いきのび協会ブログ

活動!活動!

2016年11月21日

こんにちわ。

本日の担当は北陸支部のまっちゃんこと松田です^_^

昨日、11/20日曜に畑仕事をしてきました(*^ω^*)

私の母、主人、叔母、従姉妹、従姉妹の孫、私と6人3世代で大根、ネギ、人参の収穫をしてきました!

前日は雨で出来るかなあと心配しましたが、くもりと言う作業するにはありがたいお天気になりました。

image1

ただ、土がドロドロで軍手も長靴もあっと言う間にドロドロ(^◇^;)

最終的に私は素手で作業しました(笑)

私は大根担当。

収穫作業をしていると、ちょっとした力ですっと抜ける大根もあれば、なかなか抜けないしぶとい大根もあり、色んな大根に出逢います。

しぶとい大根を抜く時にはしっかり腰を落として、足全体で大地を踏みながら身体全体で伸びながら抜かないと、大根の下に下に伸びようする力に勝てないᕦ(ò_óˇ)ᕤ

『ぬぉぉぉぉぉぉ』と自然と雄叫びも出ちゃいます(笑)

作業をしていると気づいたことが葉っぱが立派やつはしぶとい大根が多いってこと。

根が下の方まで伸びて大変(*_*)

生命の遠心力と私の遠心力との戦い。

下に向かう力があるから、上に伸びていけるってことを大根からも作業からも体感した興味深い時間になりました。

image3

このことって、生き方にも言えるかも⁈

地に脚がついてるから目標に向かって伸びていけるのかな☆

畑作業って採って終わりじゃないところがイヤなところ…(-_-;)

そこから山のような大根を車に詰め込んだり、ネギを少し処理しながら袋に詰めたり…また、大根や人参は泥をとったり、すっごく疲れました…旦那さんが(笑)

image4 image2

大根との戦いに疲れた私は泥の処理は旦那さんに任せ、母と獲れたて野菜を持って、お見舞いに来てくれた親戚廻りに行きました。

お礼に行ったのに、昆布を頂いたりして、アラララララと言うことに(^ω^)

こう言うことが昔から日本にはあって、私は素晴らしい風習に思います。

image5

母を手伝うために叔母や従姉妹にも会えたし、なんとお隣の畑の方からレタスと白菜も頂けて大収穫の日曜になりました。