【長野】機能改善体操セミナー 2015年11月29日(日)

【長野】機能改善体操セミナー 2015年11月29日(日)

2015年12月7日

レポート:林部 美代子

冬のはじまり。長野県の旬のお野菜を囲みながら温かいお鍋の季節です。 朝一番にストーブのスイッチを押してじっと待つこと数分。 温かいコーヒーを両手で握り、体の芯から温まると吐く息も真っ白です。

今年二回目となる長野開催・機能改善体操セミナーは、ほほ笑み介護支援センターフィットネスライフ南長野にて行いました。 会場内の温かさと受講者の皆様の和やかな氣はとても居心地もよく、長野開催にぴったりな穏やかな雰囲気です。 1パッケージ2時間セミナーとなる丸一日がかりの中、集中力が途切れることなく大変熱心に取り組んでくださりました。 冒頭は、脳の活性化を図るシナプソロジーを取り入れ、『機能改善とは?』 質問時間・考える時間・確認する時間を共に共有しながら創るセミナーがスタートです。 お互いの身体を触れ合ったり、確認したり、身体の動きを知ることで、ドンドン新しい発見がうまれていきました。

機能改善体操セミナー③ 機能改善体操セミナー④ 機能改善体操セミナー長野②

 

 当協会はこの7月に3軽エクササイズ®が商標登録をされ、機能改善の考え方もエクササイズも今までより以上に身につく実感型セミナーを展開しています。

健康生活習慣の為に手軽で便利な(調える・整えることができる)運動があることを対話しながら進んでいきました。

セミナーを終え、アンケート用紙には今後に学びたいことをぎっしりと書いて下さった受講者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

長野開催今後の活動にぜひご期待ください!

機能改善体操セミナー長野①

参加アンケート

・本日の講習会で一番習得できたこと

・機能改善の目的、考え方。

・ボールの活用方法。空気を減らしてより高齢者などでも活用できるヒントがいっぱいありました。

・すぐに実行できる体操。

・講習会全体を通しての感想

・仲間同士が笑顔で行うことができた。具体的でわかりやすい説明でした。

・実習が多くて、反復学習的により噛み砕いた方法でとてもわかりやすかったです。

・とても丁寧で実践的であっという間の時間でした。

 

【北海道】機能改善体操セミナー 2015年10月25日(日)

2015年10月29日

レポート:茂木 伸江

日本の北端、初の北海道・札幌の開催となりました。

そして、初雪を観測した日でもあり、忘れられない印象に残るセミナーとなりました。

外は冷え込んでいましたが、札幌の受講者は皆さんが温かく迎えて下さり、
和やかな雰囲気の中、ホカホカと6時間のセミナーは進んでいきました。

2015.10.25①

受講者の方が、非常に楽しそうにされていたのは、ボディタッチをしながらの簡単なからだのつくり、仕組みの確認。
身体を触ってみると骨の大きさ、動きが分かります。普段意識が浅くなるところも触ると感覚がはっきりする。
「わ~ホントだぁ」と新しいことを見つけた子供のような笑顔になっていました。

2015.10.25③ 2015.10.25②

こういう学びは、年齢に関係なく楽しいですね。

 

 また、二人組の姿勢チェックも見てもらえるからこそ、「気づく」こともあり、
自分の感覚と本来の状態とのズレにショック~なんてこともあったようですが、
だからどうしたらいいか?と言う風にすぐに前向きになるポジティブな札幌の受講者の方々。
素晴らしいですね。

帰り際には、「また来てくださいね~」なんてお言葉を何人もの方から頂き、講師として携わらせて頂けたこと感謝感謝の6時間でした。

勿論、またまた伺わせてください。

協会は、良いものをどんどん全国にお届けできるよう一歩一歩前進しますね!

2015.10.25集合写真

 

参加アンケート

・本日の講習会で一番習得できたこと

・無理な体操ではなくても体を十分動かせること。

・「気づき」を得たら変わることが出来るんだなと思いました。目線をはじめ声掛けの言葉の工夫で聞いている受講者の反応もすごく変わると思いました。

・本人に探ってもらうこと、気づいてもらうことの大切さ。

・講習会全体を通しての感想

・とにかく笑顔になれました。身体もスッキリで、まわりの人にも教えてあげたいと思いました!

・体をより大きく伸びるように動かせる言葉の誘導が心地よかったです。

・先生がとてもわかりやすく楽しい勉強会でした。とても良かったです。

 

【愛知】 機能改善体操指導員養成講習会受講生、後藤様の活動報告

2015年10月26日

愛知県の機能改善体操指導員養成講習会受講生の後藤様より
活動報告が届きました!

