機能改善ヨガ指導員養成講習会(東京) 2013年9月26日~29日

機能改善ヨガ指導員養成講習会(東京) 2013年9月26日~29日

2013年10月22日

講師:尾陰 由美子、橘 千鶴

 

昨年に引き続き、東京で機能改善ヨガ指導員養成講習会を開催しました。

東北沢にあるウェーブストレッチの新しい研修スタジオをお借りしての4日間は、とても充実していました。
7名の受講生に加えて、再受講者1名の方にご参加いただきました。

既にヨガ指導をされている方とヨガの指導の経験のない方が入り混じっての養成でしたが、お互いに切磋琢磨し、刺激を受けながらの学びになりました。

             

ポーズを取ることだけを目的にするのではなく、そこに行き着くまでの過程を楽しむクラス作りは、身体との対話が必要です。いかに機能的にポーズを行うのか?どのようにすれば心地よくポーズが取れるのか?ロールプレイを繰り返し、具体的なフィードバックをもらうことで、気づくことも多いです。

       

ヨガを苦手に思っている方や、柔軟性がなくてヨガをあきらめている方、肩や腰、膝などにリスクを抱えてヨガから遠ざかっている方にもご参加いただけるヨガを提供するために、受講生の皆さんは、本当に真剣に取り組みました。こんな熱意のある指導者の今後の活躍が楽しみです!!

       

 

レポート:橘 千鶴

 

参加アンケート

・本日の講習会で一番習得できたこと

・解剖学の視点でヨガのポーズを深く掘り下げて考える事ができました。1つ1つ丁寧に考えることで、自分にもお客様にも自信をもって指導ができます。

・エネルギー分析と、具体的なヨガのポーズへのアプローチやイメージ。

・ヨガは、心と身体の両方、内面を見つめる事と理解できました。

・講習会全体を通しての感想

・アットホームな雰囲気の中で集中して学べました。

・人とのつながりの中でのヒントや言葉がけ、流れの作り方などが学べた。ただただポーズの習得に目を向けるのではなく、身体の変化に気づくことができる講習会でした。柔軟な心や考え方、姿勢を持ちたいと思えたことは大きな収穫でありました。

・エネルギッシュな講師の方と、よい仲間の中で学べ充実した4日間でした。目からウロコばかり落ちていました。

 

長野県松本市【9月講座 ボディケアー“姿勢改善・カラダの取り扱い方”】

2013年10月21日

2013年9月18日

林部 美代子

9月に入り秋の香りが漂う長野県。見渡す限り稲の鮮やかさは心が癒されます。

山の紅葉はこれからだよ!と微笑んでいるかのような太陽の日差しです。

本日は、NPO法人熟年体育大学リサーチセンターよりご依頼を頂いています、機能改善体操を主体とした第二回目の講座【ボディケアー“姿勢改善・カラダの取り扱い方”】を開催致しました。

この講座のテーマである“姿勢改善・カラダの取り扱い方”を今回は切り口を変えて、参加者の皆様といっしょに【事実を知る・カラダを動かす・自分のカラダを感じる】時間を共有させて頂きました。

作成した資料は、姿勢と骨盤です。

スタートした時の皆さんの声は『姿勢が悪いから○○になる。』『正しい姿勢ってこうだよね。』『私の姿勢ってどうなの?』

何故、姿勢改善が重要なのか?その取り組みによってカラダをどうなる?得ることとは?

今回は、レクチャーを取り入れた内容で、二人組・簡単姿勢チェックを行いながら、実技運動では機能改善体操を行いました。

機能改善体操をした後のお声を聴くと『ス~っと立っている?!なに?これ(笑)』『足の感覚があるし、立っていることが楽に感じる!!』

お一人お一人、沢山のお声を頂きました。そこには皆さんの笑顔がいっぱいでした。

私たちは、自分のカラダが進化することや、動くことで変わる、自分のカラダに気づくという力を持っています。

私自身も喜びと新しい学びを深められたこと、参加者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

後日、参加者の皆様から個人的に頂いたアンケート(お声)を読ませて頂き、次へ12月の講座に向けて滑車が動いています。次回も多くの方と楽しい時間を創りあげたいと想います。

 

老人福祉施設福喜園「あたまとからだの健康体操」 2013年9月30日(月)

