いきのび協会ブログ

腰痛、肩こり、若返りには、背骨をほぐすのが効果的!

2019年11月25日

フィットネスインストラクターとしての最初の活動の拠点は大阪、現在の活動の拠点は東京新宿周辺になっている茂木伸江です。(関西弁は健在ですよ。)

身体が硬いですけどいいですか?

現在は機能改善ということをテーマにスタジオプログラムからアクアエクササイズ、サスペンションエクササイズ・・・などを指導しています。
ここ最近、運動習慣のある方から運動習慣のない方まで色んな人に声をかけられることが増えています。(嬉)
「私も運動を何かしたいと思うのですが、身体硬いですけど、できますかね?」
という質問が非常に多いのです。

「身体硬いですけど・・・」

この言葉!
目の前の貴方もはい!と頷いていますか?

身体が硬いと運動はもうできないと思ってしまうのでしょうか?
運動指導者の私としては、

茂木
「もちろんです!身体が硬いと感じるから、なお運動しましょう!」

と大きな声でお返事します。

身体が硬いってどんなことが起きている?

身体が硬いと感じるとき、どこが硬いと感じますか?
その質問をしてみると
「背中」「腿の裏」「肩周り」「足首」ざっくりと「筋肉」・・・
などなど言葉が返ってきます。

何がどう硬いのか?
ひと昔前は、「筋肉が硬い」という表現がありました。

もちろん筋肉自身が硬いってこともあると思いますが、

筋肉の周りを薄く覆っている筋膜、関節胞など関節を取り巻く様々な組織も硬くなっています。
筋膜が硬いとその内にある筋肉が動きにくいというのは想像がつくと思います。

そして

身体が硬いと血液循環が悪くなり(血行不良)

身体が硬いと老廃物が溜まりやすく、

身体が硬いとリンパの流れが悪くなることも・・・

身体が硬いと疲れやすくなる、
そして、怪我もしやすくなる
怪我をすれば、安静となり動けない時が出てくるので、
身体の代謝も落ち、太りやすくなる・・・

うわ〜〜〜恐ろしい悪循環
この悪循環はつまり「老化」と言ってもいいと思います。

「老化」という言葉を聞いて、

ギョッ

これは困ります。
どうしましょう?

この悪循環を断ち切っていけばいいのです。

断ち切れば、

血行が良くなり、老廃物は流れやすくなり、リンパの流れも良くなる。

疲れにくく、怪我も少なくなり、太りにくくなり、代謝がアップする可能性も!

良いことだらけ!!

つまり「若返り!」

できれば辛いことなく、楽しみながら悪循環を断ち切り、
腰痛・肩こりが改善され、若返りたい!

そして、時短で、簡単にできるのが一番!

悪循環から抜け出す方法は?腰痛・肩こりが改善され若返る方法は?

凝り固まった筋膜をほぐす、関節周りの様々な組織をほぐす・・・そして、ストレッチにより筋肉の柔軟性を引き出していく
筋膜って全身に覆われているのです。自分(セルフ)で全身をほぐすのはハードルが高いという方多いともいます。

なら、
優先順位をつけてみては?

優先順位をつけて、まず背骨をほぐす

一つの提案として、背骨周りをほぐす

何故に背骨?

背骨は、私たちの身体の軸となる軸骨格
背骨の作りを見てみましょう。

図を見てみると、
鼻の骨の裏側あたりから、尻尾の退化した骨「尾骨」まであります。
(手で触ってみてもいいと思いますよ)

大まかに頸椎・胸椎・腰痛・仙骨・尾骨
と分けられますが
この背骨の動きは、肩関節・股関節両方と大きく関わってきます。

つまり、背骨周りがほぐれると
肩周りも解れやすい、股関節の動きも出やすいことに。

もちろん、その他の関節も解すこともオススメします。
全部できたらそれに越したことはないですが、
優先順位は背骨周りをほぐすという理由はここにあるのです。

NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会では、
自分で(セルフ)ほぐす事をお勧めしています。

自分の身体のことを自分で動かしてみると脳の働きは活発になります。
自分の身体に対しての感度(体感覚)はぐっと上がります。

つまり、自分で自分の面倒を見ることは

「脳が若返る!身体が若返る!」

優先順位をつけるなら「背骨からほぐす」➡️「ストレッチで背骨の動きを引き出す」

この続きは(ほぐれたところからストレッチで背骨の動きを引き出すこと)次回に書いていきますね。

お楽しみに〜〜〜

 

自分で(セルフ)できるほぐし体操は…

NPO法人いきいきのびのび健康づくり協会で学ぶことができます。

◆3軽エクササイズ®︎(機能改善体操)セミナー

目的別(腰軽・肩軽・膝軽)90分❎3コマ
一般の方からこれから運動指導を始めたい、機能改善体操を気楽に学びたいという方にオススメ
全国のセミナー開催スケジュールはこちら

◆ボディキネシス®︎(機能改善体操)インストラクター養成コース

運動指導を始めた方から運動指導者にオススメ
全国のコース開催スケジュールはこちら

◆機能改善のための解剖学コース

背骨の造り、身体の造り・仕組み(解剖学)を詳しく知り、ボディワーク・機能改善体操の理解を深めたい方
全国のセミナー開催スケジュールはこちら

 

ヨガスタジオに鏡は必要?

2019年11月1日

いきのび協会 ヨガチームの橘千鶴です。

鏡に写った自分を見ながらヨガをしたほうがいい?