後藤様は、岐阜のレディスフォーマルメーカー
ラブリークィーン株 企画部パタンナーをされているそうです。

もともと肩こりで悩んでおり、機能改善体操に出会って簡単な体操で自分で改善出来
ることに感動しみんなに教えてあげたいと勉強し始めました。

朝礼の体操の様子の写真です。

12071329_804895819631342_776369477_n

今では週に1回企画部の朝礼で体操をしています。

数分の体操で変化を感じることができるので毎週楽しみとの声をもらっています。

今回のテーマは肩です。

12080991_804895812964676_700616970_n

始めと終わりにペアーになって肩の高さの変化の確認

12080934_804895809631343_1164129161_n

ラブリークィーン恒例のハッピー体操で締めくくります。

12077016_804895829631341_1304052438_n

会社の皆様が、とっても楽しそうなご報告をいただきました。

後藤様、ありがとうございました!

 

 

【和歌山】 高野山リトリートヨガ 2015年9月26日(土)~27日(日)

2015年10月9日

2015年9月26日(土)~27日(日)

高野山リトリートヨガ     宿坊:安養院

講師:橘 千鶴 ・ 井藤 久美子 ・ 石田 満奈美

 

日常生活を離れ、弘法大師さまが眠る神聖な場所で、じっくりと自分に向き合う時間

を大切に過ごして頂く為の1泊2日のリトリートを行いました。

高野山安養院のチェックインは13:30なので、リトリート前に高野山を散策され

る方もいらっしゃいました。

14:00~オリエンテーションが始まりました。

まずは自己紹介とシナプソロジーでコミュニケーションを図りました。

一瞬にして笑顔の花が咲きました。

IMG_7584

14:30~機能改善ヨガスタート。担当は井藤久美子さんです。

ひめトレを使用し、骨盤底筋のスイッチを入れながら腹圧を高めます。

全身を万遍なく使い、少しずつ身体が解れ機能が改善されていくのが解ります。

IMG_7586     IMG_7591

そして、16:30~メンタルワークを行いました。

このリトリートのテーマである、“自分と向き合う時間”と言う事で、

今回は『交流分析』を行いました。

IMG_7673

質問に答えるだけで、自分の性質が数値化出来、グラフによって目に見える形にして いきます。

周りの方々との互のシェアでは、更に自己開示された雰囲気が、表情や声から伝わっ て参りました。

18:20~夕食です。

精進料理では、お野菜中心の料理がお膳に並びました。

IMG_7593

どれも美味しく、やはり胡麻豆腐は最高でした!

夕食が終わり、お風呂から出たらそれぞれの部屋でほっこりし、

20:30~就寝前のヨガセラピーが始まります。

先ずはアーユルウェーダペアマッサージから始まり、呼吸法から身体と心のデトック ス♪

IMG_7594     IMG_7596     IMG_7677

皆様至福の時間だったようで、このまま直ぐに就寝できる気持ち良さは至福の時で す。

2日目は5:00 に起床し、ヨガ(太陽礼拝)で目覚めます。

どんどん身体に活力が増し、木立のポーズで大地からのエネルギーを十分に吸収した 気分になります。

IMG_7681

動いているとわからないのですが、僧侶の法話を聴きに本堂に移動すると、静寂の中 透き通る冷たい空気が漂います。

薄暗い本堂での法話は、日常の中の行いについて、高野山についてのお話しでした。

その後7:00~朝食を戴き、終わりの会で一言ずつ感想をいただきました。

IMG_7604     IMG_7605

殆どの方々がお勤めで、1泊2日のお休みを取るのも大変な方もいらっしゃいました が、

この2日間の高野山でのヨガを満喫され、時間を作って参加できて良かったとの声を いただきました。

写真撮影や、連絡先の交換後のチェックアウトが10:00です。

これからゆっくりと高野山を観光します!という方も多く、有意義な時間を過ごして いただけたのではないかと思います。

初めて高野山リトリートに参加してみて感じたことは、

このパワースポットに身を置き自然のエネルギーを全身で感じながら、ヨガやメンタ ルワークで心と身体のデトックスを行い、

スッキリと浄化する感覚を味わうことが出来るのも、このリトリートならではだと感 じます。

高野山に来たのも、宿坊に泊まるのも初でしたので、又新たな経験の機会を作りたい と思いました。

次回は更に新たな方との出逢いを楽しみに、又高野山に戻ってきたいと思います。

レポート:石田 満奈美

【長野】第209期シナプソロジーインストラクター養成コース 2015年9月19日~20日

2015年9月28日

第209期シナプソロジーインストラクター養成コースin長野

2015年9月19日(土)~20日(日)

