【東京】ボディキネシス®マスターインストラクター養成コース「解剖学マスター」「エクササイズバリエーションマスター」

【東京】ボディキネシス®マスターインストラクター養成コース「解剖学マスター」「エクササイズバリエーションマスター」

2018年10月1日

■開催日&時間:9月23日(日)・24日(月・祝日)
■会場:SIN STUDIO
■担当講師:尾陰由美子 サポート:茂木伸江・高橋友見子

今回は両日ともに当協会会長・尾陰由美子が講師でした。
前回2018年1月のボディキネシス®マスターインストラクター養成コースが終わった直後から、
次の開催はいつですか?とリクエストが多かったのが「解剖学マスター」。
この講座はどなたでも参加できるオープンセミナーです。初めましての方も、当協会主催のセミナーにたびたび顔を出してくれる方も、興味深く、集中力も高くスキルアップに取り組んでおられました。

翌日はすでにボディキネシス®インストラクター養成コースを修了した方が対象の「エクササイズバリエーションマスター」の講座です。
活動報告を兼ねながらの自己紹介は、情報交換するのにとても役に立ちます。
そして何より、現場で実践していることを伝えるので皆さんとても積極的に自己紹介をしていたのが印象的でした。

まず、人気の「解剖学セミナー」は、体幹・上肢・下肢の3部構成です。
いずれのパートも骨格模型を眺めたり、触れたりしながら、立体的に捉えながら全体のイメージを膨らませていきます。

 

 さらに、自分の身体を使って表現することで頭と身体の両方で理解を深めていきます。

 また、ペアワークとして実際に手を置く手法(ハンズオンやアジャスト)を用いる体験を通してさらに理解を深めていきました。

 参加者からは「あれもこれも使いたい」「お客様に喜んでもらえそう」「今日だけでは覚えきれないから、また参加したい」などのお声をいただきました。
ぜひ、来年の解剖学セミナーもご参加くださいね。

そして翌日の「エクササイズバリエーションマスター」は、現場で様々なお客様に対応できるように、また個別指導を充実させていくために、モディフィケーションという手法を使って、エクササイズのバリエーションを考えていきます。
こちらの講座は、ボディキネシス®(機能改善体操)の考え方「ほぐし」「安定性と可動性」「協調性」にそって進んでいきました。

ボディキネシス®インストラクター養成コースではなかなか見かけることがなかった伏臥位でのバリエーションもあります。初日にも学んだハンズオンの手法を練習しますが「う〜ん、うまくいかない」「強すぎる〜」などの声が漏れてきます。

パワフルな動きもあります。サポートするスタッフの茂木と高橋も試しにやってみましたが、なかなかハードな動きに苦戦です(汗)

 

 協調性のエクササイズバリエーションはペアを組み全身を使ってキャッチボール運動です。これは楽しいですね。

 

 この後は総まとめとして、各自レッスンを考え組み立て指導する練習を行い、さらにはリズムキネシスというリズムを使った新しいエクササイズコンテンツも体験することができました。
東京支部では10月から基礎となるボディキネシス®インストラクター養成コースを開催します。興味が湧いた方はぜひお越しくださいね。 (報告:高橋)

【大阪】第9期アクアキネシス®インストラクター養成コース 2018年9月29-30日(土日)

2018年10月1日

開催日:2018年9月29日(土)・30日(日)
会 場:JSSスイミングスクール松原
講 師:尾陰 由美子・梅本 道代 

2018年9月29日(土)&30日(日)台風24号が迫る中、無事にインストラクター養成コースを開催することが出来ました。30日(日)台風の影響で交通機関がSTOPするとの情報で、遠方の方は延泊の手配をし、講習会は少し前倒しで時間変更をしたことでなんとか終えることができました。
今回ご参加の14名の皆様のご協力と集中力のある取り組みのおかげです。遠く離れた、北海道、福岡、埼玉や広島からも来て下さって本当にありがたい限りです。

