いきのび協会ブログ

水が合う

2016年4月28日

こんにちは。村上智子です。

現在、私は自宅近くのフィットネスクラブで『アクアキネシスR』の有料レッスンを担当しています。
「肩軽アクアキネシス」「腰軽アクアキネシス」「膝軽アクアキネシス」の内容で月に3回。
定員20人のところ、ありがたい事にほとんど毎回定員いっぱいのご参加です。
最近のフィットネスクラブの傾向としては、アクアエクササイズ全般のレッスン数が減少しているように感じます。
その反面、超高齢化社会へ突き進むなか、ロコモティブシンドロームなど運動器の障害を訴える
方々が増え「プールで歩きなさい」と医師に薦められたと、訪れる人が後を絶ちません。

ただ、フィットネスクラブに来ては見たものの、どんなふうにプールで運動をすればよいのか分からない。
残念なことに、私がレギュラーレッスンを担当しているクラブ3か所ではアクアウォーキングのレッスンは週に1回か2回ほどしか開催されていません。
『どんなレッスンに入れば教えてもらえるの…??アクアダンスは激しそうだし、私には無理かも。やり方は分からないけれど、とにかく歩いてみよう…。でも…独りで歩いていても楽しくないし、効果も出ないし、続かない。』
よく、そんな方々をお見かけします。

そんな現状にぴったりのプログラムが『アクアキネシスR』なのだと、自身が有料レッスンを持つことで実感しました。
ビート板、ボールなどを使いながら、水の特性を皮膚を通して感覚入力し、自らエクササイズすることで、自動調節できる自分の身体。
30分間、水と向き合うことで、不思議なくらい可動域が広がり、バランス能力が高まり、視野が広がり、身体が軽くなる。

でもね、そんなに難しいことを行うプログラムではありません。
「本当に、こんなことで身体が楽になるのね。」
参加者の方に、そんな感想をいただきます。
自分で水に身体をゆだね、ほぐし、整え、協調していく参加者の方々のお姿を見ると「水が合う」という言葉が浮かんできます。
共に学んだ第一期生のアクアキネシス指導者はどんどんプログラムを展開しています。
水中運動指導を行うインストラクターにとって、強い武器になる『アクアキネシスR』
ぜひ、一緒に広めていきませんか?
次回の5月3日&4日の東京での養成コースは満員御礼となりました。

福岡では、7月30日&31日開催されます。
https://www.ikinobi.org/info/trainer/6729/
ただいま、お申込み受付中!!

みなさんのご参加お待ちしています。

IMG_0712