教育トレーナ・梅本 道代/田村 美穂

 

澄んだ青空は、秋の雲。コスモスが爽やかな風に揺れる季節です。

大型連休シルバーウィークの初日、長野市豊野町にあるももたろうケアセンターにて第209期シナプソロジーインストラクター養成コースin長野が開催されました。

長野県長野市開催は2回目です。今回も様々な分野でご活躍されている方がお越し下さりました。

このレポートは、2日間にかけて学ぶセミナーの内容や風景、そして、受講者の皆様の懸命に取り組んでおられた画像を差し込みながら、綴らせていただきます。

1日8時間(60分休憩)セミナーは、2日間行われます。ぐえぇぇ~となりそうですが、講義・実技とも、身体を動かしながらシナプソロジーの楽しさを共有していきます。冒頭からすぐにエクササイズを体感。緊張感はすぐに消えて、笑顔が咲きます。

周りの人との安心感が生まれるセミナーがスタート!

講義は、シナプソロジーが生まれた経緯(プログラムの考え方・効果)、シナプソロジープログラムが求められる背景を知ります。
今後の高齢者に関して、企業・学校・医療メンタルに関して、子供やアスリートに向けてといった、誰に向けて?(誰のために?)を明確化します。
そして、シナプソロジーの効果はすでに実験を重ね検証結果がある事柄を理解します。まだ明らかではない事実も知ります。脳の仕組みや神経伝達の講義になると、初めて聴く言葉がたくさんならび、深い内容に入っていけばいくほど、頭の中がぐちゃぐちゃになっていくわけですが、ここで正しく・わかりやすく導いてくれる教育トレーナー講師陣です。受講者の方々が神経伝達役となって、からだを動かしながら覚えていくことや、実技では、人に伝わる指導練習を繰り返し、ここでもいろんな人がいることを想定して、コミュニケーション力をさらに高め、沢山の技術を身につけていきます。

受講者の皆様といっしょに大いに学ぶことができた2日間はかけがえのないものです。

 

今回もこのセミナーのお手伝いに関わることができた私は、学びとは、人と人との関わりがあってこそ、深められるのだと気づくことが沢山ありました。

受講者の皆様に出逢えたこと感謝の気持ちでいっぱいです。

とにかく明るくて元気で笑顔が満載!はち切れるほどのパワーがあって、集中力も高く熱心な方々ばかりでした。学びは楽しい!ありがとうございました。

長野で繋がり 繋がる笑顔の輪。

どんどん広がるシナプソロジーの輪が愉しみでいっぱいです。

1443503203215144350340092614435034055171443503408605

 

作成:林部 美代子

 

 

【東京】機能改善体操セミナー 2015年8月23日(日)

2015年8月26日

講師:茂木 伸江・高橋 友見子

東京で今年3回目の機能改善体操セミナーを開催しました。
今回はダンサーが集う新宿のスタジオをお借りしてのセミナーでした。
鏡に囲まれたスタジオでは自分の姿勢や動きのチェックなども行ないやすく、大変好評でした。

1

機能改善体操は
「もっと難しいことをやるのかと思った」
「同じ種目をなぜ毎回やるのか」
「介護予防教室でやるにはどのようにやったらいいのか」
など多くの質問・疑問が寄せられました。
皆さんただ勉強しに来ているのではなく、実践することを想定して受講されているのです。
だからこそ「自立・自律」の考え方が大切なことを知っていただきました。

2 3

 ロールプレイでは、やり方を伝える手順を把握したら声もどんどん大きくなりました。
「はやく現場で教えたい!」などの声もあがるようになり嬉しい限りです。

更にティーチングの腕を磨きたい・機能解剖学を習ってみたいという方はぜひ10月からの「機能改善体操指導員養成講座・東京」へ!とお誘いしました。

4 55

レポート:高橋 友見子

 

 

参加アンケート

・本日の講習会で一番習得できたこと

・前回受けて、実際のレッスンでやっていて少し曖昧になっていたり不安だったところが明確になった。

・言葉がけなどの重要性。頑張らないという事。

・自身の肩凝りが辛くて大変だったが、終了後に楽になった。

・講習会全体を通しての感想

・先生方の説明の仕方、運動の見せ方、受講者への声掛け、わかりやすい表現、時間配分ペースがとても素晴らしかったです。

・とてもわかりやすく、うなづくことばかりでした。

・あっという間の6時間でした。

 

【三重】機能改善体操セミナー 2015年8月9日(日)

