いきのび協会ブログ

トレーニングで変わったこと

こんにちわ。

今日の担当は石川支部のまっちゃんこと松田です(*^^)v

去年から続いているダイエット&シェイップアップ。

いよいよ大詰めに入ってきました。
5月28日(土)某クラブのアクアビクスのチャリティーイベントにて、その結果をご披露することに決まりました!
パチパチパチパチ(^◇^)

去年の年末からは一人じゃお腹を出すまでにはいたらないかも!?と思い、週1でパーソナルトレーニングを開始。

先日、ふっと パーソナルトレーニングを始めて変わったなと気づくことがありました。

それは「肝が据わった」かも・・・・ということ。

何か越えなければならないことに以前は直視できずに、いつまでもグダグダ言って、結果逃げるか、適当にやり過ごしてきた私(-_-)

今でも直視はなかなか出来ないのだけど・・・腰をあげるのも遅いのだけど・・・・向き合う気持ちが変化。

逃げることは頭になくて、取り組んで乗り越えようとしている自分がいる。

気が重いことをしなければならない時間は必ずやってくるし、そして、必ず終りがある。

文に起こせば、当たり前のなんってことのないことないことだけど、身に置き換えるとなかなかの重みが私にはあるのです(#^.^#)

でも、この変化って絶対トレーニングが与えてくれたことと思います 🙂 

だって、やりたくない箇所や回数、負荷のかけ方を「はい、行こう!」と言うパーソナルトレーナーの掛け声1つでやるわけで。

やりたくない、やりたくないって言っても、その開始のタイミングは必ず来て、取り組まざる得なくて、取り組んでる間はつらくて、ヒィーーーーーーってなって、トレーナーが鬼に見えて(笑)、なんでこんなことに私はお金を払ってるんだろうと思たりして(笑)でも、必ず終りは来て、逃げたかったことは乗り越えて過ぎているんだよね。
そして、やり終えた時の疲労感というか決して達成感ではない、独特の感覚が身体と心に充満していくのです。
それが気持ちイイとも言えないのだけど、この状態をかれこれ半年は続けているから、私はこれが好きなのだと思います(^^)

今、まさに私の目の前には大きな壁があるのだけど、以前とは違う私がいる。
「やる」って怖くも、憂鬱でもなく、ただ「やる」って腹が据わってる私がいるのです。

トレーニングが変えてくれたものって、身体と気持ちの在り方なのかなぁ~と実感してる私です。
これもよく聞くことだけど、なかなか実感として得ることも少ないのではないかなと思います。

でもさ、これも私をチャレンジを与えてくれる存在や環境があってのこと。
与えてくれる方、環境に感謝ですね 😉 

さぁ、シェイップアップももうひと踏ん張り!
47歳年女!image1 (12)
お腹をご披露するぞぉぉぉぉぉぉぉ。
見たくないとか言わないでっ(;O;)

 

© 2021 NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会. Copyright © 2021 NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会. All Rights Reserved.