ヨガスタジオには鏡がついていますね〜


かっこよくポーズができているのか?
先生のポーズと同じようにできているのか?
姿勢はどうなっているのか?
など気になることもありますね!
まだまだやなぁ〜と落ち込んでみたり・・・
隣の人と比べて自信をなくしたり・・・

ヨガで一番大切なこと

一言で言うと「気づき」です。

右の肩が凝ってるなぁ・・・
首の後ろに張りがあるな・・・
左腰に違和感があるぞ・・・
左脚の方が上がりにくいな・・・
立った時、小指体重になってるな・・・

自分の体に意識を向けることで、気づけることがたくさんあります。

「失体感症」って知っていますか?

失体感症とは、
疲労感、緊張感、身体疾患症状など
身体感覚への気づきが乏しいという
心身症患者の特徴を示した概念です。

具体的な「失体感症」の特徴

空腹感や眠気などが感じられない
◎疲労感など、体からの警告に気づかない
◎身体疾患に伴う自覚症状がない

これらの感覚が麻痺しているだけでなく、
それを表現したり、適切に反応することも難しくなっているようです。

「私、肩こりなんてなったことないです!」
という人の肩を触らせてもらうとカチカチ!!
なんてこともよくあります。

気づくため(体感する)ためには・・・

自分の体への意識が大事です!

◎呼吸に意識を集中する
◎ヨガの完成ポーズに行くまで(準備運動)の段階でも、体の状態を意識する
◎ヨガのポーズをとった時の体の感覚に目を向ける

鏡を見ながらでは、自分の体の感覚に集中することが難しくなります。
なぜなら、意識はずっ〜〜と外側に向いているから・・・

気づきを感じるためのオススメな体操

ヨガのポーズを行う前にボディキネシス®(機能改善体操)を取り入れることで、体の気づきを高めやすくなります。
こちらから、機能改善体操がどんな感じか見てみてくださいね。

ボディキネシス®(機能改善体操)を通して
筋肉を緩める、伸ばす、出力を上げる時など
それぞれの段階で自分の体の現在の状態、
そして体操の後の変化した体の状態
に気づきやすくなります!

機能改善ヨガで気づきを深めよう!

ボディキネシス®(機能改善体操)を取り入れたヨガ

機能改善ヨガは、初めての方にも気づきを深めることができます。

自分のクラスに来られた方の声

ねじりのポーズの時、右へのねじりがやりにくいことに気づいた。
肩が軽くなった!ことに気づいた。足裏のほぐしを行った後、しっかり立てる感じがする。
呼吸が深まった!今まで浅かったことに気づいた。
手が暖かくなっていた。

 

機能改善ヨガを習得したい方へ

機能改善ヨガベーシックインストラクター養成コース開催します。

【東京会場】
2019年11月3日(日)、4日(月)
会場:レンタルスタジオスペースセレンディピティ
詳細・申込⇒https://www.ikinobi.org/info/trainer/13755/

【京都会場】
2019年11月3日(日)、10日(日)
会場:フィットネスサロンFG
詳細⇒https://www.ikinobi.org/info/trainer/14062/

鏡がなくても楽しめる機能改善ヨガで、気づきを深められると、ストレスから起こる心身症も予防できますね!!

健康意識を高める地域サークル・社内同好会の発足!

2019年10月21日

短い銀行員生活から運動指導を始めて28年になろうとしている東京支部の茂木伸江です。

 

健康な身体づくりのための基本は?

私が運動指導者になるために、インストラクター養成コースに3ヶ月まずは通いました。
そこで初めてフィットネス概論というテーマの講義を聞いた時、

健康な身体づくりの基本は何?と言う質問がありました。

答えは?

この答え、実は昔も今も変わりません。

「運動・栄養・睡眠」

この3つなのです。

 

私が運動指導者になった頃の日本国民の平均寿命は「男性75・92歳、女性81・90歳」
現在(2018年)は、「男性81・25歳、女性87・32歳」

30年近くの間に確実に延びています。
そして、これから先も伸び続け、人生100年の時代に突入です。

寿命が延びたことは決して悪い事ではありませんが、
この長くなった人生、多くの人が健康で、元気で、自分の行きたいところには自分の足でどこでもいける、自分のやりたい事は不安なくできると言う自立度の高い人生を送れることが理想。

運動サークルの発足は健康意識を高める近道

私の周りでは、食べ物に気をつける人、睡眠に気をつける人、
また運動を始めたいと言う人、始めたと言う人が出てきています。

また自分の健康だけでなく、周りの友人知人、社内で一緒に働く人が共に健康で、生涯自立度の高い生活をしていこうと
「運動サークル」「健康サークル」「健康同好会」「体操サークル」・・・と言う
「運動」「体操」を切り口にした健康を自分たちの手で獲得しようと自主サークルが発足されています。
退職してから運動を始めると言うのではなく、子育てがまだある、まだまだ定年までは月日があると言う働く世代、日常生活はまあまあ普通に動けるときに、先々のことを考え、運動を切り口に身体づくりをしていく。

このまま寿命が伸びれば、定年の年齢も上がっていくでしょう。
70歳までは普通に働くことに・・・
となると退職して、時間ができてからの運動では生涯自立度の高い生活のための身体作りには間に合うのか?