アクアキネシス®︎は、水中機能改善のグループレッスンスタイルを学ぶ養成コースです。腰、肩、膝・股関節の水中における機能改善を目的にエクササイズがプレコリオ化されています。シンプルなエクササイズですが、そのエクササイズを通して得られる効果や目的を伝えていくこと、そのエクササイズが求める機能を表現し伝えていくことの難しさはあるものの、5つのSTEPを踏むことで確実に体の機能は変化していきます。

たった2日間で学び切ることは難しいかもしれませんが、受講生には動画が配信され、レッスンイメージを持てるように各パートのモデルレッスンを3回体験することができます。2日間で学んだことを自分の体を通してまずは何度も練習すること、練習の過程で得られる感覚や体の気づきを言語化していくこと・・・養成コースを終えてからのチャレンジが重要です。

今回の受講生は、明るく前向きな方々が多くその期待に応えてくれそうでとても楽しみです。

プールの活性化はいつもよく言われることですが、プールで運動する必要がある方に向けたプログラムや指導者はまだまだ少ない現状です。
NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会は、今後もすい中運動に関しての研修の機会の場を設けていく予定です。
2019年は、6月29日(土)&30日(日)にアクアキネシス®︎インストラクター養成コースを開催する予定です。

受講生のお声
M.K様
目的をもって、的確なアドバイスをすること、レッスンの組み立て方や参加者の方とのコミュニケーションの取り方に活かしたいです。
指原 知美様
長年にわたり、会員様も自分も水中を楽しめるように活かしたいです。

【長野】第10期ボディキネシス®インストラクター養成コース

2018年9月19日

 開催日:2018年7月29日(日)・8月19日(日)・9月9日(日)

会 場:NPO法人ながの健康サポートセンター

講 師:高橋 友見子・茂木 伸江

7月から9月にかけて開催した第10期ボディキネシス®インストラクター養成コース。

県内よりこれから運動指導に携わる方をはじめ、地域の健康づくり(サークルや公民館・スポーツ)に携わる方、フィットネスインストラクター、パーソナルトレーナ&管理者、柔道整復師・健康運動実践指導者や健康運動指導士の方々、そして再受講のボディキネシス®インストラクターの方々も集合で、とても優しい気があふれる3講座でした。

熱い情熱を持つ指導者の方々との出逢いと学びに感謝しています。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

【2018年9月9日(日)に開催された機能改善のための膝&股関節編の学び】

朝からイキイキとのびのびとした笑顔がいっぱいです。

メモを懸命に取っては動いて、機能改善体操の考え方を確認し合う6時間はあっという間。

機能改善体操の意味を知るために、機能解剖学に触れて、実践的指導練習ではプログラミングを話し合ったり、講師と共にこれからの運動指導者の役割や在り方を考えたり、さらには学んだボディキネシス®を現場で活用するために、何度も確認して、練習を繰り返す時間、そして皆さんと共有する時間を大切に築きました。

単なる機能改善体操だけでとどまらない考え方。お手本を見せること、体操の目的を伝えること、実践指導を高めていくとても有意義な時間を皆さんと過ごすことができました。

7/29(日)腰編:https://www.ikinobi.org/report/12355/ 活動レポートより

8/19(日)肩編:https://www.ikinobi.org/blog/12405/  協会ブログより

9/9 (日)膝・股関節編:https://ameblo.jp/moginobu/entry-12403900498.html

講師:茂木伸江ブログ「自分で開く 新しい扉」より掲載しています。

今後も当協会の講習会及び、長野支部での活動は、皆さんとの触れ合いの中から共有化を図り、そして相互の繋がりを持ち、日本社会の健康寿命の延伸に貢献することを目的としていきます。今後も長野県での学びと出逢いを楽しみながら、皆さんとの社会的な健康づくりや信頼を深めていきます。今後共、よろしくお願い致します。