2015年8月18日

初の三重県 お伊勢さんでの機能改善体操セミナーを開催致しました。

津・松阪・伊勢・鳥羽・和歌山・・の方が、ご参加くださいました。

 運動の方法を学びながらも、そこで自分の身体で感じること、身体との対話「気づき」が大切!それが「自立・自律」に繋がることを3つの講座を通してお伝えさせていただきました。

 ここでは、ご自身の身体と対話をしていただき、「わ~私の身体、こうなっている~」「なかなか力が抜けない」なんて声が出たりと、受講者の方、それぞれの「気づき」があったようです。

 最初は緊張されている雰囲気もありましたが、ドリルワークを進める中で、これでいいのか~これでいいのね!という安心感がでて、本来のポジションが自然にさっととれるようになりました。セミナーが終わるころには、みなさんの姿勢は見違えるようになりました。多くの方が、もっと学びたい!もっとこのような機会を作ってほしいと思っていただけたようで、嬉しい限りです。次にどんなことをお届けできるか考えていきたいと思います。

レポート:茂木 伸江  サポート:近藤 純子

1 2 3 4

参加アンケート

・本日の講習会で一番習得できたこと

・体操後、本当に体が楽にスムーズに動かせるようになりました。

・同じ動作でも、陸と水中では感じ方が違うというのが一番の習得だった。

・姿勢が良いと思っていたけれど、実は猫背だとわかったこと。

 

・講習会全体を通しての感想

・適度な人数で、楽しく教えていただきました。

・茂木先生の話し方、人柄、すばらしかったです。

・以前にも機能改善を受講したが、また違う気づきがありました。

 

【岐阜】機能改善体操セミナー 2015年7月19日(日)

2015年8月3日

機能改善体操セミナーin岐阜活動報告書

1

 

7月19日機能改善体操セミナーin岐阜 開催しました 。
第一部 腰痛改善編
第二部 肩こり改善編
第三部 膝・股関節痛改善編

朝早くからのスタートでしたが沢山の方々がご参加くださいました!

まずは…皆さん緊張の様子。
初めましての挨拶の意味も込めてシナプソロジーからスタート !

2
ああ!間違えたっ と… 脳の活性化をしながら、皆さんすごく楽しそうでした。
和んだところで、セミナースタート!

3

 

始まると皆さんの集中力アップです。
腰部の解剖学や、腰痛についての基礎知識の部分では、皆さんうなずきながら真剣に聞き入っていました。
さあ、実践です。

4
〔腰痛改善編:腹式呼吸でほぐし運動〕
腰痛改善編では、運動指導者の方ばかりではなく、自分の腰痛を改善したいとご自分のために参加してくださった方も沢山。
実際にほぐれると実感されると、指導演習にも力が入ります。
お昼休憩を30分挟んで、次は肩こり改善編スタート
案外知っているようで知らない自分の身体です。
皆さん自分の首の構造を知り、驚いてました。
そして最後は、膝・股関節痛改善編。

5
お互いにペアの方の姿勢チェック。
よく見て迷いながらも明確に伝えることが出来ていました。
さらに、機能改善体操後の変化も嬉しそうに伝えてみえました。

6
最後の質疑応答の時には、今までになく、沢山の方々が質問をしてくださり…
皆さんの素晴らしいやる気が感じられてとても嬉しかったです 。
サポートしてくれたスタッフ、参加してくださった皆さんに感謝感謝です 。
本当にありがとうございました!

レポート 岩木博美

 

参加アンケート

・本日の講習会で一番習得できたこと

・日常に気軽にできる体操だと思います。自分一人で何気にできそうです。

・言葉で誘導することで体がついてくることがよくわかりました。

・姿勢チェックをしてもらい、客観的にチェックできたこと。

・講習会全体を通しての感想

・わかりやすくて、楽しく覚えやすい。続けたいと思った!

・丁寧に教えていただけて、これなら家族・友人に伝えられそうです。

・まずは、自身の体で体感できてわかりやすかったです。

 

いきいき・のびのび健康フォーラムin長野 2015年6月21日(日)

2015年6月30日

~介護予防や健康づくりの運動指導に活用できるセミナー~

いきいき・のびのび健康フォーラムin長野

開催日 2015年6月21日(日)