答えは、なんとも言えませんが、早いにこしたことがない。
歳を重ねてからの運動ももちろん効果もありますが、若い世代の時に取り組む方が運動効果が出るのは早いのです。
これは誰もが想像がつくでしょう・・・

自主的に運動サークルが発足していくこと
運動指導者の私としてはとても嬉しい事です。

それがたとえ月1回としても、私は身体が変化をすると感じています。

自分の身体に対して意識を向けるようになる。
運動をしている時間だけでなく、普段の歩き方、姿勢を意識することも出てくる
人によっては食べ物についても考える、また食べ物について調べ、それを実践する
サークルの時のコミュニティーが増えるだけでなく、運動をしていることを誰かに話すことで、会話が増える・・・

月1回サークルの発足により、このような行動の変化が出てきます。
これをコツコツ重ねていけば・・・
何もしないで過ごす半年後、1年、3、5、10年とサークルに参加し、運動を取り組む半年後、1年後、3、5、10年は全く違うと思いますよ。

身体が動きやすくなる=身体的に良好

気持ちがいい!楽しい!達成感を感じる=精神的に良好

周りとの関わりができる=社会的に良好

このワードはどこかで聞いた事はないですか?

はいはい!
そう!

世界保健機関(WHO)憲章前文 

健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。 

お〜〜むか〜し、中学生ぐらいには習っていると思います。(笑)
運動自主サークルの発足は、健康への近道なのです。

運動サークルのための無理なくできる体操・効率の良い体操・理になかった体操

では、どんな運動を始めますか?

走る?
ウィーキング?
ストレッチ?
ラジオ体操?

どれも悪くありませんが、きついと感じる人もいるのでは?
怪我なく安全に誰もが取り組みやすい、そして、場所を問わずにできる、簡単にできる!
そんな体操がありますよ。

それが、当協会がオススメしている

機能改善体操(ボディキネシス・3軽エクササイズ)

①重力から解放して強張った身体をほぐす
緩める「ほぐしエクササイズ(体操)」
②関節に必要な可動性、安定性をだす
引き締めエクササイズ(体操)」
③様々な関節をタイミングよくスムーズに動かす
滑らかエクササイズ(体操)」

一般の方からご参加できる「3軽エクササイズ®︎(機能改善体操入門)セミナー」目的別90分

ボディキネシス®︎(機能改善体操)インストラクター養成コース」目的別1DAY

で学ぶことができますよ。
誰でも、簡単に、時短で、効率良くできるセルフコンディショニングを当協会では発信しています。

☑️自主サークルが発足されたけど、運動指導者がいない!って時には、自分たちでやってみるってのもありです。

3軽エクササイズ®️(機能改善体操入門)セミナーの内容がオススメ。

☑️自主サークルからもう一歩深く踏み込んで、もっと数多くのエクササイズを取り組みたい

ボディキネシス®︎インストラクター養成コースの内容がオススメです。

転倒予防には、まずは足底(足裏)センサーにスイッチを!そして簡単な体操を

2019年9月17日

NPO法人いきいきのびのび健康づくり協会東京支部・三重県伊勢市出身の茂木伸江です。

 

何もないところでつまずいて、転んだ事(転倒)はないですか?

何もないところでつまずいて、
転倒、擦り傷を作った、
服に穴が空いた、
手をついて手の甲にひびが入った、
それどころか骨折をした・・・

っていう経験はないですか?
またはそんなことを聞いた事はないですか?
あるあるある〜って声が沢山聞こえそうです。

実は…
転倒は介護が必要となる原因の上位に入っています。
軽視する事はできません。

なぜこんな事が起こってくるのでしょう?
加齢、筋力の衰えだという人が多いです。
もちろん、それも含まれるでしょうが、

体感覚、特に足底(足裏)の感覚が鈍っているとも言えますよ。
歩くときには、まず足底が地面に着地します。

その時に、足底にあるセンサー(固有受容器・メカノレセプター)が地面の情報を瞬時に脳へ送り、
そして三半規管からの情報など・・・
様々な情報をもとに脳からの指令で、
私達はバランスよく立つ・歩くということが本来は無意識に行われています。

何もないところでつまずく事、転倒するという事は、
本来送られるはずの情報が送られていない?
情報をキャッチできていないかも?です。


このメカノレセプターという固有受容器は、身体の様々なところにあります。
関節にもあって、今の関節角度、筋肉の伸び縮み具合・・・
などの情報を脳へ送っています。

足底にはこのメカノレセプター(固有受容器)が他の部位よりも沢山あります。

今そこで、1分間。
スモールボール・テニスボール・ゴルフボールなどを足底で転がしてみたり、
手で足底をもみもみとマッサージしてみたり、青竹ふみをしてみたり・・・

すると

足底の感度は一気に良くなります!
足底の大きさが大きく感じる!
しっかりと立っている感覚がある!
とても歩きやすい!
足底で地面を蹴る感覚が感じられる!ようになります。

何もないところでつまずく、転倒する事を予防・解消するためには、
まず誰でも、どこでも、時短で、簡単にできる足底の刺激を〜茂木からは提案しますよ。

簡単なセルフコンディショニングでも脳の活性化に繋がります

さあ、このボールコロコロエクササイズ(フットスライド)

これも「セルフコンディショニング」

自分の身体のお手入れ。自分でやってみるからこそ価値があります。
自ら取り組む事は、すでに自分の脳を働かせています。(=脳の活性化)

フットスライドのような簡単な体操ならできそうじゃないですか?
簡単な体操だから、周りの方、家族の方にも勧めることができるのでは?
フットスライドで脳にスイッチ!足裏センサーにスイッチ!
歩きやすい身体へ

さらにつまずき予防に柔軟性・筋力アップに繋がる体操を

足底(足裏)のセンサーにスイッチが入り、
感度の良い身体になった後は、
安定感があり、滑らかに動く身体が理想です。

❒関節に必要な可動域、安定性、筋力アップのための簡単な体操
          ⇓
❒足首・膝・股関節がタイミングよく動く簡単な体操
ここまでくると
足首・膝・股関節の動きが滑らかになり、つまずきにくい身体へ変身!

