いきのび協会ブログ

これのお陰でこうなって、これってコレきかっけだったんだよねぇ。

2016年5月30日

こんにちは。

今日のブログ担当は石川支部のまっちゃんこと松田です(‘◇’)ゞ

昨日、5月29日いきのび北陸支部で大阪を基点に活躍されている峰岸 毅先生による「バウエルコンディショニング」と「仕事に活かせるfacebook活用術」の2講座を開催させて頂きました(*^-^*)

開催したきかっけは、去年から取り組んでいるダイエット&シェイプアップ。

なかなか変化が起きないので、最初の数か月 かなり無理な食事制限をしていたのです。
47歳でのダイエットは本当に難しい・・・・てきめんに更年期のような症状が現れだしたのです( ;∀;)

それをfacebookで投稿したところ、「栄養不良じゃないか?」というアドバイスをいただき、食事面をどうしたらいいかと悩んでいた矢先、このバウエルコンディショニングのセミナーが京都ウェルネスセッションであること知って、これだっ!と思って受講しました。
講座の内容は取り組めそうなことばかりで、しかもお腹周りのビフォー・アフターの写真の変化がすごくて、帰ってすぐに実行してみました。

そのおかげでお通じは良くなるし、体調はもとに戻るし、もちろんダイエット&シェイプアップも進んだし、すべて完璧\(◎o◎)/!

こんな素晴らしいことを北陸の皆さんにも知ってほしい!!という気持ちが強くなって、峰岸先生に連絡をさせて頂いたところ、快くお引き受け下さり昨日の開催になったのです(*’ω’*)

この内容は一般の方にも是非お届けしたい内容だったので、お子さんの便秘に悩むママさんや美容家の方なども受講して頂けて、それもすごく嬉しかったです♡

セミナーの模様

image1 (14)

バンドを使った腹式呼吸の練習。
この方、峰岸先生(*^^*)
image2 (6)

image3 (4)

お腹のマッサージに使うテニスボールを持って、ハイチーズ♬

皆さん、素敵な表情。

この表情からも講座の素晴らしさが伝わりますね。

質問タイムでは皆さんから積極的な質問がたくさん出て、それもすごく嬉しいことの一つでした。
「水素水はどうなんですか?」から始まった、水談義は盛り上がりました(笑)

皆さんの生活にバウエルコンディショニングが追加されることで、ますます快適生活になると思うとワクワクしちゃうまっちゃんです(*´▽`*)

そして、バウエルコンディショニングのおかげで体調を崩すことなく、体脂肪20%まで落としたわたくしまっちゃん。
約束通り、お客様の前でお腹をご披露して参りました!!

アクアビクスチャリティイベントを若手ホープの北市えりちゃんとさせて頂き、そこで20代女子とおそろのウェアを着て、20代女子の隣で同じようにお腹を出して参りましたっ!!

この勇気すごくなぁぁぁぁぁい?

20代女子とだよぉ~~~~。

image4 (1)

まぁ~素敵な私の三角筋(笑)

image1 (13)image2 (5)

なかなかイイ背中でないの~(*´▽`*)

image3 (3)

なんでしょうコレは?(笑)
皆さんから、「よく絞ったね~」「お腹ぺっちゃんこやったー」ってお言葉を頂きましたぁ\(^o^)/

もう指導はやめようと思っていたアクアビクス・・・トレーニングに取り組む中で、気持ちの変化が起こり、こんな若いインストラクーの方とそれも楽しくイベントを出来たことにも感謝。
 皆さんもお腹見たいって?

それはそのうちねぇ~( *´艸`)

実はまだまだ私のシェイプアップは続くのです。
さっき、体脂肪20%って書いたけど、本当はこの日は22%(爆笑)

なので、20%切るところまで、チャレンジしてみようと思います。
大丈夫!
バウエルコンディショニングがあるから☆彡

で、そもそも、私がこの情報を知ったのは何だったかというと・・・・

それはfacebook°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

いろいろな考え方はあると思いますが、何かしらの影響は大いにあるものには間違いない!
ということで、バウエルコンディショニングの講座の後にfacebook活用術の講座も開催しました。

こちらは、皆さん 頭がグルグルになったご様子でした(笑)
はい、私ももれなくグルグルでした。
グルグルになっての1枚

image4 (2)

どのことにしても、自分のできることを一つだけやってみたら、そこから色んなことに繋がっていく。

不思議です(*‘∀‘)

大きな変化にチャレンジしなくても、小さなチャレンジをすれば、勝手に転がって繋がっていく。

小さな行動をするのもしないのも貴方・・・それはどちらでもいい(*^^*)

でも、ちょんって突いてみたら、その先に思いもよらない楽しいことがあるかもねって、自分を通して思うまっちゃんなのでした?