機能改善体操 (4) 「足裏ほぐしボール掴み体操」

機能改善体操 (4) 「足裏ほぐしボール掴み体操」

みなさんの小さな足でいつも体重を支えています。その足裏のアーチは動作時の地面から衝撃を
吸収してくれています。足裏が上手に使えないと膝・腰への負担がかかったり、無理に筋肉を使い疲
れやすくなります。偏平足・外反母趾の改善にもなります。
今回は小さなをボール使って足裏のアーチを作る体操をご紹介します。

目的

足裏アーチの改善
足首の動き(背屈・底屈)・足指の動き(パー・グー)により足裏のアーチを作る
足裏・前脛骨筋・下腿三頭筋強化
足首の柔軟性向上

方法

足指を開きつま先を起こした状態で、踵から足裏をボールにのせます(背屈)
足指から足の裏全体でボールを掴みます
掴んだボールを浮かした状態(底屈)から、足指全体をしっかり開いてボールを放す

ポイント

指先だけの動きにならないように注意する
膝のお皿の向きと足指の第2指を同じ方向にする