 

まとめ:転倒・つまずき予防の体操にオススメの体操

①足底(足裏)センサーにスイッチを入れる体操
緩める「ほぐしエクササイズ(体操)」
②関節に必要な可動性、安定性をだす
引き締めエクササイズ(体操)」
③様々な関節をタイミングよくスムーズに動かす
滑らかエクササイズ(体操)」

一般の方からご参加できる「3軽エクササイズ®︎(機能改善体操入門)セミナー」目的別90分

ボディキネシス®︎(機能改善体操)インストラクター養成コース」目的別1DAY

で学ぶことができますよ。
誰でも、簡単に、時短で、効率良くできるセルフコンディショニングを当協会では発信しています。

愛犬と過ごす生活を愉しむために~教育者から学ぶ~

2019年9月13日

皆さん こんにちは。
窓からの涼しげな風で目が覚めます。日に日に秋を感じる季節になりましたね。
長野支部の林部です。

昨年の10月から犬を飼っています。
犬と生活を始めてから、もうじき一年ですが、この一年の中で、犬から沢山の愛情をもらって、家族ひとりひとりが健康でいる大切さを感じている日々です。
今日は、家族がいつまでも健康で、愛犬と楽しく暮らすために、過ごしていける秘訣をテーマとしました。
日々心がけ実践していることを綴らせていただきます。

「“はじめまして”自己紹介~犬・茶子との出逢い~」

テカテカに光る真っ黒な犬ですが、名前は「茶子」です(笑)
犬種はラブラドールレトリバー。6月生まれの女の子。
現在1歳3カ月。人間の年齢でいうと15歳くらい。
成長の過程はまだ子犬ですが、体型は大型犬に属しており、体重29キロ~30キロほどある、重たーい女子です。

「いつか山の近くに家を建てて、大型犬を飼いたいね~。」
「庭で放し飼いできる広い敷地がほしいな~。」
「ん~大型犬なら?」
「黒のラブラドールがいいなぁ。」
「でも、なかなかいないからなぁ~」と時々話をしていた小さな夢。
ブリーダーさんを紹介してもらうためにはどこをたどればいいのやら?と、具体的なことになるとそこで話が切れるという←あるある話。

そんな中、夫が全く行かない見向きもしないペットショップへふら~っと立ち寄った日。

生後3カ月を過ぎた茶子がいたという・・・。
はい。すぐさま契約サイン!

彼に、即座にネットで調べて行ったのか?
問い詰めましたが、応えはNO。
彼は満面の笑みで「俺が唯一、一目ぼれした女の子!!」(笑)
「茶子とは出逢うべき運命!!」だと口癖のようにいいます。

この日から大切な命を受け継ぎました。
そして何よりも、茶子の存在。茶子の愛情を受け継いだと思っています。

「しつけは何のためにやっているのか? 」

我が家の一員となってくれた茶子。
表情やしぐさがとても無邪気で、素直で、お転婆で、人が大好き、遊ぶことも大好き。
生後数か月の犬を飼うのが初めてだった私は、これからの茶子へ何を教えたらいいのか?
どのように信頼関係を築いたらいいのか?
正直わからなく、それは大変でした。

茶子が生後7か月くらいになった時、しつけ教室を手あたり次第探し、私に合った学校を見つけ、現在トレーニング中です。

トレーナーさんは私に
「しつけってなぜ必要だと思いますか?」
「犬と暮らしている=困っているってどうして? 夢が叶ったのに、犬を預けることをして嬉しいですか?」と聴いてくれました。

また、困っていることに対し「叱る」のではなく、「どのようにしたら困らなくなるのか?」と考える、考え方について話をしてくれました。

「しつけをする=何のためにやっているのか?ここが大事です。目的・そしてゴールがあること。目的に対する考え方の意味を理解し、そのプロセスを大事に築いていくこと。それをするのが、家族・飼い主さんと茶子です。犬のことをたくさん知って、勉強して、犬と遊ぶことを学びましょう。」と言ってくれました。

飼い主ではない僕が茶子をしつけしたところで意味がありません。
僕は、教育者です。と話をしてくれました。

「家族が健康で過ごす秘訣:あたりまえにできること~結果よりプロセスの大切さ~」

徹底的に「アジリティトレーニング=しつけ」「アジリティトレーニング=犬と人間が楽しむ遊び」の実践が始まり、ひとつひとつ時間をかけてやっています。

「犬という動物。」人間も動物。動く動物。動くことで学習する生き物。

犬も人間も動く機能が備わっている。
独自にある秘められた可能性(犬種の特徴)があり、そこに楽しさ喜びが生まれることで学習する、覚えることをする。
遊ぶことで、五感の鋭さ、認知力・筋力が備わること。

愛犬と楽しく暮らすための秘訣は、遊びがあるか?ないか?で違いがあることを学んでいます。

 

また、犬の体重管理/食事についても、飼い主が考え管理をするしかない。
自分ごとに考えない。なぜならば、人間以外の動物は、食欲というコントロールができないから。

茶子が満たされる環境は、これからの茶子の身体づくりに負担を増やすだけなので、ダイエットの考え方「欲を我慢させず、欲がでるダイエット法」を実践しました。
まず、量を調整。
次にタンパク質やビタミンを摂るために、ささ身や温野菜を取り入れました。
茶子にとって食事が嬉しいひと時になるよう工夫した結果、減量は成功。

目標体重まで落としましたが、これで良かった。ではなく、これが“あたりまえ”だという事。

私達、飼い主があたりまえにできることってあるのか?