サポート&活動レポート作成者:林部 美代子 

受講生のお声
R.O様
「目線・頭の位置・呼吸をしてますか?」の使い方と、モニタリングの受容性を再認識しました。日々の教室の中で効果的に楽しく活かします。
加藤 さや香様
現場での様子をたくさん聞けてとてもわかりやすかったです。今後は言葉かけのバリエーションを増やしていきたいです。

【東京】ボディキネシス®入門セミナー(膝股関節痛改善編)2018年9月2日(日)

2018年9月7日

■講習会名:ボディキネシス®入門セミナー(膝股関節痛改善編)
■開催日&時間:2018年9月2日(日)10:30〜16:15
■会場:SIN STUDIO(東京・新宿)
■担当講師:茂木伸江,
(サポート)緒方美穂

2018年9月2日(日)東京新宿 SIN STUDIOにて、2018年最後の機能改善体操入門セミナーが開催されました。

今回は少人数ではありましたが、遠くは日本最北端 稚内からご参加してくださる方、全員が10月から東京新宿で始まるボディキネシス®インストラクター養成コースの参加を見据えてのご参加の方ばかり。また、先日の協会主催の講師養成コースで講師資格を取得された緒方美穂さんが加わり、90分3講座、エネルギーレベルの高い充実した時間となりました。

人生100年を迎える日本にとって、どのように自分を生かしていくか?そんなことを考えてのご参加。この入門セミナーをきっかけに新しい扉が開けていくような予感がしました。

 

アンケートからは、

★今まで自分が指導してきたものは、かなり目の前の方を頑張らせてきてしまった。こんなに簡単に身体が変わることを知れて、目からうろこでした。

★サークルや保健センターでのクラスで早くお伝えしたい。

★体操で「ほぐす」という考え方が新鮮だった・・・などなど

その他にも様々な「気づき」があったようです。

 

入門セミナーは運動習慣に有無に関わらす、一般の方にもご参加して頂ける内容です。目的別にそれぞれ5つの体操に構成され、その順番通りに体操を行うと関節の動きが体操前よりもスムーズになり、身体が動き易くなります。

簡単だから、誰でも取り組みやすい。

 

東京支部での次回の入門セミナーは2019年となりますが、是非自分のため、自分の周りの方のためにこのセルフコンディショニングの方法を知って頂けたらと考えています。東京支部スタッフ一同、1人でも多くの方に出会えますこと楽しみにしています。共に体操を通して、元気になり、元気な人を増やしていきましょう!

                               東京支部  茂木伸江

受講生のお声

E.S様
今回の講習会で、「ほぐす」の概念が「もにほぐす」しかなかった事に自分で気づきました。効果的な結果を出すメカニズムを学ぶ事が出来ました。

H.I様
膝・股関節は自分も痛みがわかるので、しっかり覚えて体に入れます。今後はサークルや、保健センターの仕事で皆様に伝えていきたいです。

                          

【長野】機能改善ヨガセミナー「姿勢改善編」2018年9月2日(日)

2018年9月7日

開催日 : 2018年9月2日(日)
会場  : 長野県伊那市「テルメリゾート INA」
講師  : 梅村 和代

所々で少しずつ秋の気配が漂う長野県伊那市。「機能改善ヨガセミナー 姿勢改善編」開催の朝はしとしと雨模様…


7月に続いての「機能改善ヨガセミナー」、今回は「姿勢改善編」です。

不良姿勢がもたらす身体や心への影響を学び、ヨガのポーズを通してその効果を最大に引き出す「機能改善体操」を差し込みながら行う「機能改善ヨガ3ポーズ」と「機能改善体操6種」を習得する2時間。

 

今回は6名の方にご参加いただきました。ほとんどが地域の高齢者指導に携わる指導者の皆さんで前回の「介護予防編」も受講された方たち。

 

