伝えるのか?
指導する際のグラデーションのかけ方や、手法をしっかりと抑え、何人かのグループに分かれて練習を何回も何回も行いながら、身につけていきました。
 
内容が腑に落ちると、皆さんの動きがより洗練され、
フローヨガならでは「リードしていく力強さ」も感じられてきました

最後にみんなで一緒にフローヨガを動いて一体感を味わいました
やり切った皆さんの表情、素敵です
 
機能改善ヨガは、まだまだ進化していきますよ。
来年もさまざまなセミナーを開催する予定ですので皆様チェックをお忘れなく!!

活動レポート:川瀬 ひとみ

受講生のお声
匿名
とても内容の濃い、たくさんの事を学ぶことが出来たセミナーでした。 1つ1つの機能改善体操をやる度に変化が実感でき、ポーズが取りやすく、フローヨガも動きやすくなったのでとても嬉しく思いました。 講師の川瀬さんのテンポの良い進行により、時間を感じさせることもなく集中することができました。テキストにはない指導(伝え方)バリエーションも習得できたので、明日からの指導に役立てたいと思います。 来年度リニューアルされる内容も楽しみですが、フローのバリエーションがもっとあると良いなぁと感じました。 まずは今日習得したものを、色々な場所でお客様に届けたいと思います。 今日は、ありがとうございました!
匿名
楽しかったです。ここで学んだ内容を高齢者向けの教室でやると好評です。
匿名
ヨガの指導をしていて、もっと体をほぐしたり、整える方法を伝えてからアサナを行うと、更に効果が出るのに。。。という気持ちを抱いていました。 それを解決する為の方法を、的確に示して下さいました。 また、講習の内容も、わかりやすく、かつ集中力を途切れささないように、素晴らしかったです。 さらに、学びを深めたいと思いました。

【大阪・東京】機能改善ヨガスキルアップセミナー「椅子ヨガ」

2019年12月5日

いきのび協会 ヨガチーム橘 千鶴です。

11月10日(日)は、堺市なかもずの「からだの学舎Re-fit」で、
11月23日(土)は東京のレンタルスタジオスペースセレンディピティと2カ所で「椅子ヨガ」を開催させて頂きました。

椅子でのヨガに機能改善体操を取り入れて、からだの機能を引き出してからポーズを行います。
背骨の回旋を引き出す機能改善体操の後に、ねじりのポース

足裏の機能を引き出す機能改善体操の後に椅子のポーズ

まずは自分で動きやすさを体感し、相手に伝える練習を繰り返しました。
また、介護予防にも対応できるよう、認知症予防、失禁予防、転倒予防、誤嚥予防もできる内容となっています。

加齢とともに出来なくなることが増えてきます。
機能改善体操を取り入れた椅子ヨガは、どなたでも行うことができます。

高齢者にとって、自分にもまだまだ出来ることがある!!
というのは、自信につながりますね。

また、椅子ヨガを通して仲間ができて、多くの方々とのコミュニティーも作れます。
心身共にお元気な高齢者が増えて、毎日が笑顔で過ごせるといいですね。

次回の機能改善ヨガスキルアップセミナーは、
・2019年12月8日(日)「フローヨガ」お申込み
・2020年2月2日(日)「ポーズバリエーション」お申込み
・2020年3月1日(日)「フローヨガ」お申込み

皆様のご参加をお待ちしております!

【奈良】宇陀市健康づくりセミナー 膝・腰・肩のための機能改善体操

2019年11月28日

宇陀市健康づくりセミナー
膝・腰・肩のための機能改善体操(2019年10月21日、28日、11月11日)

奈良県宇陀市65歳以上の方を対象に、介護予防事業としての3軽エクササイズ®セミナーを開催しました。
今回は一般の方にもわかりやすいように膝・腰・肩のための機能改善体操ということで募集をかけさせていただきました。
30名定員で募集をさせていただきましたところキャンセル待ちが出るほど市民の皆さんに興味を持っていただけたことを嬉しく思うと同時に、機能改善体操を必要とされている方々の多さを実感しました。

