機能改善体操指導員講習会(愛知) 2012年10月~12月

機能改善体操指導員講習会(愛知) 2012年10月~12月

2012年12月26日

講師:尾陰 由美子、梅本 道代、池内 弘美
サポート:近藤 純子

 10月13日(土)から12月2日までの6日間、機能改善体操指導員の講習会が愛知県にて行われました。愛知県に12名も仲間が増えたことを心から嬉しく思います。
 解剖学と疾患のメカニズムを「インプット」・・・自身の体を改めて見つめなおすきっかけにもなります。そしてすぐにケーススタディで「アウトプット」・・・想定したご参加者が見えるほど、多方の角度から案が浮かびます。全体が緊張と思考のあまり、なかなかアウトプットできない場面もありました。梅本先生の魂の叫びがエールとなり、翌日には空気が違い、皆様の強いエネルギーをも感じました。
 私は、未熟ながらサポートとして参加させて頂きました。即答できず、尾陰先生、梅本先生、池内先生に助けていただいた場面も・・・。それでも、受講者の皆様にお伝えした言葉を、キーワードとしてしっかりキャッチしてくださり・・・どんどん構想を広げられるのを感じました。強いエネルギーを私が頂く瞬間でした。岡崎でお会いできました皆様のエネルギーと笑顔で、元気になる人がどんどん増えていくんだなぁと確信いたしました。すばらしい場に参加させて頂きましたことに感謝します。ありがとうございました。

近藤 純子

参加アンケート

・本日の講習会で一番習得できたこと

・基礎解剖学はとても丁寧で良かったです。特に英語の意味を日本語に直して説明してくれました。他の講習会では、意味のわからない英語が良く出て混乱します。

・体の機能を知った上で、どう動かすのか、どうやったら効果的か、その運動がどんな意味があるかというのがつながってきた。本で読んだだけでは理解できていない所もたくさんあったので勉強になった。

・自分のしゃべりたいことをしゃべり伝えたいことを一方的に伝えてしまいがちでした。それを改めて実感しました。体感させる、考えさせる、思う、感じてもらう、それがとても大事であることを痛感しました。

・講習会全体を通しての感想

・とてもわかりやすく、そして楽しく受けさせて頂きました。先生の言葉の引き出しの多さに驚きました。

・知識から実技。そしてレッスンのテストまで完結していて、仕事にすぐに活かせることができるので良いと思いました。

・とにかく楽しかった。今までの自分が一つ変われるきっかけになった気がします。より皆さんに喜んで頂ける為の学びを多くいただけた講習会でした。ありがとうございました。