前回の「介護予防編」で学んだことをすぐにアウトプットされたようで、その感想をお話しいただきました。

◎参加者の皆さんの「変わった~」とか「動きやすい!」などの『気づき』が感じられた。

◎認知症の方たちへの指導の中で行ったが、皆さんの動く様子を見た介護士の方たちの「あら、〇〇さん、あんなに手が上がってる!」など驚きの声が聞こえた。

◎椅子に腰かけて行うので皆さん楽にでき、とても楽しんだ様子がうかがえた。

 

などなど、指導者の皆さん自身の発見にもつながったようです。

 

さて、今回は「姿勢改善編」。自らの生活習慣で不良姿勢になりそうな原因を思い浮かべながら、レクチャーに真剣な眼差しを向けていました。「うん、うん」とうなづくことも。

 

体験レッスンでは、「あ~気持ち良い」「伸びた~」など心地良い時間を過ごした様子。



指導練習はお互いにテキスト見ながら、「自分はヨガの指導が初めてだけど…」と少々自身無げに、声を掛けながら進めていきました。

「こんな時には?」とか「こんなかたには?」など現場における積極碇な質問もいただき、すぐにアウトプットしたい!の意欲を感じました。うれしいことです。

 

 

そして、今回は指導者の方が多い中、ただ一人一般参加の70代女性は、「加齢とともに激しいことはできなくなったけど、ヨガはずっと続けていきたい!このセミナーで学んだことが、日々の生活でとっても役に立っているの。うれしい!!」と感想を述べてくださいました。

セミナーの中で、講師を務める私自身、このような方がもっと増えたらいいなぁ…と思う場面でした。

 

指導者のお役に立つことは勿論、自身の健康を自身の手で築いていこうという、そんな方たちの為にも研鑽を積み、もっと広くたくさんの方へ提供したいと思いました。

 

さあ、次は■10月14日(日)同じ会場で「ストレス解消編」開催です。

また、■12月2日(日)長野市で開催「機能改善ヨガセミナー」も開催します。
(こちらは、一日で①介護予防編・姿勢改善編・ストレス解消編の3つを受講する事ができます。)

機能改善ヨガを通しての健康づくり、一緒に学んでみませんか!!

 

 

終了後の弾けた笑顔が素敵ですね!!!

皆さんありがとうございました。

受講生のお声
加藤 さや香様
骨盤底筋群の意識をまた再び確認ができました。お客様お一人お一人に、骨盤底筋群への意識を向けられるよう根気よく伝えていきたいです。 
S.M様
「ほぐし」を十分に時間をかけてやって下さったので、よくわかりました。 ディサービスの利用者様に、椅子での座位で出来る様に、ほぐしを十分に入れていきたいです。

【大阪】いきのびフェスタ2018 2018年8月26日

2018年8月31日

開催日:2018年8月26日(日)
会 場:からだの学舎Re-fit
講 師:長谷川昌弘・橘千鶴・梅本道代・尾陰由美子

2018年8月26日(日)「からだの学舎Re-fit」にて、いきのびフェスタを開催しました!
大阪以外からも沢山の運動指導者が学びに来てくださり、全講座が定員に達しました!
以前に協会の養成や研修などにご参加の頂いたことのある指導者も集合で、同窓会のような感じになりました。
初参加の方も沢山おられ、「やっと来ることができました!!」と、嬉しい声もあり、大変賑やかなフェスタになりました。

1講座目は、愛知県で理学療法士として活動されている「長谷川昌弘さん」の脳・神経の仕組み、痛みと姿勢・動きのメカニズムなどの講義とワークでした。普段聞くことのできない分野のお話は大変興味深かったです。2人組でのワークやフランクリンボールを使っての実技もあり、楽しく学ぶことができました。