できていないことが多い事に気づきます。

これからの未来。

家族全員がいつまでもいつまでも楽しく暮らすために、過ごしていけるように・・・。
茶子が地域の人と共同生活ができる社会性を高めるためにも、あたりまえにできることができるように、一日一日を楽しみます!

大阪・東京開催決定!高齢者に大人気の介護予防のための椅子ヨガセミナー

2019年9月4日

こんにちは〜
橘千鶴(たちばなちづ)です。

先日、久しぶりに飛行機に乗って愛媛県へ行ってきました!

NPO法人えひめ高齢者ヘルスプロモーション研究会のご依頼で、介護予防運動指導者養成セミナーを担当させて頂きました。
熱心な運動指導者の方々が集まって下さいました。

 

椅子を使った高齢者のための優しいヨガ

愛媛県での介護予防運動指導者セミナーのタイトルは
「椅子を使った高齢者のための優しいヨガ」

身近にある椅子を使って高齢者の方でも無理なく楽しんで頂けるヨガは、
膝痛や股関節痛がある方でも座ったり、立ったり、仰向けに寝たり、などのポジション変化が少なくて、安心して行えます。

また、機能改善体操(ボディキネシス®)を事前に準備体操として行うと、
腕が上がりやすくなったり腰が軽くなったり体幹に力が入るようになったり
からだの機能を引き出してくれるので、無理なくヨガのポーズが行えます。
受講生の皆さんも自身で体感!!
今回のセミナーで習得したことを現場で活用してもらえると嬉しいです。

介護予防として椅子ヨガはおすすめです

月に1〜2回、私が担当させていただいている介護予防教室での椅子ヨガ
毎回、参加希望者が多いです。

教室では、椅子でのヨガのポーズだけではなく、介護予防で必要とされている

「認知予防」
「誤嚥予防」
「転倒予防」
「失禁予防」

に対応する内容も取り入れています。

例えば、
手の指を使った脳トレ
顔ヨガで口を動かして唾液を促進。
また顎を動かすことで噛む力をつける
足指をほぐして足の機能を引き出す。
呼吸法で横隔膜と骨盤底筋群を活性させる。

など・・・

機能改善ヨガスキルアップセミナーとしての「椅子ヨガ」

NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会主催の「椅子ヨガ」は、機能改善体操を取り入れて、からだの機能を引き出しながら椅子ヨガを行います。
また、認知予防、誤嚥予防、転倒予防、失禁予防にも対応できる内容となっています。

運動指導者はもちろん、指導経験のない方でも家族のため、介護予防を必要とされている周りの方のためにと受講していただくことが可能です!

高齢者の方々の笑顔を一人でも多く引き出したい!
高齢者の方々の自信を取り戻すきっかけにして欲しい!
こんな思いで椅子ヨガ講師を担当させていただきます。

<2019年度の開催>
○大阪府○
2019年11月10日(日)詳細はこちら

○東京都○
2019年11月23日(土)詳細はこちら

 

〜愛媛での番外編〜

これ、ずっとやってみたいと思っていたこと(笑)

 

蛇口からみかんジュース!
やっぱり美味しかったです!

肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛を解消し、気持ちよく動くことができる身体へ

2019年8月26日

いきのび協会 東京支部の茂木 伸江です。

スキンケアの順番知ってる?じゃぁ、ボディケアの順番は?

毎日、スキンケアしていますか?
多分、多くの方から
「最低限ですけど」「まあ」って言葉が返ってくるのでしょうか?

中には、いやいや

「月1のエステは欠かせません」
「このお化粧水・このエッセンスが大事」と結構時間とお金をかけている方もいらっしゃると。

そして、スキンケアのために
何から始めますか?
洗顔をしてからお化粧水ですか?

まさか!?

洗顔をしないでお化粧水というかたいらっしゃるかしら?
栄養クリームから?ん???え~~~!

多くの方は洗顔をするでしょう。
そして、お化粧水の次は?
その次は、そして次・・・・
最後にはこれでしめるなんて言う流れですか?

お化粧品の販売員の方は、

まずこちらをこの量で、このようにつけていきますよ・・・
なんて教えてくれたりします。

とりあえずそう教えてもらうと自宅でそれを実践。
その結果、お肌の調子が上がり、つややかになり、きめ細かになれば、
もう貴方はそのお化粧品の虜ですね。

これは続けよう!と・・・で、より良い肌をなるべくキープ、良い方向へとスキンケアを実践!

さらに他の人から、「お肌が綺麗ね〜〜〜」
「最近、何かしてる?」
なんてこと言われたら・・・
ますます気分は上々↗︎

変化はモチベーションを上げますね(笑)

では、自分の身体、ボディケアは?自分で整えてますか?
身体を自分で整えるセルフコンディショニングは何から始めていますか?
多くの方が「特に何も・・・していない」と返ってくるかな・・・ですね。

でも、中にはこれだけは毎日欠かさずやっています。
とストレッチであったり、歩数を気にしたり、テレビでやっていた、また本屋さんで出回っている体幹トレーニングの一つをやってみたり・・・

自己流でやってみて、セルフコンディショニングの効果のほどは?

