いきのび協会ブログ

セカンドオピニオン

2016年4月15日

いつも元気印の井藤です~

いつも元気なのですが、、今週の初めからどうやら調子がおかしい・・

段々声が出なくなりレッスンやセッション毎にどんどん声がかすれて昨日はとうとう出ない!!

声が出なくなることってほぼ経験したことが無いので、びっくりしましたが普段お喋りの私から喋ることが困難になるのって、本当に辛いってことを感じました。

口にバッテン付けられてる感じ・・

マスクはもちろんのこと、、はちみつうがいや、常にのどを潤したり、卵・大根を食べたるあらゆるケアをしてます。

今朝のレッスンは、運が良いことにお休みだったので「病院のはしご」をしました。

 

いつも行き付けの掛かり付けのお医者さんに行ってから、評判の耳鼻咽喉科に行きました。待合室はお昼前でも人で一杯です。

1時間程掛かるとのことだったので、一度外出してお昼を済ませてから戻ると直ぐに呼ばれました。

症状を伝えると「ダンとか激しいスポーツで動いて声出すと一気に声出なくなるよ、一番良くないパターンですー」と言われてしまいました・・・そして、「鼻の奥診ますね~」・・と看護師さんが「お花につる~って入れます、ツンとしますよ~力抜いて~楽に呼吸してくださいね~ちょっと気持ち悪いですよぉ~」と何度も繰り返して言われてから鼻からつるつるカメラを通して喉の奥に小さい細いモノが通る~~「深く~呼吸して~すってぇー吐いて~~」って言われ、、

そして連写した写真を見せてくれました。「声帯炎症ですね、喉も炎症してますがもっと喉の奥で起こってることが、腫れて声帯閉じてる・・こうしてちゃんと写真を見ないとわからないんです。風邪から来てるけど風邪とちょっと違う。声帯炎症です」

・・・ということで、内科で頂いたお薬はほぼ却下されて新たなお薬を出されました。

1件目に行った内科のお医者さんはアレルギー専門病院でもうおじいちゃん先生だけど、評判良くて、地方や遠方からも来られます。でも、人気耳鼻科のお医者さんは、明確・はっきり伝えてくれて明日は分からない。でも明後日から回復する、って断言しました。

 

病院は、セカンドオピニオンが大事、そして世代交代もしていくんだなぁと痛切に感じました。かかり付け医は次からここかなって変わりそう。

1

行き慣れてる程、めんどくさいけれど違った見解で診てくれるセカンドオピニオンをする事って大事だなって思いましたよ。今は、ネットからの検索ですぐに良いお医者さんかが分かる世の中です。

 

 

いまは、花粉に加えて黄砂やPM2.5もどんどん色々飛んでいて要注意です!

指導者でそう思うと今「声が出ない」人が多いそうです。「春が来た」のあさ役のはるさんも、生放送で声が出なくて返事だけで出演してたそうです~

週末の大きいイベントまでには回復するぞ!!