2013年10月9日

講師:村上 智子

武庫之荘にある老人福祉施設「福喜園」で、健康フェスタの中の1講座「あたまとからだの健康体操」と題しての90分の講座をさせて頂きました。

総勢50人ほどのご参加で、ミニボールを使用しての機能改善体操やシナプソロジーで身体と心をほぐし、ワイワイと和やかな雰囲気で進めることが出来ました。

「皆さん、脳の神経細胞は1日何個死滅していくと思いますか?」「関節の寿命ってだいたい何歳くらいだと思いますか?」そんな質問で始めた90分の講座。

参加者の皆さんは「次は何をするの?もっと知りたい!!」そんな知的好奇心が豊かな方々ばかり方々で非常に熱心に取り組んでくださいました。

講座の途中、大盛り上がりの笑い声を聞きつけて、たくさんの方が会場を覗きに来られました。

笑い声って不思議な引力がありますね。

あっという間の90分、私の方がたくさんのパワーを頂いた時間でした。

 

 

堺市大蓮公園 アウトドアフラダンス 2013年9月29日(日)

2013年9月30日

講師:荻野 奈緒美

 

晴天の青空のもと、堺市にある大蓮公園にてアウトドアフラダンスが開催されました。

8日(日)開催でしたが台風の影響で、本日の開催となりました。

季節は秋。トンボがたくさん飛んでいる中、色鮮やかなパウスカーとレイを身に着けたフラガールが躍ると一気に夏へと移ったかのようでした。

草の感触が裸足の足に心地よく、皆さんの笑顔や、男性の参加者のアロハ姿もとっても素敵でみなさんダンスもお上手でした。

さて、次回は来年の春に開催します。初めての方も大歓迎です!!

皆さんもフラガール・フラボーイになれますよ♪

 

レポート:畠山 洋子

 

 

 

機能改善ヨガ指導員養成講習会(大阪) 2013年7月~8月

2013年9月2日

講師:橘 千鶴  
サポート:石井 誠、井藤 久美子、村上 智子

 

2013年7月から8月にまたいでの6日間、堺市産業振興センターにて『機能改善ヨガ指導員養成講習会』を開催いたしました。

参加者は7名、遠くは愛媛県からのご参加の方も。
皆さん受講後のビジョンが明確で、それだけに学ぶ意欲も大変高い皆さんでした。

この機能改善ヨガは、身体が硬い方やヨガを苦手に思う方でも、その方の身体の状態に合わせてヨガを楽しんで頂けます。機能改善体操を組み込み、身体のこわばりや緊張を取り除いてからポーズを取ることで、無理に身体を痛めることなく、素直に自分の心と身体に向き合うことが出来ます。

 今回の受講生の皆さんも、まずは自分の身体で体感し、それを誰かに伝えるために何度も指導練習を重ねられました。また、説得力のある分かり易い指導の為に、身体の仕組みの勉強にも積極的に取り組まれました。

 これからの社会、高齢化とメンタルヘルスが問題化されていますが、その問題解決の一つが機能改善ヨガだと思います。心と身体は繋がっているので、身体が気持ちよく動ける事で心も整いやすくなります。今回の受講生の皆さんは、シニアの方から働き盛りの方・主婦の方へと様々な方にこの機能改善ヨガを届けられることでしょう。

私達協会スタッフも、これからもより多くの方に健康をお届けできるように、指導者養成や健康普及活動に努めてまいります!

石井 誠

 

参加アンケート

・本日の講習会で一番習得できたこと

・実践的で、即レッスンに使える指導がありがたいです。
・機能改善体操が、いかにヨガのポーズをとる時に楽に、スムーズにできるかが学べました。
・答えが一つではないということ。

・講習会全体を通しての感想

・今までにない位、素晴らしい環境での講習会。すべてにおいてありがとうございました。
・本当に不安でいっぱいでしたが、いいチームワークと先生方のサポートのおかげで、とても充実した6日間でした。
・人との交わりがとても楽に。ヨガも大好きになりました。

    

長野県機能改善講習会~笑顔と笑顔を繋げる・健康づくりの輪~(長野) 2013年8月2日~5日

2013年8月28日

長野県機能改善講習会 笑顔と笑顔を繋げる・健康づくりの輪
楽しく学んだ感動の4日間

講師 尾陰 由美子・梅本 道代
サポート 綿谷 千鶴・林部 美代子

 2013年の8月。鮮やかな緑、そして真っ青な青空。輝く太陽は毎日のようにギラギラと顔を出してくれる、大自然に囲まれた長野県。お庭や畑で育つお野菜達が活き活きとする季節ですね。自然の力というのは、私たちに【わくわく感】や【元気】、そして【希望の未来】を与えてくれているのではないでしょうか。

自然のエネルギーも味わえる長野県機能改善講習会は、今年で4年目を迎えました。

こうして開催ができるのも、当時から大変お世話になっています施設(会場)、ももたろうケアセンター、アクネス佐久平、ラヴィ・フィットネスコミュニティーの皆様には壮大なお力を頂いています。心から感謝申し上げます。