実は、自分の身体のお手入れ(セルフコンディショニング・セルフケア)のことを知っている人は僅かです。
とりあえずこれだけというのは、
スキンケアでいえば、洗顔だけ・・・ってことと同じです。

それだけでは足りないと思いませんか?
足りないと分かっていてもよくわからないし、難しいことは無理、時間がかかるのもダメ、きついのは嫌だ・・・いろんな声が聞えそう。
でも、
時短で、簡単で・理にかなっていて、効果を感じることができるエクササイズ(体操)ならどうですか?

肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛と上手く付き合い、気持ちよく動くことができる身体へ

それが、ボディキネシス®(機能改善体操)なのです。
エクササイズは順番と方法が大切(スキンケアと同じです。)

①まずはこわばっている関節周りを
緩める「ほぐしエクササイズ(体操)」

②関節に必要な可動性、安定性をだす
引き締めエクササイズ(体操)」

③様々な関節をタイミングよくスムーズに動かす
滑らかエクササイズ(体操)」

短時間でできるボディキネシス®(機能改善体操)!
機能解剖学をベースにしているボディキネシス®は理にかなったエクササイズ(体操)です

 

簡単です!だから継続できる!

例えば、・・・・
①背骨の一番上はどこにあるか?一番下はどこにあるか?知っていますか?

②肩甲骨はどこにあって、どんな形をしていて、どんな動きをするか?知っていますか?

③股関節の位置はどこか分かりますか?

④身体の中で一番大きな関節はどこかご存知ですか?

これを知って、骨・関節の動きをイメージしながら動くと実は動きの質は変わります
1回でも、そして継続すれば、なお肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛と上手く付き合い、気持ちよく動くことができる身体へ

これこれ、お肌のお手入れと同じなのです。
生涯自分の足でどこでも行き、やりたいと思うことができる自立度の高い生活を目指している方は手軽にできる・気軽にできるボディキネシス®(機能改善体操)でスッキリ身軽になりましょう!

ボディキネシス®入門セミナー、インストラクター養成コースを受けられる講習会情報は下記のとおりです。(2019.8月時点)
沖縄県

インストラクター養成コース

「腰編」 2019年9月7日(土)
「肩編」 2019年11月9日(土)
「膝・股関節編」 2019年11月10日(日)

デイフィットあいのわ糸満
大阪府

入門セミナー2019年9月8日(日)

からだの学舎Re-fit
東京都 入門セミナー2019年9月29日(日) SIN STUDIO
石川県 入門セミナー2019年10月6日(日) 野々市市交遊舎
長野県 入門セミナー2019年10月20日(日) フィットネスライフ南長野
大阪府

インストラクター養成コース

「腰編」 2019年10月20日(日)
「肩編」 2019年11月24日(日)
「膝・股関節編」 2019年12月15日(日)

からだの学舎Re-fit
東京都

インストラクター養成コース

「腰編」 2019年10月27日(日)
「肩編」 2019年11月17日(日)
「膝・股関節編」 2019年12月8日(日)

レンタルスタジオスペースセレンディピティ
滋賀県

入門セミナー2019年12月8日(日)

近江八幡イトマンスイミングスクール

登山で使う筋肉ってどこ?登山にオススメのトレーニングをご紹介

2019年8月8日

                        
  
こんにちは。
本日のブログ担当は、うめもとです。

                        

登山が大好きで、1カ月に1回はどこかの山に行っています。
7月は2泊3日で、長野県の八ヶ岳登山に行ってきました。
2泊3日なので、荷物もそれなりにカサが高くなり、重量も重くなります。
それを背負って山を歩くワケですから、それこそ!

〝どのように身体を使うか?〝
が重要ポイントになります。

私のザックです。40リットルあります。
背負うとこんな感じです。 
登山のザックは骨盤で背負うと言われています。
ということは、体幹(コア)の力も必要なのです。

これは、上りの登山道。
正しいストックの使い方を知っていると、ファンクショナル(機能的)に歩くことができます。
私の場合、特にハムストリングス(大腿部後面)、大臀筋(お尻)を意識して使って登ります。

ヒップアップにも効果的!
〝登りがあれば下りがある〝それが登山です。   

ブレーキをかけるように下るところもあります。  
特に、大腿四頭筋(大腿部前面)を使います。

膝にも負担がかかるのでそれを少しでも軽減する為に、体幹の引き上げる力も必要。。 

2年前に、右膝を痛めて、3回水を抜くという苦い経験をしました。 

・下りの時、自分の全体重を膝関節にかけてしまった。
・下肢のアライメント(股関節−膝関節−足指の鼻緒)のラインがずれて膝関節に負担がかかった。
・重心の位置が下がっていた(体幹の引き上げが弱かった)が原因です。

自分では、日頃からトレーニングをやっているから大丈夫!と思っていたのですが・・・ 
それがきっかけで、自身のトレーニングのやり方を見直しました。 
筋トレのやり方も、三次元に動くやり方に変えてやっています。 

