【広島】ボディキネシス®インストラクター養成コース 2019年6月23日(日)

【広島】ボディキネシス®インストラクター養成コース 2019年6月23日(日)

2019年6月24日

自分で動くからこそ!気づくこと
レポート作成者:梅本 道代

来たる、6月23日(日)広島県でボディキネシス®︎インストラクター養成コースを開催しました。今回は、肩編。

会場は、〝広島の姿勢とコアの専門店 コンディショニングスタジオ コア×コア〝
面白そうなツールが揃っていて、とてもいいエネルギーが流れているスタジオです。

5名の受講者の方々が会場に集合。
前回の腰編から受講して下さっている方々です。

まずは、この1カ月間、腰痛予防の為の機能改善体操をアウトプットしてみて

気づいたこと、感じたことをシェアしあうことからスタート。

〝体操のやり方を、どのような言葉で伝えたら伝わるのか?〝
〝参加者の方々が、やる気を持って機能改善体操を続けてくれるには、どのようにすればいいのか?〝

など、アウトプットしたからこそ!の質問が出てきました。
それを見える化=板書にして、クリアにしていきました。

私が一方的にアドバイスをするのではなく、「私たち」のスタンスでお互いに意見交換をする。他の人が取り組んでいることを聴いて、「そういうやり方もあるんだ!」と

新しい情報を手に入れることができる。
そのやりとりが、午後からの指導練習に大きな効果をもたらしました。

休憩中も、自然とテーブルに集まって情報交換が続きます。
運動指導に対して同じ志を持っているなー。と皆さんの熱いトークを聴いて
感動。

午後からは、肩編の機能改善体操のモデルレッスンを受けて頂き、10種類の機能改善体操を習得。そして、指導練習を行いました。
あまりの集中力の高さに、気がついたら、休憩を取ることもなくやり続けていました。

指導練習においては、前回の腰編から、スキルアップされているなー。と目に見えて感じました。

・エクササイズのお手本の動きが丁寧に段階を踏んで行えている。

・参加者にヒアリングを行いながらクラスが進められている=ボディアウェアネス(身体への気づきに繋がります。)

・伝える言葉が洗練されている。

日頃の現場指導でアウトプットされているのがよく分かりました。
ですので、また1ステップ向上できるチャレンジ課題を渡しました。
この積み重ねが指導力の高めるのです。

今日も充実した6時間の養成コースでした。

次回は、膝・股関節編です。

ボディキネシス®︎ (機能改善体操)が初めての方も大歓迎!です。

詳細は下記のURL に掲載をしています。
⇩ ⇩ ⇩

https://www.ikinobi.org/info/trainer/11725/

 

引き続き、皆さんからのお問い合わせ&お申込をお待ちしています!

受講生のお声

匿名希望
会員様にお伝えする時の心構えをもう一度考え直したいと思います。

玉川 眞弓様
かくれ肩こりが多いので、体感を通して体への気づきを促したいと思います。

幡地 玲子様
ご本人に楽なポジションを聞いてから実施・見本を見せることが講習会の中で一番役に立ちました。