そして、長野県講習会を楽しみにして下さる皆様やご協力をしてくださる方々に心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

 暑い季節に負けないくらい?!企画・準備期間の熱い私(笑)には【笑顔は自分自身を応援できる!】というまっすぐな想いがあります。4日間にかけて開催した講習会は、様々な場面で必要とされる健康づくりの切り口・材料をお届けしました。

8月2日(金)イベントレッスン【機能改善体操&シナプソロジー】

『も~もたろうさん♪ももたろうさん♪』

大笑いと歌も飛び出た!機能改善体操&シナプソロジー

【感動のプレゼンテーション】

プレゼンテーションの基本スキル&自己の課題を知る ボイストレーニングもあって満載でした!沢山のドリルをしました!

8月3日(土)【とってもよくわかる!からだの使い方】

機能的な動き呼吸を学ぶこと、新しいボディマップイメージ・アクティブに動くは楽しさには発見がたくさんありました!

8月4日(日)【水中機能改善体操1DAYセミナー】

機能改善体操の考え方やコーディネーショントレーニングの重要性・腰痛&膝痛のメカニズムを学びました!水中シナプソロジーは炸裂でした!

8月5日(月)【身体の機能・からだの取扱書を学ぶ~ロコモティブシンドローム~】

これからのフィットネスは?脱・ロコモティブシンドロームについて学びました。

思い込みと事実(本来あること)を知ることで自動運動・健康教育・動き⇒体感⇒動きも変わる!!

一日一日、長丁場であった講習会にも関わらず、受講してくださった皆さんの熱心さや集中力、そして何よりも頂くアンケートには、ぎっしり詰まった皆様のメッセージが寄せられていました。皆さん自身が自分にむけた言葉・感じたこと・熱い情熱に胸が熱くなりました。

だからこそみなさんと繋がっていきたいです。
なりたい自分になるために。夢は叶えられます。

来年はみなさんと楽習会を作り上げたいと想っています。
笑顔と笑顔が広がる!夢を叶えるための楽習会。
沢山の方が参加したくなる長野県講習会を開催していきます!!

レポート:林部 美代子

長野県松本市 「膝痛・腰痛バイバイ 健康体操~日常動作を快適に過ごすために~ 2013年7月24日(水)

2013年8月19日

講師:林部 美代子

梅雨が過ぎ、夏!真っ盛りの7月。北アルプスの山々が鮮やかに広がる長野県です。

今朝は、朝から涼しい風と冷たい雨が降っていました。本日は、NPO法人熟年体育大学リサーチセンターよりご依頼を頂きました機能改善をテーマに“膝痛・腰痛バイバイ 健康体操”を行いました。機能改善の重要さや必要性が一般の方々に浸透していることを、身を持って感じる日々です。こうしてご依頼を頂くことに感謝の気持ちでいっぱいです。

会場にお越しいただきました皆様は、とても明るくて、そしてチャーミングな笑顔が印象に残る素敵な方々ばかり。日頃からインターバル速歩トレーニングをされていらっしゃるので、本日のセミナーでは、からだのしくみについてお話を取り入れてみました。とても熱心にお話を聴いて下さる方や、質問をして下さる方も多く、とても和やかな雰囲気で機能改善体操を行うことができました。

 参加者の皆さまには、今の状態を知って頂き、カラダを動かすことでどのような変化が生まれるか?自分のカラダがどう変わるのか?を体感していただけるようにプログラムを構成しました。参加者の皆さんは、自分で自分のカラダを動かしていくうちに、自分のカラダに安心すること・そして動く楽しさによって、沢山の笑顔が広がりました。

とっても楽しい時間を参加者の皆さまと共有することができました。

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

あらためて機能改善体操の楽しさを感じた講座です。

“カラダが整うことで、カラダが動かしやすくなる。気持ちも表情も変わる。”

どんどん皆さんの笑顔がキラキラと光っていく時間を過ごすことができました。

次回の講座では、さらにカラダを動かすきっかけと、やりたくなる運動、カラダを動かすことが楽しい!と感じて頂けるように、様々なアプローチをさせて頂きます。

9月・12月も楽しい講座を皆様と共に作り上げていきます!!