ここでは、登山の為にもオススメの2種目のトレーニングをご紹介します。

■登山にもオススメ!体幹と内転筋群の強化トレーニング

特に、両脚を閉じる時に、内転筋群と体幹の引き上げ力を強化します。
内転筋群が使えると同時に骨盤底筋群も使えて、体幹を引き上げることができます。

 

■登山にもオススメ!脇腹の強化と股関節の可動域を広げるトレーニング

股関節の上に、上体をのせるようにして歩くと、自分でも驚くほど楽に歩くことができます。
それには、股関節の動きを滑らかにすることが必要。

このエクササイズを行うことで、登り下り共に、下肢への負担を軽減して歩くことができました。

〝登山の時って、身体のどこの部分をどのように使えばいいのか?〝
〝普段から、どのようなコンディショニングをすればいいか?〝
〝正しいストックの使い方を学びたい〝
〝正しいザックの背負い方を知りたい〝
〝自分に合った登山靴の選び方を知りたい〝

『登山の為のボディキネシス®︎』セミナーを開催したいと思っています。
私の登山の探求はまだまだ続きます。

 

 

ガンサバイバーにオススメの運動~ヨガでからだもこころもリフレッシュ~

2019年7月30日

協会ブログ、今回の更新は、橘 千鶴です!

ガンサバイバーとは

「サバイバー」とは、「生存者」という意味で、ガンの治療を終えられた方!
となりますが・・・
治療を終えられた方だけではなく、治療中の方、経過観察中の方などすべて含む「ガン体験者」の事を言うそうです。
昔は不治の病とされていたガンも検診の普及による早期発見や医療技術の進歩で生存率が向上したという経緯があります。
生存率が向上したことで、「再発の恐れ」「抗がん剤などの副作用」「手術後の社会生活への不安」「治療費など経済的な悩み」など、色々な問題(悩み)が出てきているようです。
2人に1人がガンになると言われている時代ですから、他人事ではないですね〜

自分らしく生きるために

実は私もガンサバイバーです!
30歳代の時に早期ガンが見つかり手術した経験があります。
おかげさまで、その後は特に問題もなくこの歳まで元気に過ごしています!
ガンと向き合いながらも自分らしく生きる!!
ガンサバイバーが生活していく上で直面する問題を乗り越えていくことを「ガンサバイバーシップ」といい、様々な支援ができるようにと国も取り組み始めているようです!

がんサバイバーの方の機能改善ヨガの可能性

ヨガのレッスンを長年担当していると、ガンサバイバーの方も参加されることがあります。
ここ最近では、地元の施設で「機能改善ヨガ」のレッスンに乳がん手術をされた方がご参加!
手術後も抗がん剤治療を続けているので、体調がすぐれない日あり、気分が落ち込んでしまうことが多く、

「脇のリンパが腫れて腕が上がりにくいのをなんとかしたい」
「再発しないか?つねに不安があるので、ヨガで気分を紛らしたい」
「カツラなので頭を下げる動きはしたくないですが、いいですか?」

など、訴えておられました。
機能改善体操(ボディキネシス®)を取り入れて、ヨガを行う機能改善ヨガは、からだの機能が引き出すことができるので、レッスン後は腕が軽くなったと喜ばれていました。
翌週も参加された時には、「ヨガをやっている時は、ヨガに集中できるので気分が楽になりました!」と笑顔で話されたのがとても印象的でした。

今年6月に大阪国際がんセンターの施設内に「大阪国際がんセンター患者交流棟」がオープンしました。

ガンサバイバーの方々の運動施設が併設され、ガン専門のトレーナーが在中し、運動支援をしています。
その施設で私も体験イベントで「機能改善ヨガ」を担当させていただくことになりました。

 

  

まずは国際ガンセンターで働くスタッフさんにこちらの施設を認知してもらうために、「機能改善ヨガ」の体験レッスンを提供させて頂いています。
そんな中、「なかなか寝付けない日が続いていましたが、機能改善ヨガを受けたその日は、すっと眠っていました!」と翌週も足を運んでいただいた方がおられました!
こうした方々の声を聞くたびに、「機能改善ヨガ」の可能性や必要性を感じます。

 

機能改善ヨガで体も心も整えて

機能改善ヨガは、ヨガのポーズを行う前に機能改善体操(ボディキネシス®)を取り入れます。
ヨガは自分に意識を集中し、内観を深めながら様々な気づきを得ることを大事にします。

呼吸に意識を向ける(呼吸の深さや速さなど)
体の内側の感覚に目を向ける(お腹が暖かい・・・など)
体の動きに目を向ける(右と左の違いは?動く前と動いた後の違いは?など)
自分と向き合うことで、自分の現状を知ることができます。

「今日は呼吸が浅いな・・・」
「右の腕の方が上がりにくかったなぁ〜」など
なかなかヨガのポーズだけで内観が難しい方も、機能改善体操を行うことで小さな変化を感じやすくなります。

*肋骨が広がる感覚に気づいた!
*肩甲骨がこんな風に動くんだ!
*股関節の動きが良くなって脚が軽くなった!
*足裏がしっかり床に着く感覚ってこんな感じなんだ!

自分に集中しやすくなり、その後のヨガはさらに内観を深めることができるような気がします。
このような気づきを得ることで、今までとは違う自分を知り、自分の存在のありがたさを感じられるようになります。
今あることに感謝の気持ちが生まれます。
機能改善ヨガでそんな価値観を生み出せる人が増えると嬉しいな〜

協会では機能改善ヨガのインストラクター養成を行っています。
学びたい方は、協会HPをチェックして下さいね!
【開催】
2019年11月3日(日)、4日(月)東京都 詳細
2019年11月3日(日)、10日(日)京都府 詳細は間もなくです。

 

首がつまる!!肩がこる!!目がかすむ!!全て姿勢が原因かも?