3日間に分けてのセミナー開催でしたが、初日からとても和やかな良い雰囲気でした。
まずはシナプソロジーで盛り上がりました。

初対面の方々とも仲良くなったところで、まずは「機能改善体操の考え方」についてお話しさせていただきました。
NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会が目指す「自立と自律」。自分の身体は自分で整えるという機能改善体操の考え方に真剣に耳を傾けてくださいます。
「身軽」に「気軽」に「手軽」にできる体操を体験していただくと、本当に簡単な体操なのに、どんどん身体が変わっていくことに皆さん興味津々。

簡単なほぐし体操をしただけでも「身体が楽に動く」「ポカポカする」「腕や足が長くなったみたい」などの声が上がり、身体への気づきが高まっていきます。
身体がほぐれてくると、心もほぐれていくようですね。
周りの方々との関りも自然と増えていきます。

機能改善体操は身体をほぐすばかりでなく、日常生活に必要な可動性・安定性を高める体操も入っています。
そこではちょっと力を使って適度に頑張ります。

そして最後には日常生活の動きに近い協調性の体操を行います。

今回の宇陀市でのセミナーは1回目は「膝・股関節予防改善編」、2回目が「肩こり予防改善編」、3回目が「腰痛予防改善編」で開催しました。
皆さん学んだことをおうちに持ち帰り、すぐに実践して下さったようです。
また、「ご家族や友達にも教えたいから・・・」と、セミナーで使用したミニボールの購入希望もとても多かったです。

身体が整うと心も軽やかになることを実感していただけたのではないかと思います。

毎回のセミナー終了後の後片付けは、参加者の皆さんが手分けをしてテキパキと片付けてくださいます。
困っている方がおられたら自然と手を差し伸べる方々もおられ、見ている私も心が温まる思いでした。
お互いが心地よく暮らしていくには、それぞれの状況を受け入れ、助け合い、協力し合える「社会的な健康」の大切さを感じるセミナーとなりました。

地元の方どうし、このセミナーを通して知り合いが増えていき、地域の繋がりが深まるといいなぁ・・・。

次回、2020年3月にも開催させていただくことになりました。
機能改善体操を通して、多くの方にセルフコンディショニングの重要性をお伝えしていきたいと思います。

レポート:井上 明美

受講生のお声
匿名
今までウォーキングを2年していますが、これからは、マラソン目標5㎞を目指したいので今回のエクササイズを活用します。
匿名
幸いにして身体が思うように動いていますが、各部分の体操等をすれば更にその良さが自覚できるように思います。
匿名
座る時は座骨を確認。肩甲骨を意識する。食卓につくとき、ガラス窓に自分をうつし姿勢を確認する習慣づけを行います。

【東京】第3期リズムキネシス®インストラクター養成コース 2019年11月23日(土)、24日(日)

2019年11月26日

2019年11月23日(土)&24日(日)東京で初めてのリズムキネシス®︎インストラクター養成コースを開催しました。

12名のご参加をいただきましたが、北海道からの参加が4名もいらっしゃって、また、関東東海からの参加の方々もいきのび協会のコンテンツ、ボディキネシス®やアクアキネシス®、3軽エクササイズ、フェスタの参加から興味を持っていただいた方が多く、本当に嬉しく思います。

機能改善の考え方をのせる船(コンテンツ)は、ボディキネシス®︎、機能改善ヨガ、アクアキネシス®︎・・・いろいろありますが、日頃の講師の方やスタッフの方々のコツコツ発信やアウトプットのおかげで新しいコンテンツであるリズムキネシス®︎にもつながっているのだと思います。12名の受講生の方々からもそれをよく感じることができました。

今回は、介護の世界の方から、地域で指導する運動指導者の方、フィットネスクラブやスイミングスクールで活躍される指導者の方々と、本当にバランスよく様々な視点で交流できる仲間だったように思います。

1日目の段階であっという間に皆さんムードよく溶け込んで、コーディネーション系のプログラムゆえに、脳をかなり使うことから最後はかなり疲労困憊しましたが、2日目はスッキリ、さらにテンションアップで、指導練習、プログラム作成にも取り組んでくださいました。