【参加者様の感想】
・来てよかった。
・カラダが軽くなった感じ。ウェーブリングだと痛いけど、ちびボールで簡単にできるので、自宅でやってみようと思う。
・笑って、楽しかった。
・心がすっきりした。

   

尼崎市立社会福祉老人センター シナプソロジーで脳はまだまだ若返る! 2013年7月17日(水)

2013年8月5日

講師:尾陰 由美子

 

2013年7月17日(水)尼崎市立老人福祉センターからのご依頼の介護予防事業で

「シナプソロジーで脳はまだまだ若返る!」という講座を担当してきました。

尼崎市内在住の60歳以上の方が125名集まりました。

高齢化が急速に進む中、いまや「認知症」に対する予防や取り組みは

かなり急務となっているようです。

高齢者の健康づく理においては、まずは楽しくやる気を起こすことが重要。

そのために取り組みやすい環境作りは必須です。

尼崎市の取り組みは、地域に根ざした等身大の取り組みです。

地域包括支援センターのスタッフの方々も熱心にメモを取ったり

体験をされていました。

シナプソロジーで、大きな声をだし、できなくってちょっと脳が混乱したときほど

大きな声で大笑い。気が付いたら隣の知らない人とお話まで弾んでいる・・・

このように気が付いたら、楽しんでいた、気持ちよくなっていた。

こんな運動指導がもっともっと必要なんだと心から思いました。

   

 

 

 

堺市大仙公園 お茶室ヨガ 2013年6月23日(日)

2013年7月9日

講師:橘 千鶴

 

堺市の仁徳天皇陵のすぐ横に大仙公園があります。そこは日本庭園もあり、池の上に浮かぶお茶室はとても落ち着く場所です。そんなお茶室で6月23日にヨガをしました。

呼吸法や瞑想、身体をほぐしながらのヨガのポーズで、90分間ゆったりとした時間を過ごしました。

雨上がりの清々しい空気を香り、カエルや鳥の鳴き声を聞き、素敵なお庭を眺めながらのヨガは、スタジオでは味わえないくらいリラックスします。終わった後は、参加者の皆さんと点てたばかりのお抹茶と和菓子でホッコリした時間も楽しみました。五感で味わうぜいたくな時間は、癖になりそうです・・・

次回は、9月15日に開催します。自然とのつながりを感じながら自分を取り戻す時間を作りませんか?

ヨガが初めての方や身体が硬い方も大歓迎!!

身体と心を繋げ、人と人を繋げる・・・そんなヨガが大好きになりますよ!

 

  

長野県塩尻市「楽らく体操~機能改善体操~」2013年3月23日

2013年4月29日

講師:林部 美代子

3月下旬。山々に囲まれた長野県。北アルプスを眺め、春の新鮮な空気を感じながら、長野県塩尻市にあるセイコーエプソン株式会社神林事業所へお伺いしました。
いきのび協会では運動施設以外でも、各企業・行政・介護福祉関係のお仕事をさせていただいております。
先方の人事・健康管理の方とお話をさせていただき、社内の健康づくりへの一歩として・運動(カラダを動かす)の動機づけができるプログラムをお願したいとご依頼頂きました。
その一歩として、自分のカラダを楽な状態へ導くこと、そして運動の動機づけをテーマとした【気軽に・誰でも行える・できる運動】を絞り、【楽らく体操~機能改善体操~】を行いました。
会議室には勤務を終えた20名の方々がご参加下さいました。賑やかな温かい雰囲気と心地よい“気”が包まれた会議室は笑い声がいっぱいでした。とても楽しかったです。
今回のゴールは“運動をすることでカラダが楽になること”“運動をすることで健康に繋がること”“その運動とは?参加者の皆さんができる運動・続けたくなる運動”【運動=機能改善体操】を体感して頂くことです。
機能改善体操を体感することで、身体がどんどん楽になっていくと同時に、沢山の笑顔と笑顔が繋がりました。
健康づくりの一歩として、運動の動機づけとして、欠かせない運動だということが確信できました。
機能改善体操は、自らカラダを動かし磨かれていく運動して、お届けできたことを幸せに想います。
多くの人が笑顔でいられること。健康であること。笑顔は生きていく源ですね。
毎日が凛々しく・健やかな生活を過ごせられる為に、これからも楽しい運動をお届けできるように学んでいきます。
ご参加頂きました皆様・人事・健康管理の方々に感謝申し上げます。

参加アンケート

・今回の体操教室で何が良かったでしょうか?

簡単にできる体操で、それぞれ自分自身が体感できるということができて良かった。

・簡単にからだのバランスを整えられること。 普段カラダを動かさない人にはいいきっかけになった。

・軽度の運動で普段認識しない筋肉の運動ができてよかった。

・ボールを使用したが、無くてもタオルや本など身近にあるもので、楽しくできる、難しくない点がすぐに取り入れられるし、即効性がある点が良い。