長野県塩尻市「楽らく体操~機能改善体操~」2013年3月23日

長野県塩尻市「楽らく体操~機能改善体操~」2013年3月23日

2013年4月29日

講師:林部 美代子

3月下旬。山々に囲まれた長野県。北アルプスを眺め、春の新鮮な空気を感じながら、長野県塩尻市にあるセイコーエプソン株式会社神林事業所へお伺いしました。
いきのび協会では運動施設以外でも、各企業・行政・介護福祉関係のお仕事をさせていただいております。
先方の人事・健康管理の方とお話をさせていただき、社内の健康づくりへの一歩として・運動(カラダを動かす)の動機づけができるプログラムをお願したいとご依頼頂きました。
その一歩として、自分のカラダを楽な状態へ導くこと、そして運動の動機づけをテーマとした【気軽に・誰でも行える・できる運動】を絞り、【楽らく体操~機能改善体操~】を行いました。
会議室には勤務を終えた20名の方々がご参加下さいました。賑やかな温かい雰囲気と心地よい“気”が包まれた会議室は笑い声がいっぱいでした。とても楽しかったです。
今回のゴールは“運動をすることでカラダが楽になること”“運動をすることで健康に繋がること”“その運動とは?参加者の皆さんができる運動・続けたくなる運動”【運動=機能改善体操】を体感して頂くことです。
機能改善体操を体感することで、身体がどんどん楽になっていくと同時に、沢山の笑顔と笑顔が繋がりました。
健康づくりの一歩として、運動の動機づけとして、欠かせない運動だということが確信できました。
機能改善体操は、自らカラダを動かし磨かれていく運動して、お届けできたことを幸せに想います。
多くの人が笑顔でいられること。健康であること。笑顔は生きていく源ですね。
毎日が凛々しく・健やかな生活を過ごせられる為に、これからも楽しい運動をお届けできるように学んでいきます。
ご参加頂きました皆様・人事・健康管理の方々に感謝申し上げます。

参加アンケート

・今回の体操教室で何が良かったでしょうか?

簡単にできる体操で、それぞれ自分自身が体感できるということができて良かった。

・簡単にからだのバランスを整えられること。 普段カラダを動かさない人にはいいきっかけになった。

・軽度の運動で普段認識しない筋肉の運動ができてよかった。

・ボールを使用したが、無くてもタオルや本など身近にあるもので、楽しくできる、難しくない点がすぐに取り入れられるし、即効性がある点が良い。