今回は、30分の椅子に座ってできるリズムキネシス®︎もご紹介したので、アレンジを取り入れたプログラム作成がよりスムーズにやりやすかったようです。

筆記試験も全員問題なく合格。きっとすぐにアウトプットしてくれるのではないかと楽しみにしています。

今回の養成コースの様子は、Youtubeにもアップしましたのでご覧ください。

リズムキネシス®︎は、介護予防のプログラムとしてだけでなく、企業研修においての人との関係づくりにおいても有効なプログラムです。子供から高齢者にまで対応できますので、今後もっともっと力を注いで展開したいと思っています。

今回は、リズムをとることや音楽に合わせて動くことを指導するのも初めての方がいましたが、ドギマギしながらも最後には、雰囲気よく指導ができる形になっていたように思います。これからどんどん現場でアウトプトすることでさらに指導力もついてくることでしょう。

第4期は大阪で2020年2月8日&9日 詳細&お申込みはこちらから

第5期は愛知で2020年5月4日&5日(詳細準備中)

上記開催予定です。

レポート:尾陰 由美子

受講生のお声
匿名
大変よかったです。 実際の現場に活かしていきたいですが、まだよく理解しきれていない部分が多いので復習して自分のものにしていきたいと思いました。 リズムウォーキングのパートとリズムコーディネーションが混ざって混乱状態。 楽しく、丁寧なご指導ありがとうございました。
匿名
身体がポカポカ温かくなるのを感じました。親子体操やママエクササイズでも是非、つかわせて頂きます。 2日間、楽しい時間をありがとうございました。
匿名
リズムの概念が広がりました。 活動に取り入れて行きたいと思います。 ありがとうございました。

【東京】第18期ボディキネシス®インストラクター養成コース(肩編)2019年11月17日(日)

2019年11月21日

2019年11月17日東京代々木公園・代々木八幡にあるスタジオ
「レンタルスタジオスペースセレンディピティ」にてボディキネシス®インストラクター養成コース(肩こり改善編)が開催されました。
講師は、東京支部 高橋友見子、茂木伸江が担当。
今回の様子は茂木がお届けします。

10月の腰痛改善編から引き続きご参加の方、また今回からのご参加の方もいらっしゃいました。
遠くは宮城県や岐阜県、群馬県、栃木県からのご参加ありがとうございます。

また、ボディキネシス®インストラクター認定を目指し、昨年のコース受講から未受講のコースに参加された方もいらっしゃいました。
目標に向かって投げだすことなく時間をかけて達成される姿に立ち会わせて頂くのは、講師側としても心から嬉しいです。

ボディキネシス®(機能改善体操)は、
自分で腰痛や膝痛、肩コリを解消したい。。。
自分で姿勢を改善したい。。。
自分で簡単な体操やストレッチ、筋トレで解消できたら。。。
身体の痛みや不調で困っている家族や友人、大切な人のために私が健康のお手伝いをできたら。。。
いつまでもハツラツと元気に過ごしたい!

「自分の健康は自分で守る」「自分の身体は自分で整える」
  こんな想いを叶えてくれるのが『ボディキネシス(機能改善体操)』です。

日常動作の座り方、立ち方、歩き方などを見直して、腰痛や膝痛、肩コリの原因を解消します。
今回開催となったボディキネシス®インストラクター養成コースは、スポーツ施設はもちろん、家、ちょっとしたスペースで場所を問わず簡単に出来る体操やストレッチ、筋トレの方法を学ぶことができます。

 

コースでは、ボディキネシス®の考え方、肩周りの構造を知り、モデルレッスン体験、エクササイズの解説、指導練習、プログラミング、グループでの発表と進んでいきました。
盛りだくさんの内容です。
 

10月からご参加の方は、コースの雰囲気にも慣れ、リラッスクしながら時間を過ごせたのでは?と感じました。
大きく変わったのは、受講者の皆さん、学ぶポイントを掴んできている!