2019年7月25日

スマホを見ている時、パソコンを見ている時・・・
あなたはどんな姿勢?

東京支部の茂木伸江です。

日常にパソコンよりもスマートフォンを利用している人が増えました。
幅広い世代に渡り、スマートフォンは無くてはならないものになっています。(私もスマホは生活必需品です)

ま〜便利ですよね。
片手に収まる大きさのもので、電話やメールだけでなく、いろんな情報を瞬時に知る事ができ、
初めて行く場所でも地図が案内をしてくれ、各種様々なことの申し込み、支払いを済ませる事ができてしまう。
そして、音楽も映像も見る事ができる。

きっと今このブログもスマートフォンで読んでくださっている方がいらっしゃると・・・

2017年総務省の調べでは、94.8%の方がモバイル端末(携帯電話・PHS・スマホ)のうちの75.1%の人がスマートフォンだそうです。
今は、2019年ですからもっと普及しているでしょう。

スマートフォンを愛用する事によりこんな問題が出てきています。

便利なのはいいのですが、スマートフォンを見ている時の姿勢を想像してみてください。

 

はいはい(⌒▽⌒)

 

下を向いている

前が見えていない。(空間認知力は下がっている状態)

駅や空港では人とぶつかったり、車の運転中の事故が起きたり・・・
時に命に関わることも有りますね。怖

たとえ命に関わる事がなくても、
見ている時の不良姿勢も大きな問題です。

眼精疲労や目のかすみ、スマホ首なんて言葉を耳にしませんか?

首が極端に前方へ倒れている姿勢「スマホ首」

このスマホ首により

首のコリ、肩こり、腰痛など起こりやすくなります。

また、眼精疲労、目のかすみ・・・

当然、長時間の使用により疲労が蓄積された固まった首は、
仕事効率は良くなる訳はなく、仕事量は低くなる事が考えられます。
不良姿勢は思考も硬くなる傾向がありますよ。

では具体的にもう少し詳しく・・・

頭の重さってどのくらい?

頭ってどれくらいの重さがあるかご存知ですが?
大体4〜6kg。大きい方で8kgだそうな・・・(牛乳パック何本分?)

大きなスイカ1個が首の上にあるのです。

少しでも頭が前に傾くとテコの関係で、重い頭を支えている「僧帽筋」(首から背中全体にかけてある筋肉)は頑張るのです。
あなたの僧帽筋、頑張りすぎている僧帽筋になっていませんか?

さて、頭の傾きにより僧帽筋への負担は違ってきますよ。
どれくらいかって?

ほんの少し15度頭が前方に出ると僧帽筋にかかる負担は、なんと12kgになります。(本来の2〜3倍)

30度傾くと18kg

60度傾くと27kg (約5〜7倍)

 

首・僧帽筋は悲鳴をあげていますね。

ここの部分だけのことを考えると仰向けでスマートフォンを見たほうがいいでしょうし、
パソコンもノートパソコンよりもデスクトップのパソコンのほうがいいのは分かりますか?

ノートパソコン用には、こんなグッズも売り出されているようですよ。

じゃじゃ〜ん、私は首のコリに悩まされ、このようなグッズをパソコンの下に設置。

どんな風に姿勢は変わるでしょう・・・(私の日常そのままですが(^◇^;))

はい、これだけ違います。

どちらがどうって? 
一目瞭然!

頭が前方に倒れるとセンサーが教えてくれるグッズも出てきているようです。
一昔前には出回っていない商品ですね。Σ(・□・;)

頭の位置が前方にいくことは、不良姿勢の始まりです。
首のコリ、肩こり、腰痛などの原因になり、眼精疲労、目のかすみ、仕事の非効率・・・
実は、運動時も背骨に対して頭が前方にある事は不安定になりパフォーマンスレベルが落ちるだけでなく、怪我の原因にも。

では自分の身体をより良い状態・快適な状態にするに(⌒▽⌒)

◼️頭が前方に倒れることをなるべく少なくする

◼️緊張した筋肉・関節の取り巻く組織を「ほぐす」事が大切です。

◼️首が前方にいく事があっても、耐えられる身体を作る

その「ほぐす」エクササイズ(体操)を学べるのが
「ボディキネシス®︎(機能改善体操)インストラクター養成コース」

ほぐすだけでなく、そこにはコントロールできる身体、使える身体にしていく事が大切です。
コントロールでき使える身体になるためのエクササイズ(体操)も
「ボディキネシス®︎(機能改善体操)インストラクター養成コース」で学ぶ事ができますよ。

さあ、誰でも場所を問わず、簡単に楽しくできるエクササイズ(体操)・セルフコンディショニング(セルフケア)を学びましょう!

ボディキネシス®︎インストラクター養成コースはこちらの通りです。
◇第16期ボディキネシス®インストラクター養成コース(沖縄県)
2019年9月7日(土)、11月9日(土)、11月10日(日)

◇第17期ボディキネシス®インストラクター養成コース(大阪府)
2019年10月20日(日)、11月24日(日)、12月15日(日)

◇第18期ボディキネシス®インストラクター養成コース(東京都)
2019年10月27日(日)、11月17日(日)、12月8日(日)