2講座目は、橘千鶴が担当の「機能改善ヨガの実践」でした。
高齢者にも優しい機能改善ヨガのレッスンを体験して頂きました。
タオルやスモールボールを使用し、機能改善体操を取り入れたヨガは、無理なく、心地よくポーズを行うことが出来ます。終わった後のシャバアーサナが気持ちよさそうでした。
ヨガ指導者の方には高齢者ヨガのエッセンスとして取り入れる、ヨガの指導をされていない方は指導の幅を広げるきっかけにしていただけると嬉しいです。

3講座目は、梅本道代さん担当の「機能改善体操とシナプソロジー」でした。
身体と脳のつながりを高めるプログラムは、笑いの連続でした!
1人で、ペアで、グループで、行うことができる体操は、コミュニケーションもしっかり取れるので、知らない人同士でも親近感が湧きます。
自然と笑顔が出て、楽しく身体の機能を取り戻すことが出来ました。

4講座目は、尾陰由美子さんの「リズムキネシス〜リズムを使った機能改善体操」でした。
今年度から新しく展開する「リズムキネシス」をいち早く多くの方々に体験していただく時間となりました。
リズムをとることで、空間認知を高め、人や環境との適応能力も引き出すこともできるそうです。
音楽に合わせてみんなで動いていると、あちらこちらから笑い声が聞こえてきました。
特に全員で息を合わせてのリズムゲームのような動きは、子供のころの遊びを思い出させてくれました。

いつまでも軽やかに、健やかに生きる為のヒントがいっぱい詰まったフェスタとなりました!
来年の開催も楽しみにしていて下さい!

【長野】第10期ボディキネシス®インストラクター養成コース 腰編2018年7月29日(日)

2018年8月7日

開催日:2018年7月29日(日)
会 場:NPO法人ながの健康サポートセンター
講 師:高橋 友見子

2018年7月29日(日)長野市内にあるNPO法人ながの健康サポートセンターにて、ボディキネシス®インストラクター養成コース(腰編)を開催致しました。

長野県内のフィットネスインストラクターの方々をはじめ医療関係の方、これから運動指導指導者として活動を考えていらっしゃる熱心な方々が機能改善を学びにご参加いただきました。

2018年度よりボディキネシス®インストラクター養成コースは新しくリニューアルしています。
これまでより機能改善の考え方を深めるために、【 腰編 / 肩編 /膝・股関節編 】に分かれた内容へ徹底しています。

今回は、【 腰編】:機能改善体操の概論/腰痛のメカニズム/指導の基礎/機能改善体操の実践的内容
を6時間、とにかく自身のカラダを動かして、使って、触れて、そしてシェアをし合いながら学んでいきました。

熱心な方々が集まるゆえの悩みがあること。

いきのび協会の学びは、こうした環境や状況をシェアする大切さや大事さを考えます。

我々の視点や視座を変える、解決するための機能改善体操の考え方を何度も何度も繰り返しました。

機能改善体操の目的とは何か?

身体のつながり(認識・意識・感覚)を学んでいきます。

そして、この動きにどのような裏付けがあるのか?

身体の様々な部位に触れながら、位置や場所を確認し、腰に関わる機能改善体操を実践することにとって、腰痛改善や予防だけでなく、スポーツなどにおけるパフォーマンス向上へ役立つためにも機能改善体操の手立て・手順を理解していきました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

☆8月19日(日)肩編 ☆9月9日(日)膝・股関節編 と続きます。

【 肩編・膝・股関節編の詳細 】→2018年度ボディキネシス®インストラクター養成コース

国民病と言われる肩凝りや首凝り改善のためのエクササイズ、40代から起こるロコモティブ対策としての膝や股関節痛予防や、介護予防や転倒予防のために活用できるエクササイズを学びにお越しください。

作成:サポート 林部 美代子

受講生のお声
北嶌 春香様
ボディキネシスでの役割、自分が指導においてクライアントさんにどう導いていくか、どういう風に引き出していくのか再確認できました。より自分で良くしていくために、伝える事の伝え方を今まで以上に意識して、「これでいいよ!」と話して下さる方が増えるようにしていきたいです。
倉島 麻里子様
伝え方を明確に、、、目的に応じたプログラムをチョイスする大切さを再確認しました。今後は、言葉を選び、伝え方を具体的に明確にしていきたいです。

