機能改善ヨガ(7)三角のポーズ

機能改善ヨガ(7)三角のポーズ

エクササイズ紹介者:橘 千鶴

『三角のポーズ』

効果

左右の骨格バランスを整える。内臓の動きを活性。

動き方

①脚を腰幅の3倍程度開きます。
②右足のつま先を右方向へ向けます。
③息を吸って両腕を肩の高さに上げ、吐きながら上体を右横へ倒します。
④片手を脛に、もう一方の手は真上に上げます。
⑤上げている手の指先を見て、自然呼吸を数回繰り返します。
⑥息を吸いながら状態を起こし、吐いて手を下ろします。
⑦反対側も同様に行います。

機能改善体操(股関節ほぐし体操)

目的

股関節の動きを引き出す。

動き方

①横向きになります。
②上の脚を曲げ、膝下にボールを置きます。
③骨盤を小さく揺らします。
④反対側も同様に行います。