健康保険組合連合会大阪連合会・保健師連合協議会主催セミナー活動レポート

健康保険組合連合会大阪連合会・保健師連合協議会主催セミナー活動レポート

2017年11月10日

来たる、2017年11月9日(木)、健康保険組合連合会大阪連合会・保健師連合協議会主催

『実践に役立つ運動指導のノウハウ』というテーマで、90分間のセミナーを担当させて頂きました。

3カ月くらい前から、事前打ち合わせを積み重ねてきたセミナーです。

女性の保健師43名の方々が参加。
まずは、シナプソロジー®からスタート。
笑いあり!で、最初から大盛り上がり!

 

運動習慣がない方に、身体を動かす(運動する)きっかけづくりの秘訣
『どのように』身体を動かせば心地よい運動になるのか?

をレクチャーと実技のコラボで行いました。

・シナプソロジー
・機能改善体操
・機能改善ヨガ

最初に比べて、肩周りが動かしやすくなった!
こんな短い時間の体操で、身体が軽く感じるなんて!
すごーく楽に歩ける!

という声が会場内から聴こえてきました。

 

そして、〝相手との関わり方をどのようにするか?=〝コミュニケーションのとり方〝
これについても実技を交えて体感して頂きました。

お互いに自己紹介を行い、一緒に声を掛け合い、リズムを合わせて身体を動かす。
達成した時の喜びを共有する。
とても大事なことであると思います。

橘が担当した機能改善ヨガも、ヨガを体験するのが初めての方が半数くらいおられ非常に興味深く受けられていました。

 

講座の最終は、一番印象に残っているエクササイズを伝え合う練習を実施。
相手に伝えようと、資料を見ながら言葉を選んで説明されている姿が印象的でした。

セミナー終了後の質問も数多く頂きました。

〝変形性膝関節症になられた方で、医者から運動許可が出たのですが、どんな運動をしてもらったらいいですか?〝

〝15分間くらいで、簡単な腰痛予防体操を提供する場合、どのような体操がありますか?〝

など、保健師の方々も現場でいろんな質問を受けているのだと。
今日のセミナーが皆さんにとって役立ちますように。

最近、企業様から、腰痛、膝痛、肩こり予防を目的としたセミナーのご依頼を
たくさん頂いております。

頂いたご要望にできる限り、対応をさせて頂きます。
『我が社も是非、お願いしたい。』と検討をされている企業様、まずはご連絡を頂けますと、状況を聞かせて頂きます。
まずは、お気軽にご連絡を。おまちしています。

レポート:梅本 道代