 

 

【長野】機能改善ヨガセミナー「介護予防編」2018年7月16日(月・祝)

2018年7月20日

開催日 : 2018年7月16日(月・祝)
会場  : 長野県伊那市「テルメリゾート INA」
講師  : 梅村 和代

 

夏の花、ノウゼンカズラが咲き乱れ、連日37度越えが続く長野県南信州。今日の中央アルプス・宝剣岳はかすんでいます。

伊那市のフィットネスクラブ「テルメリゾート INA」において、7月16日(海の日)に初の「機能改善ヨガセミナー」が開催されました。

今回のテーマは「介護予防編」。

参加者の多くは、地域の高齢者運動講座を担当する指導者の皆さん。「クラスに役立てたい、今一度顧みて学びたい」と意欲満々。そして70代の女性は「腰にリスクを持っているので激しい運動ができないけど、ヨガを通して身体づくりを」とご自身の為にご参加いただきました。

「20代の頃と何が違う?」の質問に、50代半ば女性「100mダッシュができなくなった…」と。これにはみなさん大笑い。ダッシュ!とまではいかなくても、確かに素早い動作ができなくなる今日この頃。体力の低下は顕著です。

そして多かったのが「疲れる」や「やる気の低下」など。

自身の日常を思い浮かべながら高齢者のからだの特徴をみんなで確認しました。

   

 長野県下伊那での初開催。

「ヨガは難しい…」とか、「ポーズが上手に取れないからいや…」とか、ネガティブな感情に左右されずに実施できるよう、多くの方が心地よく、楽しく、そして自分に自信が持てるような、そんなヨガの時間が提供できたらいいな…と思います。

本日ご参加いただいた皆さんの担当するクラスのおじいちゃん、おばあちゃんたちがヨガを楽しんでいる姿を想像しながら、私の思いは次へと進んでいくのでした。

 ◆伊那市「テルメリゾート INA」での開催

   ★ 9/ 2(日)10:00~12:00 「姿勢改善編」

   ★10/14(日)10:00~12:00 「ストレス改善編」

   詳細は ⇒   機能改善ヨガセミナー 2018年7~10月(伊那市)

 ◆長野市での開催

   ★12/ 2(日)10:00~17:15 「介護予防編」「姿勢改善編」「ストレス解消編」

   詳細は ⇒  機能改善ヨガセミナー2018年12月2日(長野市)

 皆さんのご参加お待ちしています。

レポート 梅村 和代

受講生のお声
M.S様
機能改善後の体の変化が体感できました。今後はディサービスの利用者様に「楽になった」ことを体感できるように声かけしていきたいです 
M.K様
講義で、からだの気づきに対する的確な言葉かけが役に立ちました。「動きやすい体にして運動をはじめる」「疲れを取る」など大切だと思いました。
前田 香織様
声のかけ方・意識づけが役に立ち、何より自分が行う事で、体の状態が良くなりました。今後は自分の教室で生かしていきたいです。

 

【大阪】機能改善ヨガスキルアップセミナー2018年7月8日(日)

2018年7月11日

開催日: 2018年 7月8日(日)
会場 : 大阪中百舌鳥  からだの学舎Re-fit
講師 : 橘 千鶴・川瀬ひとみ

7月8日(日)からだの学舎Re-fitにて、機能改善ヨガスキルアップセミナーを開催しました。今回の内容は「ポーズバリェーション」ベーシックインストラクター養成で学んだヨガのポーズ以外の10ポーズを新たに習得して頂きました!

 

数日前からの大雨で交通機関に影響のある中、岡山県、滋賀県、京都府、栃木県などから足を運んでいただきました!