A.手軽エクササイズ 講師:尾陰 由美子

B.身軽エクササイズ 講師:梅村 和代 ・ 林部 美代子

C.気軽エクササイズ 講師:梅本 道代 ・ 綿谷 千鶴

 田植えも終わり、さわやかな風が青田を渡る季節。長野県の山々の緑も、雨に打たれて色濃くなりました。梅雨の時期とはいえ、真夏に向かう過ごしやすい6月。

今年もこの季節に地元・大自然の長野県で健康づくりフォーラムを開催致しました。

このセミナーにご参加をいただきました皆様、ご協力を頂きました各関係者の方々、

心からありがとうございました。

このセミナーは、当協会の機能改善の考え方をテーマに身軽・手軽・気軽“3軽エクササイズ!”を提案させて頂き、介護予防や健康づくりの指導やサポートに携わっている方をはじめ高齢者指導に力を入れたい方々に向けた企画を致しました。

その背景には、高齢者の方の健康意識は延伸している事実、お一人お一人抱える身体と心への不安は背中合わせではないだろうか。身体を動かしたいけど、どんなふうに何をしたらいいのか?私にできる運動とは?自分の身の回りのことは自分でしたい!

日常の動作が(身体が)良くなる運動ってあるの?高齢者の方のお声には様々なメッセージ、魂がある、だからこそ、そこに寄り添う指導者の方に焦点をあて運動現場に活用できるセミナーを開催することに決めました。

自分の足(脚)で歩きたい、足腰の筋肉を鍛えたい(維持したい)、肩腰が改善し弱くならないようにしたい、健康づくりのために得られる運動、ベネフィットを考えた身体の機能解剖学、周りの人と楽しんで続けられるエクササイズ提供の進め方、機能改善の考え方や脳機能改善、充実感たっぷりのコミュニケーションの築き方を体感していただきました。

3講座とも、会場に包まれる穏やかな風とともに温かい雰囲気、優しい笑顔、明るくて元気いっぱいでした。協会のセミナーの良さは、のびのびと学ぶことができること、イキイキと笑顔がいっぱいあることです。

皆様にお会いすることができ、本当に充実感いっぱいの学びでした。

来年も健康フォーラムを開催致しますので、楽しみにして頂けると嬉しいです。

2016年4月30日(土)5月1日(日)です。

長野開催セミナーは、皆様の期待以上にお応えできるよう前進していきます。

今後ともよろしくおねがいいたします。

レポート:林部 美代子

参加アンケート

・講習会全体を通しての感想

・実際に身体を動かしながら、触りながら、とてもわかりやすかったです。また受講したいと思います。

・身体を動かしながらだったので、楽しくできました。すぐに現場に取り入れられるものだったので良かったです。

・時間の経つのがわからないくらい、充実した内容でした。帰り道に身体の調子が良い講座はなかなかありません。

【東京】機能改善体操セミナー 2015.5.31(日)

2015年6月4日

2回目の機能改善体操セミナーin東京を開催致しました。
前回と異なり参加者のほとんどが東京23区外からのご参加でした。
協会の目指す機能改善体操は運動の型を学ぶことがゴールではなく、機能改善体操をとおして人々の「自立・自律」に働きかけるものであって欲しいという想いがつまっていることをお伝えしました。
「ほぐし・安定性・協調性」どの場面においてもボディアウエアネス(気づき)が大切で、それが能動的・自発的に動いてみようとする第一歩になることを知っていただきました。

参加者のキャッチ力が高く、各講座ロールプレイ練習後半のあたりになると説明する声もはっきりと聞き取れるようになり自信がついてきた様子でした。
指導法や解剖学的な質問も積極的にされる方が多かったので、気軽に質問や感じたことをシェアできる雰囲気づくりができたことが良かったと思っています。

昼休みには協会最新のDVD「ボール体操」をサンプルとして見ていただき、セミナーの復習や今後の活動に役立つものとしてご活用いただきたいことをお知らせしました。

更に深く学びたい方や効果的な指導方法を学びたい方には機能改善体操指導員養成講座が10月から始まることを告知して終了しました。

レポート:高橋 友見子

参加アンケート

・本日の講習会で一番習得できたこと

・形を教えるのでなく、クライアントさん自身の気づきを促すための声掛け、人の体の見方、動きのクセ等を見るポイントがわかりました。

・体への気づき、ほぐしの楽しさや心地よさを自分自身でとても気持ちよく感じることができました。

・「自分自身で気付くことの大切さ」です。また、伝える為の話術や声のトーンも大切だと思いました。

・講習会全体を通しての感想

・限られた時間でバランスよく、とても有難い内容でした。特に、肩こり改善がとても良かったです。

・茂木先生、高橋先生からパワーをもらいました。
私自身もパワーや元気を与えられる指導者になりたいと思いました。

・これからの介護予防や高齢者の教室で必要とされる体操だと感じました。