機能改善体操(24)「スクワット(大腿部・臀部強化)」

機能改善体操(24)「スクワット(大腿部・臀部強化)」

日常生活動作で、立ちしゃがみ動作はいろんな場面で行われています。関節・筋肉に負担をかける動きを繰り返すと、腰痛・膝痛を起こす率が高くなってしまいます。今回ご紹介するスクワットエクササイズは、身体のいろいろな関節・筋肉が協調(コーディネーション)し合って行われます。主に大腿四頭筋・大臀筋がアイソトニック(等張性筋活動)、脊柱起立筋群がアイソメトリック(等尺性筋活動)に働きます。立ちしゃがみ動作も楽に行えます。『股関節に上半身をのせる』イメージで行ってみましょう。

     

目的

・大腿四頭筋・大臀筋の強化
・股関節・膝関節・足関節の動きをスムースにする

方法

①脚を腰幅くらいに開いて立ちます。
 ※股関節-膝-つま先が一直線になるように立ちます。
②お尻をやや後方に引きながら膝を曲げていきます。
③2~3秒キープしてからゆっくりと膝を伸ばしていきます。

ポイント

①膝を伸ばす時、足裏で床を押すことを意識して行います。(頭部は上方に伸ばすイメージで行います)
②股関節-膝-つま先が一直線をキープしながら行います。