活動レポート

長野県松本市【12月講座 カラダに栄養を届けよう!“貯筋体操”】2013年12月11日

担当:林部 美代子

12月・師走。いつもより早い冬将軍がやってきました。屋根にはうっすらと雪景色。

冷たい透き通った空気を味わえるのは、雪国である土地・長野県ならではです。

今朝は愉しみにしている講座が始まる!ワクワク感がいっぱい!な私。

朝食メニューは、あったかいご飯とおみそ汁、そして信州の野沢菜・りんごにしました。

本日は、NPO法人熟年体育大学リサーチセンターよりご依頼を頂いています、機能改善体操を主体とした第三回目の講座【カラダに栄養を届けよう!“貯筋体操”】を開催致しました。

まずは、脳の活性化を図るシナプソロジーからスタート。参加者の皆さんが童心に返る、大好きな運動です。スッキリしたカラダを感じた後、この講座のテーマである“貯筋体操”を始めました。レクチャー部分は、ロコモティブシンドロームについて触れながら、参加者のみなさんといっしょに共有する時間を深めました。自分の身体を動かす・身体(道具)の扱い方も押さえながら“動いて・感じる・気づく”機能改善体操・体幹運動に絞りました。参加者の皆さんはとにかく意識が高い!皆さんの熱心な姿に想ったことがあります。

それは、意識を変えることでモチベーションがかわる!のだと痛感しました。

今年5月頃、担当者の方とお話をし、やってみようよ!と言った言葉から始めることができました健康づくり講座。ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

年内最後の講座を終え、来年度も引き続き開催をすることが決まりました。

数々のギフトメッセージをいただいたこと、

その中には“機能改善体操を覚えたい”と言って下さった言葉もありました。

私は、皆様のお役に立ちたいと想います。

ほっとする温かい空間。優しい雰囲気。にこにこしながら愉しめること、笑顔が広がる機能改善体操を多くに人に伝えたいと心の奥底から想います。

    

© 2021 NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会. Copyright © 2021 NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会. All Rights Reserved.