【東京】第3回ミニフェスタin東京 2019年3月3日(日)

【東京】第3回ミニフェスタin東京 2019年3月3日(日)

2019年4月11日

 少し時間が経ってしまいましたが第3回ミニフェスタin東京、無事終了することができました。ご参加いただいた40名の皆様、ありがとうございました。
おかげさまで全講座満員御礼となりました。心よりお礼申し上げます。感謝です!

 当日は小雨の降る寒い日でしたが、スタジオは活気と熱気に溢れていました。
東京マラソン開催とも重なり、あちらこちらで交通規制があり、開始時刻5分前に駆け込んで来られる方もいらっしゃいましたが、無事に「機能改善ヨガ」(講師・菅野博美)がスタート。
流れるようなヨガとボディキネシスのコラボレーションにうっとり。
改めて、身体の機能を整えてからアーサナに入ると結果が変わるのを目の当たりにしました。今後、東京でもリクエストがあれば出張講座にも取り組んでみたいと考えています。
リクエストお待ちしています!

 

 次の講座「ボディキネシス&簡単ボール体操」(講師・緒方美保)は昨年より当協会認定講師になった緒方美保さんが担当しました。
指導力と人気を兼ね備えた男前なインストラクターです。
根拠に裏打ちされた解説と動きの数々は、間違いなく参加者の皆様が翌日の現場レッスンで使っていることと思います。
個人的にはヨガの椅子のポーズが織り込まれているパートが特にお気に入りです!

 

 3つ目の講座は今回一番人気キャンセル待ちになった「リズムキネシス体験レッスン」(講師・菅野博美)でした。東京では2月に体験レッスンを行いましたが、今回も大勢の方にご体験いただきました。
ボディキネシスの中で協調性の運動パートだけを取り出した軽やかな体操に、心がウキウキしました。

 20191123-24日にリズムキネシスインストラクター養成コース開催予定ですので、教えてみたいと思った方はカレンダーに丸印、お願いします!

 お昼休みを挟んで、午後からは「ボディキネシス&シナプソロジー」講座が始まりました。
コアの安定化の体操や協調性の体操の中に織り込んだシナプソロジーの数々。
脳と身体の各部をつなぐ神経系も活性化します。
そしてできそうでできない動きや、できているつもりでできないエラーの動きに大笑いがあちこちで起きていました。ボディキネシスにはシナプソロジーが欠かせないものになってきています。2019年5月には大阪でシナプソロジーフェスタin大阪が開催されますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

 5つ目の講座は「ボディキネシス&ストレッチーズ」(講師・茂木伸江)です。
床に広がるカラフルな布はインスタ映えします。ボールを使ったほぐし体操で笑顔になりますが、終盤のストレッチーズを使ったストレングスパートでは参加者の皆様が引きつり笑いに変わりました(笑)。
メリハリのあるプログラム展開は見ていても圧巻でした。
2つのツールを使いこなすだけでなく、それぞれのツールの良さが光る講座でした。
 

 最後の講座はゲスト講師の金子智恵さんによる「ボディキネシス&マサラバングラ」です。機能改善された身体でいつまでも踊りたい!を実践し、その考え方を多くのダンサーに伝えていることが、当協会のミッションと合致していることから今回もご依頼させていただきました。
ボディキネシスインストラクター養成コースの膝・股関節痛改善編の中のエクササイズでミニボールを使い、踊れる身体作りをしてからエネルギッシュなダンスワークアウトを楽しみました!初めてでも踊れる楽しさが会場全体を熱くしていきました。

 ミニフェスタin東京のあと、どのようにセルフワークを楽しみながら続けていこうか、運動指導者としてどのようにボディキネシスを伝えていこうか、皆様の2019年学びの計画に少しでもお役に立てたら、このフェスタは大成功です。

 

レポート:高橋 友見子