それは、頂く質問の質が前回と変わってきたと言うことです。
その中に一つに、前回の腰痛改善編のプログラムを現場でアウトプットされ、そこから出てきた疑問・参加者の声からの質問を頂きました。

学びのスタートはアウトプットとも言われています。
インプットしたことをアウトプットすることにより
初めて自分のものになろうとしていく。

指導の現場でどう取り込んでいくか?・・・
これ、ステップアップするために一番重要と言ってもいいかもしれません。
指導の現場をまだ持たれていない人は、まずは自分で毎日実践し続けたり、家族・友人に練習台になってもらったり・・・
これもアウトプットと・・・

アウトプットが最大のインプット

と会長の尾陰もよく話していますが、まさにそれを実践されてきている。
お伝えさせて頂いた側として、とても励みになります。

来月は膝痛股関節痛改善編をテーマに進めていきます。

どんな声を聞かせていただけるか今からとても楽しみです。
現場にお役に立つ内容を来月も高橋・茂木のコンビでお伝えさせて頂きますね。

運動習慣の有無に関わらず
誰でもどこでも簡単に取り組みやすいセルフコンディショニング「ボディキネシス®(機能改善体操)」の学びは超高齢社会を迎えている日本を元気にしていくものと考えています。

今後の全国のボディキネシス®(機能改善体操)インストラクター養成コースの開催スケジュールはこちらから

レポート:茂木 伸江

 

【東京】機能改善ヨガベーシックインストラクター養成コース 2019年11月3日(土)、4日(日)

2019年11月19日

11月3日(日)、4日(月•祝)に東京にて機能改善ヨガベーシックインストラクター養成コースが開催されました。

目の前に代々木公園の緑が広がる心地よくヨガがおこなえるスタジオです。

東京での機能改善ヨガインストラクター養成は2年ぶりの開催でした。

今回は9名の受講者の方々は、ヨガ指導は未経験の方やフィットネスインストラクターの方、すでにヨガ指導をされている方、指導現場はそれぞれです。

この開催をずっと心待ちにしてくださっていた方、中には以前にヨガに挫折をしたという方もいらっしゃいました。

受講のきっかけは「現場で機能改善ヨガをはじめたい」「パーソナルのクライアントさんに伝えたい」「ヨガのクラスに活用したい」と皆さん明確な目標を持っていたので、意欲的で集中力のある2日間となりました。

初日は機能改善ヨガ概論からスタートです。

機能改善ヨガとは「ヨガ本来の効果を引き出すために機能改善体操を行ってポーズを取りやすくしていきます」を学びます。

モデルレッスンで実際に動いて体感をすることで、「お〜」「なるほど」「変わったぁ」と

体操を行うことで身体の変化があり、ポーズの取りやすさを感じることができました。

呼吸の役割や呼吸法の学びは、ワークを交えながら実際に呼吸の深まりを感じることができていました。

機能改善ヨガの習得は、ヨガのポーズをまず練習します。

苦手なポーズも練習を重ねることでどんどん上手になっていきます。

もう一つ大切なことポーズを取りやすくする機能改善体操も学びます。

その体操の目的は何か?実際に動いて自分の身体で感じるそして伝え方を練習していきます。

ペアワークでポーズも体操も繰り返し練習をして、お互いにフィードバックを送ることで確認しあい理解が深まり、たくさんの「気づき」がありました。

  

2日目もポーズの練習と機能改善体操を伝える練習です。

初日よりもポーズも伝え方もスムーズになっていました。

最後はグループになりレッスン形式で発表を行いました。

全員がいきいきとした表情でインストラクションできていました。

 

筆記試験も全員無事に合格できました!

2日間の感想とどのようにアウトプットしていくかを全員でシェアをしました。

体操することでヨガのポーズが取りやすくなる機能改善ヨガの心地よさが分かり人に伝えたい。

ヨガが苦手だった方もこの2日間で自信がついて、ヨガが好きになったなどの感想がありました。

充実感と開放感で最高の笑顔で集合写真をパチリ!

翌日から「早速アウトプットしました」とのご報告も続々と届いています。

さらに今後のスキルアップにも参加しますの声もいただいています。

機能改善の和が全国に広がっていくように、たくさんの方と繋がっていけるようにたくさんの方に伝えていきたいと改めて思えた2日間の養成コースになりました。

レポート:菅野 博美

受講生のお声

2日間は楽しく受講できました。ボディキネシスを活用できるヨガはとてもわかりやすく楽しく、苦手意識のあるヨガも好きになれそうです。またスキルアップ参加したいです。
待ちに待った東京会場❗ 逃してなるものかと張り切って参加しました。 ありがとうございました❗
とても分かりやすく為になる講習でした。ありがとうございます。