 

難しそうなポーズでも身体の機能を理解し、機能改善体操をタイミングよく取り入れることで、ポーズが行いやすくなります。

まずは、自分の身体で体感し、他の受講生に伝える。

また、相手の受講生からの指導を受けることによって、多くの気づきを得ることができます!

 

6時間かけて学んだ、新しいポーズと機能改善体操を差し込んだ「機能改善ヨガ」を多くの方々に伝えて欲しいです!

 

次回の機能改善ヨガスキルアップセミナーは、9月8日(土)10:00〜17:00

内容は「ティーチング&プログラミング」です。

 詳細は→ 機能改善ヨガスキルアップセミナー・「ティーチング&プログラミング」 

ご参加をお待ちしてます!

橘 千鶴

受講生のお声
M.K様
ポーズのバリエーションが増えて良かったです。 今後はヨガやピラティスのクラスに機能改善体操を取り入れたいです。
佐藤 崇子様
デモレッスンが受けれ、バリエーションが増えました。と同時に自分の硬さにも気づけました。 今後は講師依頼等の講義の中で、プログラムを作って行きたいと思います。

 

【東京】ボディキネシス(機能改善体操)入門セミナー~3軽エクササイズ~2018年6月17日(日)

2018年6月26日

■講習会名:ボディキネシス®(機能改善体操)入門セミナー〜3軽エクササイズ〜
■開催日&時間:2018年6月17日(日)10:30〜16:15
■会場:SIN STUDIO(東京・新宿
■担当講師:菅野博美・高橋友見子、大井嘉七美(サポート)

 2018年6月17日(日)に今年2回目の入門セミナーを開催しました。参加者の多くは運動指導者でしたが一般の方を含む11名で終日明るく楽しい雰囲気で進行しました。スタート時は、少しの緊張と早くこの雰囲気に慣れたいという思いが感じられる時間となり、講師と参加者全員で協力しながら良い雰囲気を作り上げていく時間になりました。

 各講座のイントロダクションでは恒例になったシナプソロジーを行ってから、講座の本題に入っていきます。ボディキネシスとシナプソロジーの親和性は高く意欲的に学べたり、注意力が増すため講座に集中できたりといいことづくしです!

 

 1講座目「腰痛改善編」を始めるにあたり、はじめに5つのエクササイズの構成について解説します。緊張した体のまま、筋力アップトレーニングやストレッチを行っても非効率で効果も薄いので、最初はリラクゼーションに重点が置かれていることを知っていただきました。このパートを「ほぐし」と呼びますが、運動指導者でもご存知ない方が多く、毎回アンケートではこのパートへの関心がとても高いのが特徴です。

 2講座目「肩こり改善編」では「肩こり・首こり」がありますか?」の質問に対してほぼ全員手が挙がりました!皆さん、肩こりにはかなり悩まされている様子。それだけスマートフォンやパソコンを使う時間が長くなってきている現代病かもしれません。

 3講座目「膝股関節痛改善編」は「ほぐし」「安定化」「協調性」全体の流れを確認できるような展開で進行していきました。5つのエクササイズを覚えて、自分でやってみて体感・実感することが目的です。自分で体感できるからこそ身近な人に伝えることができます。「自分でやれることがまだまだある」ということ、そして指導者の方にはエクササイズを教えるだけではなく、そのことを指導現場で伝えていって欲しいと思います。

次回、東京での「ボディキネシス®(機能改善体操)入門セミナー〜3軽エクササイズ〜」は9月2日(日)に開催します。まだ1講座しか受講していないという方は残りの講座だけでも構いませんので、ぜひお越しください。

 

受講生のお声
Y.Y様
ほぐしてから、可動性を出す動きをやって、全身につなげる協調性の動きをやるという3軽エクササイズの基本を理解できました。今後は、自分自身のケア・家族のケア・不調のある方に伝えていきたい
嶋田 祐子様
腰をゆるめる為のエクササイズが役に立ちました。ピラティスやストレッチの前に使っていきたいです。